【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー

ストローク

 フォームで悩んでいる人、集合! 

 

ども ささです! 

 

ソフトテニスやってると

絶対と言っていいほど
ぶち当たる壁がある…

 

フォーム です。

 

あなたも悩んでませんか? 

 

フォームはたしかに大切です。 

 

強い人のフォームを真似することは
強くなる有効な手段です。 

 

ですが、 

 

実は 

フォームってそんなに
悩むべきものじゃない! 

 

(^。^)もう何回も言ってるけど 

 

フォーム治らないな〜
とか
 

○○選手みたいなフォームにしたいな〜
とか 

思っている方は今回の話を
ぜひ聞いてください。 

 

↓の話もついでに聞いとくと良いかと。 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方 ども ささです。    僕はいつでも本気で  ソフトテニスで強くなるために 必要なことだけ発信する と 心に決めているのですが    今...
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?    ども ささです!    フォームいらないとか  ありえなくね?    という方はご覧ください。    前々からちょくちょく  僕が言って...

打ち方は人の数だけある 

 

人の身体は一つとして
同じものはありません。

 

似た体格の人はたくさんいますが
全く同じ体格の人は存在しません。 

 

もし存在してたら、
そらクローン人間ですよ。 

 

○○選手の打ち方ってのは 

○○選手にとって最適な打ち方
ではありますが 

あなたに合うとは限らない。

 

さっきも言ったし
今までも言ってますが 

 

ソフトテニスは打ち方って
実はそこまで重要じゃないです。 

 

…いや 

もちろん大事ではありますよ?

 

膝の柔軟性とか 

腰が落ちてるとか 

軸の安定性とか 

大事だけども 

 

正解のフォームなんかないです。 

 

フォームはサブ。脇役です。 

 

一応お伝えしておきますが 

 

フォームを直すなとは言ってませんよ! 

 

(僕はあまり「直す」という表現が
好きじゃないので「見つける」と
言いかえます) 

 

例えば 

 

軸足設定のタイミングとか 

軸の移動(体重移動)とか 

 

強い人に共通している要素は
どんどん取り入れるべきです。 

 

↓の記事が参考になるかと。 

【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえといてほしい3つのポイント
【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえとけ   ども ささです!    今回はストロークのコツを 解説していきます。    一言にコツといっても    言おうと思えば、いくつでも コツみ...
ソフトテニスのストロークが安定しないのは○○のせいかも!?
ストロークで大事な「あるもの」    ども ささです。     ストロークに威力がない!  ストロークがまっすぐ飛ばない!  って人は必見です。    ストロークで大切な3つのポイント  っ...

ただ、その他の部分

 

テイクバックの引き方とか

利き手じゃない方の手の向きとか

膝の角度とか

 

そういうのは十人十色、
実はそこまで重要じゃないよ

ということです。

 

上手く打てない原因は
フォームじゃなくて足の置き方だよ! 

という記事もあるので

興味ありましたら↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    ども ささです!    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの3つのコツや ...

今回はもうちょい
掘り下げて話していきます。 

 

ソフトテニスで
「上手く打てない!」と悩んでいる人! 

 

いいですか!! 

 

上手く打てない原因は
フォームじゃないよ!

 

※もちろんフォームを「見つけ」た
(直した)方がいい場合もあります。 

 

上手く打てない本当の原因は

対応力のなさです。 

 

(足の置き方というのは
対応力に含まれています。 

 

対応力の中でも
特にできてきない人が多いので
足の置き方を取り上げました) 

 

強い選手の試合動画を
ご覧になってください。 

 

同じフォームでなんて打ってないから。 

 

1球1球全部違うフォーム。 

 

同じように見えても
絶対にどこかは変わっています。 

 

ソフトテニスで必要なのは 

同じフォームで打つこと 

じゃなくて 

思い通りにボールを打つこと 

 

思い通りのボールを打つために
必要なのが対応力です。

 

フォームというのは
対応力を補助する役割。 

 

フォームは
メインじゃなくてサブ。
 

 

脇役だから! 

 

対応力をつけるには 

 

フォームじゃなくて
対応力が大事 

 

じゃあ、

その対応力は
どうすりゃ伸ばせるの? 

 

というわけで、 

 

対応力をつけるために鍛えるべき能力
をお伝えします。 

 

対応力に深く関わるのは

動体視力巧緻性です。 

 

動体視力というのは 

聞いたことある方
多いんじゃないでしょうか。 

 

動くものを目で追う力 

 

ざっくり説明すると 

 

速いボールに反応するとか
ボールがどこに落ちるか判断する

みたいなときに使います。

 

んでもって 

 

巧緻性(こうちせい)とは? 

 

こちらは「器用さ」と
言いかえてもらって問題ないです。

 

巧緻性って言った方が
カッコいいと思ってるだけです
(^q^) 

 

動体視力と巧緻性は
みんなが口をそろえて言う

運動神経

ってのに直結する力です。

 

動体視力と巧緻性を鍛えれば
自分の思い通りに身体を動かせる 

ってことです。 

 

ソフトテニスで
相手が打ってきたボールに対応するには

より打ちやすい場所に動いて
より打ちやすい打ち方で打つ

必要があります。

 

より打ちやすい場所に動くには
相手の打ち方とか、ボールの回転とかで

ボールがどこに落ちるのか、
ボールがどう跳ねるのかってのを

瞬時に判断しないといけないわけで

 

動体視力が重要になってきます。 

 

んで、 

「打ちやすい打ち方」ってのは

さっき言った通り1球1球違うんですよ。

 

というか、 

打ちやすい場所に行けないことも
たくさんありますよね? 

 

相手はこちらが打ちにくいとこに
打ってくるんですから。 

 

打ちにくくても、
なんとか上手いこと返す。
(器用に返す) 

 

巧緻性が重要になります。 

 

ていうわけで 

動体視力と巧緻性鍛えましょう! 

順に説明してきます。 

 

動体視力の鍛え方 

 

まず動体視力の鍛え方ですが…

 

実はすでに説明してます笑 

↓をご覧くださいorz 

ソフトテニスで超重要な動体視視力おすすめの鍛え方!
動体視力鍛えよう! ども ささ です。   今回は動体視力を鍛える方法ってのを 出血大サービスで教えちゃおうかなと。    (^。^)太っ腹かよ    まずは復習    動体視力を鍛える方法の前に    まず...

 

他の方法としては

 

卓球、バドミントンとか
めちゃくちゃいいですよ。

 

あとはスマブラとかかな。
大乱闘スマッシュブラザーズね。

動体視力めちゃ鍛えられますよ。

 

ソフトテニス強くなりたいなら

ソフトテニス以外もやった方が
圧倒的に早いですからね(^。^) 

 

巧緻性の鍛え方 

 

お次は巧緻性の鍛え方ですが…

 

実はこれもすでに説明済み笑 

 

手テニスってのが
巧緻性鍛えるめちゃいい方法です 

 

ソフトテニスのストローク 乱打が続かないなら手テニスだ!
乱打が続かないなら手テニス!    ども ささです!    乱打が続かない!  と悩む方へ。    朗報です。    乱打が続くようになる 超オススメの練習をお教えいたします。   ...

 

 

マジで効果高いです。

 

遊び感覚でいいんで
ぜひやってください。

 

というか遊びでやるべきです。 

 

あんま真剣に
手テニスやるもんじゃないです笑 

 

楽しまないと強くならないですから。 

 

他の方法としては 

 

サッカーのリフティングとか
ダンスとかも良さげです。 

 

あとは

自分の動きを撮影して動画を確認する 

ってのがおススメです。

 

まとめ 

 

・フォームは人の数だけある 

 

・フォームは脇役。 

メインは対応力。 

 

・対応力つけるには 

動体視力と巧緻性 

 

 

フォームに気を取られていると
ソフトテニスは勝てない!

 

ソフトテニスの本質は
フォームじゃないから。 

 

ソフトテニスの指導 

=フォームの指導 

みたいな風潮あるけど
ちょっと違う気がします。 

 

いや

ちょっとどころか全然違いますね。

 

ソフトテニスは
フォームの綺麗さなんか
競ってませんからね。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […]  【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合! フォームで悩んでいる… […]

  2. […] ストロークをミスる原因は結局「これ」だったストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま…sasasft.net2019.02.13  【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合! フォームで悩んでいる… […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]