ソフトテニスにおいて後衛はどうあるべきか 

ノウハウ

ソフトテニスにおいて後衛はどうあるべきか 

 

ども ささです! 

 

後衛って結局試合で 

何すりゃいいんだろう… 

 って話です。

後衛さんは必見です。 

 

今回お伝えするのは 

全ての後衛に共通して 

意識すべきこと。 

 

超基本はもちろんのこと 

少し応用的な話もするので 

ぜひ最後までご覧ください。 

 

逆に言うと、 

今回お伝えしたことさえ 

守れているのであれば 

他はなんでもOKってことです。 

 

トップ選手の方々を見ても 

色んなタイプの方がいます。 

 

色んなタイプがあるけれど 

基本的にはこうじゃねぇかなぁ 

という僕の意見です。 

 

ちなみに 

最強の前衛の話もあります↓ 

前衛が最終的に目指すべき状態は…
前衛が最終的に目指すべき状態は…  ども ささです!  最強の前衛とは? 今回はそんなお話です。  前衛さんにはぜひ聞いていただきたい (^。^)  後衛さんも強くなるためには 前衛の考え方を勉強す...

これも僕の意見です。 

(僕の意見、というか僕が教わり、 

僕自身が納得している考え) 

 

強くなるのは自分ですよ! 

 

超絶基本。ミスらない。 

 

まずは後衛、前衛関係なく 

ミスの確率が

低いこと。 

 

ソフトテニスは 

ミスが多いと 

試合が成り立ちません。 

 

サッカーや野球などの 

他のスポーツに比べて 

よりミスの重要度が大きい。 

 

ミス=即失点=相手の点 

だからです。 

 

本来1点取れるはずのポイントを 

ミスをしてしまったとすると 

1点を得られないだけじゃなく 

相手が1点を得てしまう。 

 

0-1になるはずが1-0に。 

 

この差は1点ではなく 

±2点です。 

 

ソフトテニスの1点は 

1点じゃないんです。 

 

この話は、強くなるために 

意識すべき3つのルール 

ってとこにもあるんで 

 

興味のある人は↓ 

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルールども ささです!「ソフトテニスのルールとかもう知ってるし!」…それはどうかな?(^。^)という話です。強くなりたい人は絶対に読むべきです。...

 

 

んで、なんでわざわざ 

こんな当たり前のことを 

最初に言ったのかというと 

 

ミスしない方がいいなんて

当たり前だということは 

みんながわかっているのに 

ミスの多さで悩む人が 

非常に多いからです。 

 

ミスしない方がいいなんて 

わかりきってますよね? 

 

わかってんだけど 

できねぇんだよ!! 

 

って感じじゃないですか? 

 

(^。^)わかりみの極み 

 

ストロークミスを減らすコツは 

↓の話がおススメです。 

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?  ども ささです!  とにかくストローク上手くなりたい!  そんなあなたに ぴったりの練習がありますよ (^。^)  その名も 1本足乱打  な...
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま...

 

↑の話を聞いてみても 

 

「できる気がしない」 

 

と思われる方は 

技術とかじゃなく 

マインドの問題です。 

 

マインドについては 

↓らへんが参考になるかと。 

ソフトテニスが強くなる講座① モチベーションの話
ソフトテニスが強くなる講座① モチベーションの話ども ささです!ソフトテニス強くなりたい!っていう人へ。じゃーん。第一回ソフトテニスが強くなる講座開講です!いえー(^。^)自分で言うのも...

 

後衛は義務、前衛は権利 

 

今回のテーマは後衛です。 

 

「ミスしないが基本」 

っていうわかりきった話を 

わざわざしたのは 

 

単に悩んでいる人が多いから 

ってだけじゃなく、 

 

前衛と比べて、後衛さんは 

より「ミスしないが基本」 

になるからです。 

 

雁行陣(後衛と前衛で組む陣形) 

において、前衛と後衛で

決定的に違う部分があります。 

 

ラリー中、前衛は 

ボールに触らなくてもいい。 

 

一方、後衛は 

ボールに触らなければならない。 

 

当たり前ですが 

めちゃんこ大事なことです。 

 

前衛は 

ボールを触りに行ってもいいし 

ボールを触らなくてもいい。 

 

前衛はボールを追いかけてもいい 

という権利がある。 

 

後衛は 

ボールを触らなきゃいけないんです。

 

後衛がボールに触らなかったら 

そこでラリー終了ですから。 

 

後衛は 

ボールを追いかけなきゃいけない 

という義務がある。 

 

一応言っておきますが 

前衛の方が楽って意味じゃないよ! 

 

ただ、役割の特性上 

後衛はボールを打つ回数が 

前衛より多いですから 

 

「ミスらないが基本」の重みが 

違うんです。 

権利じゃなくて義務

 

後衛をやるのであれば 

絶対に忘れてはいけない 

意識なので 

 

わかりきっているとは思いますが 

お伝えいたしました。 

 

当たり前のことばっかで 

つまんねぇなぁ 

 

となっている、そこのあなた! 

 

お待たせしました。 

こっから少しレベルの高い話です 

(^。^) 

 

後衛は迷ったら負け 

 

ソフトテニスは 

後衛が繋いで前衛が決める 

 

と思われがちです。 

 

いや、間違いじゃないんですけど。 

 

ある程度「ミスらないが基本」を 

実践できてきて 

 

レベルが上がってくると…。 

 

ソフトテニスの駆け引きは 

 

点の奪い合い 

(厳密にはゲームの取り合い) 

から 

 

余裕の奪い合い 

 

にシフトしていきます。 

 

前衛にとって 

ポーチボレーやスマッシュは 

点を取る、だけでなくて 

 

相手後衛の余裕を奪う 

 

という意味も出てきます。 

 

詳しくは↓ 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...
前衛のポジションをさらに詳しく
前衛のポジションをさらに詳しくども ささです!前々回、前回と前衛のポジションの話をしてきました。まだご覧になってない方はどぞ↓今回は前衛のポジションについてさらに深いところを見ていきましょう。...

 

前衛は相手後衛の 

余裕を奪ってくる。 

 

じゃあ、

後衛はどうすべきか? 

 

実は結構単純です。 

 

迷わずに打つ。 

 

これです。 

 

打つときに迷ったら 

相手前衛の思うツボ。 

 

前衛を気にしたら 

後衛は負けです。 

 

なるほどー! 

 

つまり 

後衛は頭空っぽにして 

打ちまくればいいんだー! 

 

ちょっちょーい!! 

違う違う! 

 

「迷わずに打つ」は 

「考えずに打つ」とは 

ちょっと違うのよ! 

 

分けて考える 

 

迷わないっていうのと 

考えないっていうのは 

 

根っこの部分似ている。

 

頭空っぽにして打つと 

たしかに強いんですよ。 

 

ただ、

本当に何も考えずに打って 

勝ち続けられるほど 

ソフトテニスは甘くない。 

 

考えるべきところと 

考えないところをわける 

ってイメージが近いかと。 

 

今、相手前衛はどこを狙っているのか? 

そもそも、迷う必要があるか? 

 

ってのは考えるべきだと 

僕は思っています。 

 

相手が狙ってるところに打ったら 

確実に決められてしまう 

 

と判断したなら、 

そこにはやはり打つべきじゃない。 

 

でも、 

 

相手は狙ってるけど 

自分のボールなら大丈夫 

 

と判断したなら 

別に気にする必要はないわけです。 

 

例えば、 

 

クロスにシュート打つときに 

 

自分のシュートボールなら 

ポーチ出られたとしても

相手のラケット吹っ飛ばせるわ 

 

とか 

 

自分は鋭角なクロス打てるから 

ポーチ出られても

相手の先通せるわ 

 

と判断したなら、 

迷わずに打ちゃいいわけです。 

 

それが無理そうなら 

後衛前にロブとかが妥当ですかね。 

(これは状況によるので断言できない) 

 

んで、あとは考えない。 

 

ボール打つときに 

「取られるんとちゃうか?」 

とか考えてもしゃーないんです。 

 

取られたら拾えばいい 

 

くらいに割り切らないと無理ですよ。 

 

てか、実際割と拾えるし。 

(^。^)思ったより拾える

 

ここでですね。

 

「そうは言っても 

やっぱり迷うんだけど」

って後衛さんへ。

とてもきつい言い方になって 

しまって申し訳ないんですが… 

 

試合中迷うのは

単純に準備不足です。 

 

技術の問題とか

メンタルの問題じゃない。 

 

後衛が迷う展開って 

実は結構パターンがあるんです。 

 

その迷うパターンでどうするのか 

あらかじめ準備できていればいい。 

 

具体的なパターンの話とか 

どう対応するのかという話は… 

 

すいません。長くなりすぎるので 

別の記事でorz 

 

・あらかじめ準備しておけば迷わない 

(迷う度合いを少なくできる) 

 

・実際打つ瞬間には考えない 

(強い人も迷えばミスする)

 

みたいに 

考えるべきことと 

考えないことを分ける 。

 

頭に刻んどいてください! 

 

まとめ 

 

・後衛は権利じゃなくて義務 

「ミスらない」が基本 

 

・後衛は迷ったら

その時点で負け 

 

・迷わないために 

あらかじめ準備しておく 

 

今回は僕が口酸っぱく言ってる 

マインドの話がメインでした。 

 

後衛さんで 

「どこ打っても前衛に取られる気がする」 

と悩む人多いと思うんですが 

それって準備不足なだけなんです。 

 

別の記事でお伝えしますが 

 

知ってしまえば 

「あぁ、たしかに」ってなるし 

「これならできそうだ!」となるはず。 

ついでに

なぜ強い後衛は

前衛を避けられるのか

についてもお伝えする予定です。

(技術の話ね)

 

しばしお待ちを 

 

ささ 

Follow me!

コメント