試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 

ノウハウ

試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 

 

ども ささです! 

 

試合中チャンスボールが来た! 

…どこ打とう(汗) 

 

そんなときどうすればいいのか! 

・試合でどこ攻めればよいかわからない

という方はご覧ください。

 

タイトルでもうネタバレしてますが 

 

ミドルが超有効だよっていう話です

 

一応最初に言っておきますが
ミドルに打てば何でも決まる
なんてこたないですよ!

 

ソフトテニスはそこまで甘くない 

 

けれども、 

 

ミドルを使えるのと
ミドルを使えないのとじゃ

天と地ほど差があります! 

 

ミドルを武器にできると
試合がかなり有利に運べるように
なりますよ!

ミドルはなぜ有効か 

 

相手からミドルに打ちこまれると
後衛さんは大きく動く必要があります。 

 

 

ソフトテニスは余裕の奪い合い 

でしたね。

 

(?って人は↓) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!    ども ささです!    試合で勝ちたい後衛さん。 必見です。  ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。  理由は後でわかります(^。^)  ...
前衛のポジションをさらに詳しく
前衛のポジションをさらに詳しく    ども ささです!    前々回、前回と  前衛のポジションの話をしてきました。    まだご覧になってない方はどぞ↓    今回は前衛の...

 

 

大きく動かされるということは
余裕を失いやすいということ。 

 

後衛さんからしたら 

ミドルに打たれたボールを回り込んで
打ち返そうとする時点ですでに不利
ってことです。 

 

相手が嫌がるコースは
バンバン打ってきましょう 

(^。^) 

  

ミドルにはまだまだメリットがあります。 

 

まず、

ある程度のレベルまでなら
ミドルに強打するだけでポイントが決まる。 

 

しかも、 

相手のレベルが上がってきて、
こちらが打ち込んだミドルに
フットワークで対応してきても、 

 

相手は
ミドルから
厳しいコースは狙いにくいんです。 

 

 

上の図は
クロス展開からミドルに打ち込めたときを
想定しています。 

 

ミドルからは角度のついたボールを
打つことは難しいです。 

 

後衛の動く距離の違いに注目してください。 

(クロスからの線とミドルからの線
動く距離が違いますよね)

 

相手の打ってきたボールに
角度がついていなければ 

動く距離が少なくて済むので
対応しやすいですよね。 

 

さらにさらに。 

 

図の赤い文字。 

 

ミドルから相手前衛に
ポーチボレー出られたとき 

 

相手前衛を避けようとすると
(相手前衛の先を通そうとすると)  

サイドアウトしやすい! 

 

つまり!

ミドルに打ち込むことができると 

 

・ミドルに打ち込み、回り込ませる時点で
相手後衛の余裕を奪っている

 

・相手後衛は足で対応できたとしても
ミドルから厳しいコースは狙いにくい 

 

・味方前衛のプレッシャーが
さらに効きやすくなる 

 

というメリットざんまい。 

 

ミドルを使えると有利にしやすい
ってことです。
 

 …勘のいい人はお気づきですかね? 

 

てことは、 

逆にミドルに打たれると
めちゃんこ不利ってことです。 

 

だから、

ミドルを守るのが前衛ポジションの基本なんです。 

 

詳しくは↓ 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!    ども ささです。    ポジションがよーわからん  っていう前衛さん必見です!    ボレーやスマッシュの技術も  もちろん大切だけど  ポジションも超超超大...

 

選択肢が一つ増えると… 

 

ミドルのいいとこ
まだあるんです

後衛さん! 

 

ミドルに打ち込めると
相手前衛が動きにくくなるよ! 

 

後衛の打つコースは
めちゃ大きく分けると2つ 

 

相手後衛側か 

相手前衛側か 

 

相手後衛側といっても 

クロスに鋭角
深いクロス
ボディライン
つなぐシュート
つなぐロブ
誘うシュート 

…とか色々 

 

前衛側といっても 

サイドパス
前衛アタック
頭ごえの高いロブ
頭ごえの中ロブ 

…などなど 

 

たくさんあるわけですが 

今回は細かいのは省略。 

 

とりあえず大雑把に

後衛側か、前衛側か

の2択です。

 

さて、

先ほども言った通り 

前衛ポジションの基本はミドルを守ること 

 

基本的にはポジションにつくだけで
ミドルの守りになる 

(前衛の目の前にはなかなか打てない)

 

ということは、前衛さんは 

 

相手が後衛側に打ったボールを取るぞ
=攻める 

 

相手が前衛側に打ったボールを取るぞ
=守る 

 

という2択になるわけです。 

 

でも、

もし相手後衛が
ミドルにしっかり打ち込んでくるとなると

ただポジションとってるだけじゃ
ミドルを守れなくなってきます。 

 

「こいつミドル打ち込んでくる…
ちゃんとミドル意識しとかないと」 

 

2択+ミドルも警戒 

 

というように

守るべきコースが増えるってことです。

 

気持ちよくポーチボレーとか
迷いなくスマッシュを追うとか
できなくなってくるわけです。

 

後衛さん! 

 

相手前衛に取られないコツは
避ける技術だけじゃないよ! 

打つコースの選択肢を増やすことで
相手前衛を迷わせるんです! 

 

ミドルに打ち込むには 

 

ミドル超すげぇじゃん! 

 

ということは
伝わったかと思います。 

 

しかし、

いつでもミドルに打ち込めるかというと 
そんなわきゃないですよね。

 

相手前衛は基本的にミドルを守ります。

何も考えずにミドル打ったら
そりゃボレーされて終了です。 

 

ミドルに打ち込むには
相手の意識をミドルからそらす必要があります。 

 

例えば、

前衛さんはサイドパス抜かれたら 

サイドの守り固めようとしますよね? 

 

サイドを固める
→ミドルが空く

 

めちゃ単純ですが
これが駆け引きのすべてです。

 

ミドルに打ち込むには
ミドル以外のプレー相手の意識をそらす! 

 

本当にこんな単純でバレないの? 

と思われるかもしれませんが 

 

別にバレたっていいんです。 

相手が迷いさえすればいいんです。 

 

迷うと判断が遅れます。
判断が遅れるとミスしやすくなる。 

 

ソフトテニスは余裕の奪い合い 

 

ミドル以外をしっかり打つから
ミドルに打ち込めるようになるし、 

 

ミドルに打ち込むから、
ミドル以外が通りやすくなる。 

 

まとめ 

 

・ミドルは相手後衛と相手前衛を
どちらも苦しめる 

 

・当然相手もミドルを狙ってくる。

だから前衛ポジションの基本は
ミドルをふさぐこと。 

 

・選択肢が一つ増えるだけで
ソフトテニスの駆け引きは
さらに楽しくなる 

 

ミドルは攻めの基本。

いつも言っとりますが
あくまで基本。

 

試合に勝つこと 

試合をより楽しむことが 

目的ですよー! 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]