ソフトテニスのストローク。ドライブは「首に巻きつける」って実は… 

ストローク

ドライブは「首に巻きつける」って実は… 

 

ども ささです。 

 

後衛さんは特に読むべし。 

乱打が続かない人も読むべし。 

 

今回は
ストローク
ドライブについて。 

 

ドライブ回転をかけるためには 

「首に巻きつける」って

教わりませんでしたか? 

 

これ実はね… 

っていう話です。 

 

この辺 

ソフトテニス指導の悪しき風習だと 

僕は思っています。 

 

思い通りに打てないのは 

「首に巻きつけてる」せいかも!? 

 

詳しく知りたい人は
続きをどうぞ(^。^) 

 

あ、ちなみに 

乱打が続かないと悩む方は 

↓もおススメです。 

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?    ども ささです!    とにかくストローク上手くなりたい!    そんなあなたに  ぴったりの練習がありますよ  (^。^)    ...
ソフトテニスのストローク 乱打が続かないなら手テニスだ!
乱打が続かないなら手テニス!    ども ささです!    乱打が続かない!  と悩む方へ。    朗報です。    乱打が続くようになる 超オススメの練習をお教えいたします。   ...

「首に巻きつける」は必須か? 

 

まず最初に 

ドライブ回転をかけるために 

「首に巻きつける」ってのは 

完全に間違いではありません。 

 

 

 

大正解でもありません。 

本質ではない。 

 

(もっと言えば、そもそも
ドライブ回転かからなくても
思い通りにボールが打てれば
なんでもいいんですが。 

 

物理学的には
ドライブ回転の方が
思い通りに打てる場合が多い 

ってことです。 

 

もちろん僕も
ドライブ回転はかけます。) 

 

首に巻きつけんでも 

ドライブ回転

かかるから! 

 

強い選手の
ローボレーを見てください。 

 

ボールが吹っ飛ぶことなく
ちゃんと落ちますよね? 

 

ドライブがかかってる
ってことです。 

 

じゃあ、ローボレーは

首に巻きつけてるかというと… 

 

んなわきゃねーべ。 

 

面をまっすぐ当てて 

下から上のスイング軌道になれば

ドライブはかかります。 

 

首まで巻きつけなくても 

十分回転はかかります。 

 

ストロークでも全く同じです。 

 

別に首に巻きつける

必要性はありません。 

 

(もちろん巻きつけてもいいんすよ。
思い通りの回転がかかれば。)

 

じゃあなんで 

「首に巻きつけろ!」なんて 

言うんでしょうか? 

 

指導の落とし穴 

 

なんで必須ではないのに 

首に巻きつけろ! 

と言われるのか。 

 

首に巻きつけると 

自然とスイング軌道が 

下から上になるからです。 

 

(いかにして、

自然とそうならざるを得ないような
状態にするか。 

そのための言葉選びがいわゆる
指導のコツ
ですね。 

コツが全てじゃないけど) 

 

ドライブをかけるために 

本当に重要なのは 

下から上のスイング 

 

「首に巻きつける」は 

思い通りのドライブをかけるための
手段
 

 

ドライブかけるのは
思い通りのボールを打つための
手段です。
 

 

答えじゃない。

 

だから、みんな

特に初心者の人は 

 

「首に巻きつけろ!」 

教えられるわけです。 

 

 

 

本当にただ「首に巻きつける」 

だけで思い通りに打てるのか? 

 

まぁ

んなわけない。 

 

首に巻きつけろ 

と言われて 

 

自然とボールを思い通りに
コントロールできる人もいれば 

 

なんだかうまく当たらずに
回転がかからなかったり、
逆にかかりすぎたりする人も。 

 

よく見られるのは 

 

面をかぶせすぎる人とか 

手首をこねてしまう人 

 

あとは 

単純にタイミングがずれてしまう人。 

 

なんなら、例えば 

高い打点からの中ロブ 

なんかは 

 

高い打点から
さらに上へ振り抜く必要があるので 

 

本当にただ「首に巻きつける」
だけだと

感覚がずれる人も出てきたり 

(この辺は人による) 

 

いずれにせよ
自分の身体の感覚を完全に無視して 

本当に「首に巻きつける」ことだけ
に集中していたら、

 

思い通りに打つ力 

つまり

対応力は一生身につきません。 

 

はたから見ると
一目瞭然なのですが 

 

真面目な人ほど 

自分がうまく打てない 

本当の原因に気づかない。 

 

指導者の言葉だけを意識していて 

 

自分の身体やラケットに 

全く集中していない。 

(本人は集中してるつもり)

 

馬鹿らしいと 

思うじゃないですか? 

 

自分の身体やラケットが 

どうなってるかわからないのに 

修正のしようなんかない 

 

って普通にわかりますよね? 

 

フィードバックってやつね↓

ソフトテニスが強くなる秘訣はゲームにある
「正しい」努力ってなんなのさ      ども! ささです!    前回の僕の名言 覚えてますか?    「ただ努力しても意味がない。正しい努力をするんだ。」   前回の記事↓ 強くなれる人と...

 

ところが、本人は全く

気づけないんですよ。 

 

めちゃくちゃ悩んでます。 

 

「なんでうまく打てないんだろ?」 

 

本質を見失わないこと 

 

ボレーは振らないとか 

 

スプリットステップが重要だとか 

 

腰を回せだとか 

 

バックハンドは羽ばたけだとか 

 

ソフトテニスにはコツ
あふれています。
 

 

実際僕もコツを意識して 

 

今までできなかったことが 

できるようになったりするわけです。 

 

でも、 

コツはあくまでコツです。 

本質じゃない。 

 

強くなるために必要なのは 

「自分の」思い通りに 

ボールをコントロールすること。 

 

結局最終的には
「自分の」感覚を合わせて
いくしかない。
 

 

コツはヒント。

答えじゃない。 

 

自分の感覚を磨くことが 

より本質に近いから 

 

僕は身体能力を伸ばせ 

と言うし、 

 

あまりコツっぽいことは 

説明しない。 

(コツはすでに溢れている) 

 

身体能力(対応力)の鍛え方は↓ 

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

 「自分で」考えないと 

一生強くなりません。 

 

コツの問題点 

 

んでもって 

 

さらに問題なのは 

 

「コツ」が逆に 

上達を邪魔している 

パターンが結構あること。 

 

今回説明した 

「首に巻きつける」も 

その一つですが 

 

腰を回す

という有名なコツも
実は結構怪しいです。 

 

強い人って
腰あまり回ってないですから。 

 

回ってるように見えるけど、
股関節を切り替えてるだけ 

 

スプリットステップ
もちろん使えるコツなんですが 

 

強い人が素早く動けるのは 

スプリットステップのおかげ 

だけではないとか。 

 

腰落とせと言われるけど 

腰落とすと動き出し遅くなるとか。 

 

あげたらキリがないので 

この辺にしときます。 

 

何度でも言いますが 

 

「自分で」考えた先にしか
道はないですよ。 

 

まとめ 

 

・首に巻きつけなくても
ドライブはかかる 

 

・コツはあくまでもコツ 

自分の感覚を磨くべし 

 

・そのコツは本質を捉えているか? 

 

世間では良しとされてるけど 

実は結構危うい「コツ」は 

 

割とたくさんあるので 

今後一つずつお伝えしていく 

かもです。 

 

でも、 

結局僕の記事も 

「僕の」感覚ですから。 

 

(もちろんちゃんと
研究はしていますが…) 

 

「自分で」考えて

「自分で」強くなる 

 

ですよ(^。^) 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]

  2. みー より:

    紐付きボールで練習するのって効果ありますか?

    • ささ ささ より:

      みー様

      コメントありがとうございます。

      先日、
      同じ質問をしてくださった方がいたので、
      同文にて回答とさせていただきます

      以下から同メッセージとなります!

      ———————————–
      あくまで僕個人の意見ですが、
      紐付きの練習用具はあまりおすすめしません。

      紐付きの練習用具の打感って
      実際のボールと全然違うんですよね…

      実は、

      僕は小学生の頃、
      1日5時間くらい紐付きの用具で練習してたんですが、
      マジで全く上達しませんでした笑

      むしろ下手になりました。

      (おかげで体力はついたけど、
      ラリーはまるでうまくならなかった)

      良くも悪くも、紐付き練習用具だと、
      自分のいる場所にボールが戻ってきてしまうんですよね。

      テニスって、
      自分のいる場所に来るボールを打つ競技じゃありませんから。
      (野球ならそれでいいけど、テニスは違う)

      最近、コロナの影響でなかなか練習ができず、
      もどかしいと思いますが、

      この時期は、
      トレーニングやストレッチ、
      ボールをラケットでつく練習などで

      基礎を極めるのがおすすめです。

      僕も
      Twitterやティックトックで
      家でできるソフトテニス上達法を
      発信していますので、

      もしよろしければ、ご覧ください!

      応援してます!

      ささ