ソフトテニスの試合で勝つコツ「ミドル最強説」【戦略・戦術】

ノウハウ

ソフトテニスの試合で勝つコツ「ミドル最強説」【戦略・戦術】

 

 

こんにちは、ささです(^o^)

 

・戦略・戦術を学んで勝てるようになりたい

・ミドルが強いということは知っているけど
なぜミドルが有効なのかはわからない
(教え子に説明できない)

という方はご覧ください。

 

ソフトテニスにおいては

ミドルを攻める

というのが戦略・戦術の基本です。

 

しかし、

ミドルは有効だ

ということを知っているだけでは

試合で駆け引きはできません。

 

なぜミドルは有効なのか

 

しっかりと「考える」ことで
周りと差をつけていきましょう!

(ぶっちゃけほとんどの人は

なぜミドルは有効なのか

なんてことは考えません。

周りがやらないことに
強くなる鍵があります。)

 

今回はミドルのメリットを3つほど
紹介します。

今回解説するもの以外にも
ミドルのメリットはあります。

今回の記事をヒントに他のメリットも
考えてみてください!

 

ミドルのメリット①

 

相手からミドルに打ちこまれると
後衛は大きく動く必要があります。 

 

ソフトテニスは余裕の奪い合い

です。

 

余裕の奪い合いについて学びたい人は

以下の記事を参考にしてください。

 

勝ちたい後衛は覚えるべき技術ライジング

後衛必見!試合で勝ちたいならライジング!【強くなるコツ】
後衛必見! 試合で勝ちたいならライジング! 【強くなるコツ】   こんにちは、ささです(^o^) 試合で勝ちたい後衛は必見です。  ちなみに前衛も聞いといた方がいいです。  理由は後でわかります。 ...

 

勝ちたい前衛が学ぶべきこと↓

前衛のポジション応用編(2)【強くなりたい人向け】
前衛のポジション応用編(2)【強くなりたい人向け】   こんにちは、ささです(^O^) 前々回、前回と  前衛のポジションの話をしてきました。    まだご覧になってない方は ぜひご覧ください。 ...

 

大きく動かされるということは
余裕を失いやすいということ。

 

ミドルに打たれたボールを回り込む
=時間の余裕がなくなりやすい

 

回り込まないにしても
バックハンドになります。

(基本的にはフォアよりもバックは
苦手な人が多いですよね)

 

どちらにせよミドルに打つと
相手後衛の余裕を奪えるわけですね!

 

相手が嫌がるコースは
バンバン打っていきましょう

試合中は性格悪く!(^。^)

 

ミドルのメリット②

 

ある程度のレベルまでなら
ミドルに強打するだけで点が決まります。

 

しかし、

レベルが上がってくれば
ミドルに打ち込んだだけでは
ミスはしてくれなくなりますよね。

 

じゃあ、相手後衛が回り込み上手いなら
ミドルは意味がなくなってしまうのか?

 

そんなことはありません。

 

実はミドルって

相手の余裕を奪うだけではなく
自分達の余裕を増やすことに
つながるんです!

 

以下の図をご覧ください↓

 

クロス展開からミドルに打ち込んだ
想定をしています。

 

ミドルに打たれるってことは
当然打ち返すときはミドルから打つことに
なりますよね。

 

ミドルからだと
相手は角度のついたボールを
打てなくなるんです!

 

相手の打ってきたボールに
角度がついていなければ 、

動く距離が少なくて済むので
対応しやすいですよね。

 

さらに!

 

角度がつきにくいということは

味方の前衛がポーチに出やすい

ってことでもあります!

 

ミドルから前衛を避けようとすると
(前衛の先を通そうとすると)  

サイドアウトしやすくなりますよね。

 

ミドルに打ち込むことができると

その後のプレーで自分達が
有利に立ち回れる!

 

ミドルのメリット②+α ここに気づいた人は鋭い!

 

勘の鋭い人はお気づきですかね?

 

ミドルに打ち込めたら非常に有利

てことは、

逆に相手からミドルに打たれると
めちゃんこ不利ってことです。

 

だから、

前衛ポジションの基本は
「ミドルを守る」

なんです!

 

前衛のポジションの基本
もっとしっかり学びたい人は↓

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!    こんにちは、ささです(^O^) ポジションの基本を知りたい前衛 必見です。   ボレーやスマッシュの技術も  もちろん大切だけど  ポジションも超超超大...

 

ミドルのメリット③

 

ミドルは相手後衛だけではなく、

相手前衛の余裕も奪えます。

 

後衛の打つコースは
めちゃ大きく分けると2つ 。

 

相手後衛側か

相手前衛側か

です。

 

相手後衛側といっても

クロスに鋭角
深いクロス
ボディライン
つなぐシュート
つなぐロブ
誘うシュート

…とか色々

 

前衛側といっても

サイドパス
前衛アタック
頭越えの高いロブ
頭越えの中ロブ

…などなど

 

たくさんあるわけですが

今回は細かいのは省略。

 

とりあえず大雑把に

後衛側か、前衛側かの2択

としておきましょう。

 

さて、

先ほども言った通り

前衛ポジションの基本はミドルを守ること。

 

ミドルに立つことで
ミドルを塞いでいます。

(基本的には前衛が立っている場所には
打ちませんよね)

 

ということは、前衛は

相手が味方後衛に打ったボールを取る
=攻める

相手が自分側(サイド)に打ったボールを取る
=守る

という2択になるわけです。

 

しかし、

 

ここでもし相手後衛が

ミドル(自分の目の前もしくは自分のすぐ横)
にしっかり打ち込んでくる

としたらどうなるか?

 

遅いボールなら簡単にボレーできますが、

しっかり打ち込んでくるとなると
ミドルを警戒する必要が出てきます。

 

つまり

味方後衛側かサイドかという2択
+ミドルも警戒 

という状況になる。

 

ミドルに打ち込むことにより

相手前衛の守るべきコースが増える
=相手前衛の余裕を奪える!

 

こういった考え方のことを

「駆け引き」というわけです。

 

相手前衛を避ける技術も大切ですが、

ミドルに打ち込んでおくことで
相手に警戒させる

だけでも十分駆け引きは成り立ちます。

 

また、

ミドルに打ち込むために
先にサイドを攻めておく

ミドルよりパッシングの方が得意だから
先にミドルを使っておく

といった工夫もあったり。

 

どれが正解とかはありません。

 

自分に合うプレースタイル
見つけましょう!

 

戦略・戦術(駆け引き)の基本を学びたい人は
こちら↓

【ソフトテニス】試合における戦略・戦術(駆け引き)の基本【強くなりたい人向け】
試合における戦略・戦術(駆け引き)の基本 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 試合における戦略・戦術の基本 を確認していきます。 ソフトテニスって戦略・戦術については ...

 

中・上級者向けの戦略・戦術
「パッシング」↓

【ソフトテニス】パッシングを打つときに知っておくべきこと(中、上級者向け)【戦略・戦術】
こんにちは、ささです(^o^) 今回はパッシングについて。 駆け引きをするために知っておくべきことを お伝えいたします。 技術というより戦略・戦術の話が メインです。 戦略・戦術の基本はこちらで学べます↓...

 

アタック止めも駆け引きがある↓

【ソフトテニス】前衛必見!アタック止めのコツ(考え方)【戦略・戦術】
【ソフトテニス】前衛必見!アタック止めのコツ(考え方)【戦略・戦術】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は アタック止めの考え方 についてまとめました。 前衛さんはもちろんとして 後衛さんも今回の話を知っておけば ...

 

まとめ

 

・ミドルは相手後衛と相手前衛を
どちらも苦しめる

 

・当然相手もミドルを狙ってくる。

だから前衛ポジションの基本は
ミドルを守ること。

 

・ソフトテニスの駆け引きを楽しもう

 

今回は

ミドルについて

なぜ有効なのか(理由)も含めて
しっかり確認してきました。

 

・ミドルは有効だ

・前衛はミドルを守るのが基本

という知識を頭に入れる「だけ」では

付け焼き刃の強さです。

 

しっかりと理由や意味を「考える」ことで

揺るぎない強さが手に入ります。

 

もっと「考える」力を鍛えて
周りと圧倒的な差をつけたい!

という熱意がある人は

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

「考える」力を鍛えられる
本気で強くなりたい人限定の企画です。

 

ちなみに、
ささのプロフィールはこちら↓

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です   このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々...

 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]