【ソフトテニス】グリップに悩む人へ【強くなるコツ】  

ストローク

【ソフトテニス】グリップで悩む人へ【強くなるコツ】

 

ども! ささです。 

 

ソフトテニスのグリップ。 

これめっちゃ悩みません? 

 

ウエスタン? イースタン? 

どっちがいいの? 

 自分に合ったグリップわからない… 

 

てな訳で今回は

そんなグリップの悩み
解決していきます。

 

これで解決 

 

もういきなり答え言っちゃいますね。 

 

ソフトテニスは……
グリップなんかどうでもいいです

 

 ふざけんな! (怒)

 

という声が聞こえてきそうですが、 

僕は本気です。 

 

ちゃんと理由がありますので
説明していきます。

 

グリップなんかどうでもいい 

 

「グリップめちゃくちゃにして
安定したボール打てるわけないじゃん」 

と思った人。 

 

その通り。

 

グリップなんてどうでもいい 

 ってのは 

 

グリップめちゃくちゃにしても大丈夫 

って意味じゃありません。

 

僕が言いたいのは 

思い通りのボールが打てないのは
グリップのせい 

と決めつけてない? 

 

ってことです。 

 

問題はグリップじゃない 

 

気にするべきは
「思い通りにボールが打てないこと」 です。 

 

だって 

仮にグリップがぐちゃぐちゃでも
思い通りにボール打てるなら
なんも問題無いですよね? 

 

(まぁ、見た目がかっこ悪いとか
そういうのはあるかもだけど) 

 

ラケットの握り方を変える 

っていうのは 

 

思い通りにボールを打つための 

手段であって目的じゃない。 

 

まずはこれを肝に命じてください。 

 

では、次。 

 

グリップの握り方はどうでもいい。 

じゃあどうして思い通りに打てない? 

 

これが真理 

 

考えてみてもわけわからん

という人。 

 

そんなあなたにソフトテニスの真理
お伝えいたします。 

 

まっすぐな面で 

まっすぐ当てて 

まっすぐ振り抜けば 

ボールはまっすぐ飛ぶ 

 

これが真理です。  

 

つまりドユコト? 

 

ボールを思い通りに打てないのは
ラケットを思い通りに動かせていないから。 

 

これだけです。 

 

ラケットの握り方は
人によって違います。 

 

同じような握りの人はいますが
まったく一緒の人などいません。 

 

思い通りにボールが打てる人と 

思い通りにボールが打てない人 

 

その違いは 

ラケットを
自分の思い通りに動かせているかどうか。 

 

それじゃあ
ラケットを思い通りに動かすには?  

 

これも重要なんで
しっかり聞いてください。

ラケットを思い通りに動かすには
自分の身体を思い通りに動かせればいい

 

つまり問題なのは 

グリップじゃなくて
身体の動かし方が下手なこと。 

 

少し変なグリップでも 


そのグリップに合った
身体の動かし方をしていれば
問題なくボールは飛びます。

 

ラケットに慣れる練習がおすすめ

 

うまく打てない…と悩んでいる人は

ラケットに慣れる練習がおすすめ↓

ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ 
ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ こんにちは、ささです(^o^) 「素振りはおススメしない」 という話をしたので↓ 今回は、 素振りよりもこれやろうぜ って...

 

グリップってマジで人によって
バラバラです。

 

例えば、

全国大会に出場している選手が
全員同じグリップなのかというと

そんなわけない

 

ラケットに慣れる練習をする中で

どんなグリップが自分に合うのか

探していきましょう!

 

大切なのは

教科書通りのグリップにすること
ではなくて

自分の感覚を磨くことです。

 

感覚を磨く練習として
超低速素振りもおすすめです↓

ソフトテニス後衛必見!ストロークを安定させる「超低速素振り」とは!?
ストロークを安定させる特別な素振り    こんにちは、ささです(^O^)    突然ですが あなたはソフトテニスの練習として 素振りしてますでしょうか?    ラケットさえあれば 一人でいくらでもで...

 

まとめ 

 

グリップなんかどうでもいいよ
というお話でしたが 

 

なるほどね! 

という人と 

 

そうは言ってもやっぱりグリップ… 

という人と。 

 

賛否両論あるかと。 

 

グリップを変えることで
ストロークが良くなる
というのはもちろんあります。  

 

ただ、
僕がやばいと思っているのは 

 

グリップ直したその日は打てるんだけど
次の日には打てなくなっちゃって
それでまた悩む 

っていう沼にはまってしまうこと。 

 

「グリップは常にこうだ!」 

って正解にこだわってしまっている。 

 

グリップに正解なんてないんですよ。 

(同じ理由でフォームも正解はないです

【ソフトテニス】フォームとは何なのか?【指導のコツ】
【ソフトテニス】フォームとは何なのか?【指導のコツ】 こんにちは、ささです(^O^) フォームいらないとかありえなくね? という方はむしろご覧ください。 前々からちょくちょく僕が言っていた 「フォームはいらない...

 

別に常に同じグリップじゃなくていいんです。
毎日違うグリップでいいんです。 

 

その日、その瞬間。
自分に合ったグリップでいいんです。 

 

根本の問題はグリップじゃない。 

 

僕もかつて試合のときとかに 

「あれ?  

いつもはどうやって握ってたっけ?」 

って焦って、 そのまま負けて 

 みたいなことをしていました。 

 

調子が悪いときどうするか?
という話はこちら↓)

【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか?【強くなるコツ】
【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか? こんばんは、ささです(^o^) ソフトテニスしていると ・調子が良ければ負けなかった… ・なんであの人はいつも調子がいいんだろう? なんてことがありますよね。 そ...

 

僕と同じ失敗はしないように!

ささのプロフィールはこちら

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です。 このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々言ってい...

 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]