ソフトテニスでグリップに悩んでいる人はこれで万事解決っていうお話   

ストローク

グリップで悩む人多いよね 

 

ども! ささです。 

 

ソフトテニスのグリップ。 

これめっちゃ悩みません? 

 

ウエスタン? イースタン? 

どっちがいいの? 

 自分に合ったグリップわからない… 

 

てな訳で今回は

そんなグリップの悩みを
解決していきます。

 

これで解決 

 

もういきなり答え言っちゃいますね。 

 

ソフトテニスは……
グリップなんかどーでもいい
ドドン!

 

 ふざけんな! (怒)

 

という声が聞こえてきそうですが、 

僕は本気です。 

 

ちゃんと理由がありますので
説明していきますね(^。^) 

 

グリップなんかどーでもいい 

 

「グリップめちゃくちゃにして
安定したボール打てるわけないじゃん」 

と思った人。 

 

その通り。そりゃそーですよ。 

 

グリップなんてどーでもいい 

 ってのは 

 

グリップめちゃくちゃにしても大丈夫 

って意味じゃないよ! 

勘違いしないでね! 

 

僕が言いたいのは 

思い通りのボールが打てないのは
グリップのせい 

と決めつけてない? 

 

ってことなのよ。 

 

問題はグリップじゃない 

 

気にするべきは
「思い通りにボールが打てないこと」 です。 

 

だって 

仮にグリップがぐちゃぐちゃでも
思い通りにボール打てるなら
なんも問題無いですよね? 

 

(まぁ、見た目がかっこ悪いとか
そういうのはあるかもだけど) 

 

ラケットの握り方を変える 

っていうのは 

 

思い通りにボールを打つための 

手段であって目的じゃない。 

 

まずはこれを肝に命じてください。 

 

では、次。 

 

グリップの握り方はどーでもいい。 

じゃあどうして思い通りに打てない? 

 

これが真理 

 

考えてみてもわけわからん

という人。 

 

そんなあなたにはソフトテニスの真理
お伝えいたしましょう。 

 

全身全霊で聞いてください。 

 

まっすぐな面で 

まっすぐ当てて 

まっすぐ振り抜けば 

ボールはまっすぐ飛ぶ 

 

これが真理です。 

 

もう一回言いますよ。 

 

まっすぐな(以下略) 

 

当たり前ですよね。 

 

つまりドユコト? 

 

ボールを思い通りに打てないのは
ラケットを思い通りに動かせていないから。 

 

これだけです。 

 

ラケットの握り方は
人によって違います。 

 

同じような握りの人はいますが
まったく一緒の人などいません。 

 

思い通りにボールが打てる人と 

思い通りにボールが打てない人 

 

その違いは 

ラケットを
自分の思い通りに動かせているかどうか。 

 

それじゃあ
ラケットを思い通りに動かすには?  

これも重要なんで
しっかり聞いてください。

ラケットを思い通りに動かすには
自分の身体を思い通りに動かせればいい

 

つまり問題なのは 

グリップじゃなくて
身体の動かし方が下手なこと。 

 

少し変なグリップでも 


そのグリップに合った
身体の動かし方をしていれば
問題なくボールは飛びます。 

※追記

身体を思いどりに動かせない

=対応力がない 

です。

対応力つける方法については↓

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!  ども ささです!  ソフトテニスやってると絶対と言っていいほどぶち当たる壁がある… フォーム です。 あなたも悩んでませんか?  フォームはたしかに大切です。 ...

まとめ 

 

グリップなんかどーでもいいよ
というお話でしたが 

 

なるほどね! 

という人と 

 

そうは言ってもやっぱりグリップ… 

という人と。 

 

賛否両論あるかと。 

 

グリップを変えることで
ストロークが良くなる
というのはもちろんあります。  

 

ただ、
僕がやばいと思っているのは 

 

グリップ直したその日は打てるんだけど
次の日には打てなくなっちゃって
それでまた悩む 

っていう沼にはまってしまうこと。 

 

 

「グリップは常にこうだ!」 

って正解にこだわってしまっている。 

 

グリップに正解なんてないんですよ。 

(同じ理由でフォームも正解はないですよ!

ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?  ども ささです!  フォームいらないとか ありえなくね?  という方はご覧ください。  前々からちょくちょく 僕が言っていた 「フォームはいらない」 ...

 

別に常に同じグリップじゃなくていいんです。
毎日違うグリップでいいんです。 

 

その日、その瞬間。
自分に合ったグリップでいいんです。 

 

根本の問題はグリップじゃないよね? 

 

僕もかつて試合のときとかに 

「あれ?  

いつもはどーやって握ってたっけ?」 

って焦って、 そのまま負けて 

 

みたいなことをしていました。 

 

握り方なんかどーでもいいのよ。 

 

「今、自分のラケット面は 

どこを向いてる?  

自分の身体はどうなってる?」 

 

これだけ。 

 

ま、信じてくださる方は 

お試しあれ(^。^)  

 

 

 

コメント

  1. […] […]