試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 

ノウハウ

試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 

 

ども ささです! 

 

試合中 

チャンスボールが来た! 

 

…どこ打とう(汗) 

 

そんなとき 

どうすればいいのか! 

 

タイトルでもうネタバレ 

してますが 

 

ミドルが超有効だよ 

っていう話です(^。^) 

 

一応最初に言っておきますが 

ミドルに打てば何でも決まる 

なんてこたないですよ! 

 

ソフトテニスは 

そこまで甘くない 

 

けれども、 

 

ミドルを使えるのと 

ミドルを使えないのとじゃ 

天と地ほど差があります! 

 

ミドルを武器にして 

さらなる高みへ… 

 

(^q^)厨二病爆発 

 

ミドルはなぜ有効か 

 

相手からミドルに打ちこまれると 

後衛さんは大きく動く必要があります。 

 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い 

 

でしたね。 

(?って人は↓) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...
前衛のポジションをさらに詳しく
前衛のポジションをさらに詳しくども ささです!前々回、前回と前衛のポジションの話をしてきました。まだご覧になってない方はどぞ↓今回は前衛のポジションについてさらに深いところを見ていきましょう。...

大きく動かされるということは 

余裕を失いやすいということ。 

 

後衛さんからしたら 

ミドルに打たれたボールを 

打ち返そうとする時点で 

すでに不利ってことです。 

 

相手が嫌がるコースは 

バンバン打ってきましょう 

(^。^) 

  

ミドルにはまだまだ 

メリットがあります。 

 

ある程度のレベルまでなら 

ミドルに強打するだけで 

ポイントが決まる。 

 

しかも、 

 

相手のレベルが上がってきて、 

こちらが打ち込んだミドルに 

フットワークで対応してきても、 

 

相手はミドルから 

厳しいコースは狙いにくいんです。 

 

 

上の図はクロス展開から 

ミドルに打ち込めたときを 

想定しています。 

 

ミドルからは 

角度のついたボールを 

打つことが難しい。 

 

後衛の動く距離の違いに 

注目してみてください。 

 

相手の打ってきたボールに 

角度がついていなければ 

動く距離が少なくて済むので 

対応しやすいですよね。 

 

さらにさらに。 

 

図の赤い文字。 

 

ミドルから相手前衛に 

ポーチボレー出られたとき 

 

相手前衛を避けようとすると 

(相手前衛の先を通そうとすると)  

サイドアウトしやすい! 

 

つまり! 

ミドルに打ち込むことができると 

 

・ミドルに打ち込むこと自体が 

相手後衛を苦しめる 

 

・相手後衛は足で対応できたとしても 

ミドルから厳しいコースは狙いにくい 

 

・味方前衛のプレッシャーが 

さらに効きやすくなる 

 

というメリットざんまい。 

 

ミドルを使えると有利に 

しやすいってことです。 

 

…勘のいい人はお気づきですかね? 

 

てことは、 

逆にミドルに打たれると 

めちゃんこ不利ってことです。 

 

だから、ミドルを守るのが 

前衛ポジションの基本なんです。 

 

詳しくは↓ 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!ども ささです。ポジションがよーわからんっていう前衛さん必見です!ボレーやスマッシュの技術ももちろん大切だけどポジションも超超超大事。実はボレーがそこまで上手くなくてもス...

 

選択肢が一つ増えると… 

 

ミドルのいいとこ 

まだあるんです

(^。^) 

 

後衛さん! 

 

ミドルに打ち込めると 

相手前衛が動きにくくなるよ! 

 

後衛の打つコースは 

めちゃ大きく分けると2つ 

 

相手後衛側か 

相手前衛側か 

 

相手後衛側といっても 

クロスに鋭角 

深いクロス 

ボディライン 

つなぐシュート 

つなぐロブ 

誘うシュート 

…とか色々 

 

前衛側といっても 

サイドパス 

前衛アタック 

頭ごえの高いロブ 

頭ごえの中ロブ 

…などなど 

 

たくさんあるわけですが 

今回は細かいのは省略。 

 

とりあえず大雑把に 

後衛側か、前衛側か 

 

んでもって、この状態で 

ミドルに打ち込めると… 

選択肢が増えるわけですね。 

 

先ほども言った通り 

前衛ポジションの基本は 

ミドルを守ること 

 

基本的には 

ポジションにつくだけでも 

ミドルの守りになるので 

 

前衛さんは 

 

相手が後衛側に打ったボールを 

取っちゃうぞ=攻める 

 

相手が前衛側に打ったボールを 

取っちゃうぞ=守る 

 

という2択です。 

 

でも、もし相手後衛がミドルに 

しっかり打ち込んでくるとなると 

ただポジションとってるだけじゃ 

あかんわけです。 

 

「こいつミドル打ち込んでくる… 

ちゃんとミドル意識しとかないと」 

 

2択+ミドルも警戒 

 

てなわけで 

気持ちよくポーチボレーとか 

迷いなくスマッシュを追うとか 

はできなくなってくるわけです。 

 

後衛さん! 

 

相手前衛に取られないコツは 

避ける技術だけじゃないよ! 

打つコースの 

選択肢を増やすことで 

相手前衛を迷わせる! 

 

※前衛を避けるコツについては 

別記事でまとめます。 

 

ミドルに打ち込むには 

 

ミドル超すげぇじゃん! 

 

ということは 

伝わったかと思います。 

 

しかし、いつでもミドルに 

打ち込めるかというと 

そんなわきゃないですよね。 

 

今回何回目かわかりませんが 

相手前衛は基本的に 

ミドルを守るポジション 

ですから。 

 

何も考えずにミドル打ったら 

そりゃボレーされて終了です。 

 

ミドルに打ち込むには 

相手の意識をミドルから 

そらす必要があります。 

 

例えば、前衛さんは 

サイドパス抜かれたら 

サイドの守り固めようと 

しますよね? 

 

サイドを固める 

→ミドルが空く 

 

めちゃ単純ですが 

これが効く(^。^) 

 

ミドルに打ち込むには 

ミドル以外のプレーで 

相手の意識をそらす! 

 

本当にこんな単純で 

バレないの? 

 

と思われるかも 

しれませんが 

 

別にバレたっていいんです。 

相手が迷いさえすれば。 

 

迷うと判断が遅れます。 

判断が遅れるとミスしやすくなる。 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い 

 

ミドル以外をしっかり打つから 

ミドルに打ち込めるようになるし、 

 

ミドルに打ち込むから、 

ミドル以外が通りやすくなる。 

 

(相手も同じことをしてくる。) 

 

不確定な要素があるから 

ソフトテニスは楽しいんです 

(^。^) 

 

まとめ 

 

・ミドルは相手後衛と相手前衛 

どちらも苦しめる 

 

・当然相手もミドルを狙ってくる 

だから前衛ポジションの基本は 

ミドルをふさぐこと。 

 

・ミドルという選択肢が 

一つ増えるだけで 

ソフトテニスの駆け引きは 

さらに楽しくなる 

 

ミドルは攻めの基本。 

いつも言っとりますが 

あくまで基本。 

 

試合に勝つこと 

試合をより楽しむことが 

目的ですよー! 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]