ソフトテニスの試合動画はこう見るべし!

ノウハウ

ソフトテニスの試合動画はこう見る 

 

ども ささです! 

 

普段youtubeなんかで 

ソフトテニスの試合動画見るよー 

って人 

 

ぜひこちらの話を 

聞いてくだされ。 

 

突然ですが 

クエスチョン 

(^。^) 

 

ソフトテニスの試合見るとき 

何を気をつけてますかー? 

 

( ・∇・)…特に何も気をつけてないけど 

 

という方もいらっしゃいますよね。 

 

「○○選手すげぇ!」 

 

ってなるの楽しいっすもん。 

僕もよくなります。 

 

しかしながら、 

ソフトテニス強くなるためには 

ただ観戦してるだけだと足りない 

と僕は考えています。 

 

(あくまで僕の意見) 

 

一体どこを見ればいいのか? 

 

参考にしてもらえればと 

思っとります(^。^) 

 

人間の集中力の話 

 

試合動画の見方の前に 

人間の集中力の話を。 

 

(^q^)話の腰折ってごめん 

 

人間は 

一度に2つ以上のことには 

集中できません。 

 

より正しく言えば 

 

一度に2つ以上のことに集中すると 

必ずパフォーマンスが下がります。 

 

まぁ当然ですよね。 

 

テレビ見ながら宿題したら 

めちゃ時間かかります。 

 

そもそも集中って 

 

一つのことに没頭する 

 

って意味ですから。 

 

ソフトテニスで強くなるために 

必須な集中力について 

興味ある方は↓ 

ソフトテニスが強くなる講座④「集中力」
ソフトテニスが強くなる講座④ 「集中力」ども ささです!ソフトテニスが強くなる講座第四弾。ソフトテニス強くなりたい人の必修科目!強くなりたい人は読んで!ちなみに前回はイライラの正体というテー...

 

 

んでもって、 

 

今からいくつか 

試合動画を見る上での 

ポイントを説明していきますが 

 

同時に全てのポイントを 

おさえるのは無理です。 

 

より正しく言うと 

 

同時にやるより 

ひとつのポイントに絞って 

見た方が効率がいいです。 

 

人間はそういう風にできてます。 

 

「いや、俺なら 

同時に見ることができる!」 

 

と思うのであれば 

止めません! 

 

一応僕は一つの視点に絞って 

試合を見ることをおすすめします。 

 

試合の見方① 打ち方を見る 

 

まずは定番。 

 

選手の打ち方を見る! 

 

「○○選手かっけぇ!」 

 

憧れの選手の打ち方を 

真似したりしますよね 

(^。^) 

強い人の真似は、やはり 

強くなるのに効果的です 

 

が、

ところがどっこい。 

 

気をつけなあかんことが 

あるんです!! 

 

マジで大事なんで 

よく聞いてください! 

 

強い人の打ち方を 

ただ真似するだけじゃ 

同じボールは打てない 

 

だってあなたは 

「○○選手」じゃないから! 

 

筋肉量も、骨格の形も 

違うはずです。 

 

てことは、 

 

「○○選手の打ち方」は 

あなたにとって最適な打ち方 

とは限らない。 

 

強いて言うなら 

 

自分と

体格が似ている人の 

打ち方を真似する 

 

ってのがええと思います。 

 

体格似ている  

→同じ打ち方が合う 

(という可能性が高い) 

 

ですから。 

 

詳しい説明は 

別記事でしますorz 

 

とりあえず 

 

打ち方の真似は 

参考にはなるけど 

真似が最適とは限らない 

 

という認識でいてください。 

 

 

もし打ち方を見るなら 

 

強い選手の打ち方だけ

(形だけのフォーム)を 

真似するのはおすすめしません。 

 

(あくまで僕の考えだから 

鵜呑みにせんといて) 

 

もし打ち方を見るのであれば 

こっちのがより重要なんじゃないか 

というのをいくつか紹介します。 

 

・ボールへの反応の早さ 

(足の速さよりも 

動き出しの早さ

 

・準備完了のタイミング 

 

・力をどれくらい入れているか? 

(力任せに振っているか? 

力任せに見える選手もいるが…) 

 

こんな感じですかね。 

特に基本的な部分だけ 

例としてあげました。 

 

もちろん 

テイクバックの形とか 

スイング軌道とか 

細かいところを 

見ちゃいけないわけじゃないよ! 

 

ただ、もし 

 

「○○選手の打ち方真似してるのに 

上手く打てない!」 

と悩んでいる方がいるのであれば… 

 

その悩みの原因は 

 

・そもそも真似できていない 

(身体が思い通りになってない) 

 

・形は真似できているが 

目に見えない部分が 

真似できていない 

 

・真似はできているが 

打ち方が合わない 

 

・実は上手く打てない原因は 

打ち方じゃない 

 

などなど 

たくさん考えられます。 

 

悩みの原因を決めつけないよーに! 

↓に参考記事置いときます

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま...
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?  ども ささです!  フォームいらないとか ありえなくね?  という方はご覧ください。  前々からちょくちょく 僕が言っていた 「フォームはいらない」 ...

 

試合の見方② 選択を見る 

 

おすすめの試合の見方 

その2は 

 

後衛さんであれば 

打つコースを見る! 

 

前衛さんであれば 

ポーチに出るタイミング 

スマッシュを追うタイミング! 

 

○○選手の

選択の仕方に 

着目する! 

 

後衛さんは特に 

 

頭ごえのロブを打たれた後 

回り込まされた後 

ショートボールが来たとき 

 

に注目しときましょう。 

 

余裕で打てるのか? 

それとも余裕がないのか? 

 

も関わってきますが 

 

一体どのコースを選択するのか?  

研究してみてください。 

 

前衛さんであれば 

 

相手後衛が構えてから打つまでの間で 

どのタイミングで出るのか 

(ラケットの振り始め? 

足が止まったら? 

などなど) 

 

ってのに加えて 

 

ラリーの序盤で出るのか 

ラリーの終盤で出るのか 

 

ゲームの序盤で出るのか 

ゲームの終盤で出るのか 

 

大雑把ですがこんな感じで 

注目しとくと見えてくるものが 

あるかと。 

 

(^。^)ぜひやってみて 

 

目に見えないものを見る 

 

打ち方を見るにせよ 

選択を見るにせよ 

 

目に見えるものだけに 

とらわれないよーに! 

 

先ほど伝えた通り 

 

打ち方(形)だけ真似ても 

同じボールは打てません。 

 

力加減が違ったり 

力を入れるタイミングが 

違ったりするかもしれません。 

 

(形だけでは目に見えない部分は 

同じにならない。 

 

てかそもそも同じ打ち方で 

同じボールが打てるとは

限らない 

 

人の数だけフォームはある

 

選択を見るときも 

なぜそのコースを選択したのか 

理由を考えてみてください。 

 

ワンチャン狙いの

ラッキーボールなのか? 

それとも…? 

 

あとは例えば

 

緊張度合いとか 

どこ見てるのかとか 

ミスをしたとき 

どう思ってるのかとか 

 

…そんなん

わからなくね? 

 

と思われた方へ

はい。 

そりゃ目に見えないですから 

簡単にはわかりません。

目に見えないものを

とらえるには

イメージ力がカギです

 

どーすればイメージ力 

鍛えられるのか? 

 

…これも詳しくは 

また今度ですね。 

一応関連記事置いときます ↓

ソフトテニスが強くなる講座⑥「イメージトレーニング」
ソフトテニスが強くなる講座⑥イメージトレーニングども ささです!ソフトテニスが強くなる講座第六弾です。強くなりたい人は聞いてね!(^。^)前回はルーティンの話でした。この記事の最後の方に...
ソフトテニスが強くなる講座⑦「イメージトレーニングのコツ」
ソフトテニスが強くなる講座⑦ イメージトレーニングのコツ  ども ささです!  イメージトレーニングの話の 続きからです。  まだ読まれてない方は↓  イメージトレーニングは トップアスリートも取り...

 

まとめ 

 

・試合を見るときは 

何か一つを集中して見る 

 

・打ち方を見るなら 

反応の早さや足の置き方に注目。 

(フォームはおまけ) 

 

・目に見えない部分も 

イメージする 

 

打ち方の話やイメージ力の話は 

別の記事で詳しくお伝えします。

(^o^)しばしお待ちを 

 

ソフトテニスに限った 

話じゃないですが 

 

目に見えるものに 

とらわれている人が 

多いように感じます。 

 

うわ

めっちゃいいこと言ってるわぁ …

 

どーすりゃ目に見えないものが 

見えるようになるのか 

 

ちょっと考えてみるのも

面白いですよ 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]