ソフトテニスのストローク。ドライブは「首に巻きつける」って実は… 

ストローク

ドライブは「首に巻きつける」って実は… 

 

ども ささです。 

 

後衛さんは特に読むべし。 

乱打が続かない人も読むべし。 

 

今回はストローク 

ドライブについて。 

 

ドライブ回転をかけるためには 

「首に巻きつける」って 

教わりませんでしたか? 

 

これ実はね… 

っていう話です。 

 

この辺 

ソフトテニス指導の 

悪しき風習だと 

僕は思っています。 

 

思い通りに打てないのは 

「首に巻きつけてる」せいかも!? 

 

詳しく知りたい人は 

続きをどーぞ(^。^) 

 

あ、ちなみに 

乱打が続かないと悩む方は 

↓もおススメです。 

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?  ども ささです!  とにかくストローク上手くなりたい!  そんなあなたに ぴったりの練習がありますよ (^。^)  その名も 1本足乱打  な...
ソフトテニスのストローク 乱打が続かないなら手テニスだ!
乱打が続かないなら手テニス!  ども ささです!  乱打が続かない! と悩む方へ。  朗報です。  乱打が続くようになる 超オススメの練習を お教えいたします。  その名も 手テニス ...

「首に巻きつける」は必須か? 

 

まず最初に 

 

ドライブ回転をかけるために 

「首に巻きつける」ってのは 

 

完全に間違いではありません。 

 

 

 

大正解でもありません。 

本質ではない。 

 

(もっと言えば、そもそも 

ドライブ回転かからなくても 

思い通りにボールが打てれば 

なんでもいいんですが。 

 

物理学的には 

ドライブ回転の方が 

思い通りに打てる場合が多い 

 

ってことです。 

 

もちろん僕も 

ドライブ回転はかけます。) 

 

首に巻きつけんでも 

ドライブ回転

かかるから! 

 

強い選手の 

ローボレーを見てください。 

 

ボールが吹っ飛ぶことなく 

ちゃんと落ちますよね? 

 

ドライブがかかってる 

ってことです。 

 

じゃあ、ローボレーは 

首に巻きつけてるかと 

いうと… 

 

んなわきゃねーべ。 

 

面をまっすぐ当てて 

下から上のスイング軌道に 

なればドライブはかかります。 

 

首まで巻きつけなくても 

十分回転はかかります。 

 

ストロークでも 

全く同じです。 

 

別に首に巻きつける

必要性は 

ありません。 

(もちろん

巻きつけてもいいんすよ。

思い通りの回転がかかれば。)

じゃあなんで 

「首に巻きつけろ!」なんて 

言うんでしょーか? 

 

指導の落とし穴 

 

なんで必須ではないのに 

首に巻きつけろ! 

と言われるのか。 

 

首に巻きつけると 

自然とスイング軌道が 

下から上になるからです。 

 

(いかにして、自然と 

そうならざるを得ないような 

状態にするか。 

そのための言葉選び 

 

がいわゆる指導のコツ 

になるってことですね。 

 

コツが全てじゃないけど) 

 

ドライブをかけるために 

本当に必要なのは 

下から上のスイング 

 

(あとは面の向きも 

ドライブについては 

また別記事で詳しく) 

 

「首に巻きつける」は 

思い通りのドライブを 

かけるための手段 

 

ドライブかけるのは 

思い通りのボールを 

打つための手段です。 

答えじゃない。

 

だから、みんな 

特に初心者の人は 

 

「首に巻きつけろ!」 

教えられるわけです。 

 

 

 

本当にただ「首に巻きつける」 

だけで思い通りに打てるのか? 

 

まぁ

んなわけない。 

首に巻きつけろ 

と言われて 

 

自然とボールを思い通りに 

コントロールできる人もいれば 

 

なんだかうまく当たらずに 

回転がかからなかったり 

逆にかかりすぎたりする人も。 

 

よく見られるのは 

 

面をかぶせすぎる人とか 

手首をこねてしまう人 

 

あとは 

単純にタイミングが 

ずれてしまう人。 

 

なんなら、例えば 

高い打点からの中ロブ 

なんかは 

 

高い打点から 

さらに上へ振り抜く必要が 

あるので 

 

本当にただ「首に巻きつける」 

だけだと、感覚がずれる人も 

出てきたり 

(この辺は人による) 

 

いずれにせよ 

自分の身体の感覚を 

完全に無視して 

 

本当に「首に巻きつける」 

ことだけに集中していたら、 

 

思い通りに打つ力 

つまり対応力は 

一生身につきません。 

 

はたから見ると 

一目瞭然なのですが 

 

真面目な人ほど 

自分がうまく打てない 

本当の原因に気づかない。 

 

指導者の言葉だけを 

意識していて 

 

自分の身体、ラケットに 

全く集中していない。 

(本人は集中してるつもり)

 

馬鹿らしいと 

思うじゃないですか? 

 

自分の身体やラケットが 

どうなってるかわからないのに 

修正のしようなんかない 

 

って普通にわかりますよね? 

フィードバックってやつね↓

ソフトテニスが強くなる秘訣はゲームにある
「正しい」努力ってなんなのさ   ども! ささです!  前回の僕の名言 覚えてますか?  「ただ努力しても意味がない。正しい努力をするんだ。」  (^q^)映画化待ったなし  前回の記事↓強くなれる人となれ...

ところが 

本人は全く

気づけないんですよ。 

 

めちゃくちゃ悩んでます。 

 

「なんでうまく打てないんだろ?」 

 

本質を見失わないこと 

 

ボレーは振らないとか 

 

スプリットステップが 

重要だとか 

 

腰を回せだとか 

 

バックハンドは 

羽ばたけだとか 

 

ソフトテニスには 

コツがあふれています。 

 

実際僕も 

コツを意識して 

 

今までできなかったことが 

できるようになったり 

するわけです。 

 

でも、 

コツはあくまでコツです。 

本質じゃない。 

 

強くなるために必要なのは 

「自分の」思い通りに 

ボールをコントロールすること。 

 

結局最終的には 

「自分の」感覚を 

合わせていくしかない。 

 

コツはヒント。

答えじゃない。 

 

自分の感覚を磨くことが 

より本質に近いから 

 

僕は身体能力を伸ばせ 

と言うし、 

 

あまりコツっぽいことは 

説明しない。 

(コツはすでに溢れている) 

 

身体能力(対応力)の 

鍛え方は↓ 

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
フォームで悩んでいる人、集合!ども ささです!ソフトテニスやってると絶対と言っていいほどぶち当たる壁がある…フォームあなたも悩んでませんか?フォームはたしかに大切です。強い人のフォームを...

 「自分で」考えないと 

一生強くなりません。 

 

コツの問題点 

 

んでもって 

 

さらに問題なのは 

 

「コツ」が逆に 

上達を邪魔している 

パターンが結構あること。 

 

今回説明した 

「首に巻きつける」も 

その一つですが 

 

腰を回す 

という有名なコツも 

実は結構怪しいです。 

強い人って 

腰あまり回ってないですから。 

 

回ってるように見えるけど、 

股関節を切り替えてるだけ 

 

スプリットステップ 

もちろん使えるコツなんですが 

 

強い人が素早く動けるのは 

スプリットステップのおかげ 

だけではないとか。 

 

腰落とせと言われるけど 

腰落とすと動き出し遅くなるとか。 

 

あげたらキリがないので 

この辺にしときます。 

 

(それぞれ別の記事で 

解説するかも 

調べれば普通に出てくる

よーな気がするー) 

 

何度でも言いますが 

 

「自分で」考えた先にしか 

道はないですよ。 

 

まとめ 

 

・首に巻きつけなくても 

ドライブはかかる 

 

・コツはあくまでもコツ 

自分の感覚を磨くべし 

 

・そのコツは本質を捉えているか? 

 

世間では良しとされてるけど 

実は結構危うい「コツ」は 

 

割とたくさんあるので 

今後一つずつお伝えしていく 

かもです。 

 

でも、 

結局僕の記事も 

「僕の」感覚ですから。 

 

(もちろんちゃんと 

研究はしていますが…) 

 

「自分で」考えて

「自分で」強くなる 

 

ですよ(^。^) 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]