【ソフトテニス】試合における戦略・戦術の基本

ノウハウ

試合における戦略・戦術の基本 

 

ども ささです! 

 

試合に勝ちたい! 

って人はご覧ください 

(^。^) 

 

ソフトテニスで勝つためには 

もちろん技術が必要です。 

 

ですが、ぶっちゃけると 

技術を身につけるのは 

そこまで難しくない。 

(楽という意味ではない) 

 

一生懸命練習してるのに 

技術が身につかないのは 

90パーセントくらいが 

身体能力(対応力)の問題です。 

 

身体能力を身につけるのも 

そこまで難しくありません。 

(楽という意味ではない) 

 

詳しくは↓ 

ソフトテニスが強くなる道筋を示してみた
ソフトテニスが強くなる道筋を示してみた    ども ささです。    どうすりゃ  ソフトテニス強くなるんだ!   と悩む方へ。    今回は  ソフトテニスが強くなる  ルート(道順...

 

全部ひっくるめると 

ただ知らないだけ 

なんです。 

 

自分の身体が思い通りに 

動いていないことを 

知らないだけ 

 

自分が打てない 

本当の原因を 

知らないだけ 

 

自分が今何をすべきか 

知らないだけ 

 

頭で理解してはいるけど 

実はできていないってことを 

知らないだけ 

 

僕が言う 

「常識」を変えろ 

ってのは

 

まずは知って 

そして行動しろ 

 

という意味です。 

 

強くなるために必要なのは 

知ることと行動すること 

 

これだけ。 

マインドの問題です。 

 

とべらべら語ったとこで 

(^。^) 

 

今回は 

ソフトテニスの試合で 

勝つための戦略・戦術について 

基本の考え方を紹介します。 

 

僕のブログは 

いろんな視点から 

ソフトテニスを知る 

 ってのを念頭に置いてます。 

 

知ることが 

「本当に」強くなる方法だから。 

 

知ることは武器です。 

 

ソフトテニス強くなりたいなら 

ソフトテニス以外をやった方が 

早いって話もそういうことです 

 

ソフトテニス強くなりたいならソフトテニス以外をやった方が早いって話
ソフトテニス強くなりたいならソフトテニス以外をやった方が早いって話    ども ささです!    ソフトテニス絶対強くなりたい!  って人はご覧ください。    てか、    そこまで強くな...

 

前置きながっ 

 

戦略と戦術 

 

戦略と戦術の違いを一応。 

(^。^)ざっくりとね。 

 

戦略というのは 

長期的な計画 

 

戦術というのは 

具体的な手段 

 

と思っといてください。 

(戦略と戦術の違いとか 

そんな重要じゃないんで) 

 

自分と戦うと負ける 

 

試合は 

相手との戦いじゃなく 

自分との戦いだ 

 

と言われたりなんだり 

しております。 

 

が、僕は逆やと 

思っております。 

 

試合は 

自分と戦ったら負けです。 

 

テニスは 

敗者のスポーツと 

言われたりします。 

 

他のスポーツに比べて 

ミスをした方が負けやすいからです。 

↓がヒントになるかと。 

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    ども ささです!    「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強くなりたい人は...

 

 

緊張して練習通りのことが 

できない! 

 

と悩む人が 

めちゃくちゃたくさんいますが 

 

自分と戦っていて 

試合に集中できていない 

から負けるだけなんです。 

 

(試合に集中して負けたら 

それはただの実力不足) 

 

「なんでできないんだ!」 

とか 

 

「ミスしたらどうしよ…」 

とか 

 

自分で自分の首を 

しめているだけ。 

 

戦略・戦術は 

「相手」を倒すための 

考え方です。 

 

ソフトテニスは 

「相手」がいるから 

成り立つんです。 

 

「自分」に集中してたら 

ソフトテニスにならん。 

 

不安に押しつぶされながら 

ソフトテニスしても 

全く楽しくないよね。 

 

試合中 

どうしても自分に 

集中しちゃうなぁ… 

 

という人は 

 

「相手」に集中するために 

戦略・戦術を学ぶのも 

ありだと思います(^。^) 

 

というか僕も戦略・戦術は 

精神安定剤として使ってる。 

 

ほっとくと 

すぐネガテイブになるんで。 

 

戦略の基本 

 

戦略の基本は 

↓の記事に詰まってます。 

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編    ども ささです!    今まで何となくで試合やってきたけど  ちゃんと考えた方がいいのかなー?    そんな人、ご覧ください。    ...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編    ども ささです!    ソフトテニスの試合  もっと勝てるようになりたい!    そんなあなたに。    今回の話は  前...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α    ども ささです!    ソフトテニスの試合って  どう考えればいいの?    そんな方必見。    前々回と前回までで  ...

 

↑の記事を読んでくださった 

こと前提で話進めますorz 

 

7ゲームのときは 

 

最初の3ゲームは 

情報収集と布石。 

(0-3にさえならなきゃ大丈夫) 

 

4ゲーム目がカギ 

 

という感じです。 

 

4ゲーム目を取るために 

3ゲーム目までに 

相手の情報を引き出し 

布石を打ちます。 

 

相手の情報を引き出す 

というのはまんまの意味で 

 

例えば 

バックハンドが苦手だとか 

 

回り込んだら 

引っ張りか流しかとか 

 

打ちたがりか 

つなげるタイプかとか。 

 

ある程度ラリーが続かないと 

相手の情報がわからないので 

 

ミスが早いなと思う方は 

まずミスを少なくすることが 

先決です。 

 

ミス減らしたいなら 

↓がおススメ。 

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    ども ささです!    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの3つのコツや ...
強くなるための練習の意識ー△を伸ばすー
強くなるための練習の意識―△を伸ばす—    ども ささです!    強くなりたいやつは  俺の話を聞け!  と大口を叩いておきます。   今回は  ソフトテニスで強くなるための  練...

 

そんでもって 

布石というのは何か。 

 

布石ってのは 

相手にこちらの 

意図を伝える 

ってことです。 

 

これは 

 

ストレートに打つか 

クロスに打つかをバラす 

 

みたいなことじゃないです。 

 

深いロブで後衛を走らせて 

攻撃しているよ! 

 

とか 

 

チャンスさえあれば 

前衛の横通しちゃうよ 

 

とか 

 

打ち込んできても 

しっかりロブで返すよ 

 

みたいに 

 

攻める、もしくは 

相手に攻められないようにした上で

 

相手に  

「あいつの中ロブはやだな」  

「サイド守らなきゃやばいな」 

「打ち込んでも、深いロブで 

しっかり返される…」 

 

と思わせるってこと。 

 

相手に意図を伝えたら 

別のコースが効くようになるし 

(警戒してくれるから)

 

あえてもう一度同じコースに 

打つという選択もできる。 

 

相手がサイドを警戒したら 

中ロブで頭を越す 

 

相手がロブを追ったら 

ミドルに打ち込む 

 

サイドパス打って 

あえてもう一本 

サイドパス狙うとか 

 

この辺の駆け引きが 

ソフトテニスの楽しいところ。 

(正解とかはない) 

 

なんにせよ 

相手に意図が伝わらないと 

布石にならないから 

そこだけ注意! 

 

有名な戦術(まずは1つ覚えよう) 

 

で、 

 

今説明した戦略を 

実践するための手段で 

よく使われる戦術が 

 

センターセオリー。 

 

ミドル最強説のことと 

思ってもらってok↓ 

試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 
試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説    ども ささです!    試合中チャンスボールが来た!  …どこ打とう(汗)    そんなときどうすればいいのか!  ・試合でどこ攻めればよいかわ...

 

ミドルに打ったら 

今度はサイドとか中ロブとか。 

 

あとは 

強豪校あるあるで 

 

試合の一本目は 

前衛アタック! 

 

試合の1本目とか 

勝敗にあんま関係ないから! 

 

思いっきり打ち込んだれ! 

 

そうすれば相手前衛ビビるし 

 

自分もラケット振れるように 

なるやろがい! 

 

脳みそ筋肉太郎みたいな発想ですが

実は結構理にかなってます。 

 

最初の1本ミスったくらいじゃ 

勝敗なんか変わりませんよ。 

 

ソフトテニスはそういう 

ルールになってます。 

(0-3にさえしなきゃok) 

 

他にも戦術は 

たくさんありますが 

 

とりあえず 

どれか一個だけ 

練習しておけば 

 

かなり試合が 

変わるんじゃないかなと。 

 

いろんな戦術使えるから 

勝てるってもんでもないですし。 

 

オススメは

センターセオリーです。 

 

一番オーソドックスで 

一番覚えやすくて 

ちゃんと効きます。 

 

(わかっていても 

なかなか取れねぇんですよ 

ミドルって) 

 

まとめ 

 

・戦略の基本は1-2理論 

最初の3ゲームは情報収集と布石 

4ゲーム目をとる 

 

・戦術はとりあえず 

センターセオリーだけでも 

かなり変わる 

 

・自分と戦ったら負け 

 

自分に勝て! 

という熱い言葉。 

 

僕もこの言葉 

嫌いじゃないんですが… 

 

自分と戦ってるうちは 

試合に集中してないって 

ことですからね。 

 

メンタルトレーニングとか 

自信をつけたいとか 

 

色々悩みますが 

実は試合に集中してないだけなんです。 

 

ってのが 

僕の意見です(^。^) 

 

合う合わないあるので 

鵜呑みにしないで。 

 

最終的には 

自分で考える! 

強い人の共通点です。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント