強くなるための練習の意識ー△を伸ばすー

ノウハウ

強くなるための練習の意識―△を伸ばす— 

 

ども ささです! 

 

強くなりたいやつは 

俺の話を聞け! 

 

(^q^)と大口を叩いておく 

 

今回は 

ソフトテニスで強くなるための 

練習の意識について。 

 

△を伸ばそうぜ 

という話になります。 

 

△ってなんのこと? 

と思われた方は 

↓をご覧ください 

ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 
ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」  ども ささです!  試合になると勝てない! なんでなんだ!  一生懸命練習してるけど この練習でいいのか?  そんな人必見です。  今回は ソフト...

 

↑の話を 

聞いてくださったこと 

前提にしていますorz 

 

それでは 

いきまっしょう! 

 

強くなる意識○△×を復習 

 

まずは復習しておきます。 

 

(^。^)一応ね。 

 

ソフトテニスのプレーを 

大きく3つに分けます。

 

○…素晴らしいプレー 

 

△…普通のプレー 

 

×…ミス 

 

ほんでもって 

ソフトテニスで 

最も多いプレーは 

どれかというと 

 

△です。 

 

7〜8割は△。 

 

てことは 

△の質が高ければ 

勝ちやすい。 

 

いくら○のレベルが 

高くても 

 

△の質が低くて 

挙げ句の果てに 

×が多いと… 

 

そりゃ勝てんわ 

(^q^) 

 

てな感じです。 

 

強い人は 

△の質が超高い。 

 

○を打つまでもなく 

相手が×になる。 

 

○はリスク高いから 

×になりやすい。 

 

損小利大で考えると… 

ね? 

 

損小利大ってなんなん? 

って方は↓をどうぞ 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!ども ささです。ポジションがよーわからんっていう前衛さん必見です!ボレーやスマッシュの技術ももちろん大切だけどポジションも超超超大事。実はボレーがそこまで上手くなくてもス...

ソフトテニスは 

マジで面白い。 

 

全部つながるから。 

 

ワンピー○よりも 

伏線すごいから笑 

 

さてさて、 

復習はこれくらいにして。 

 

△が大事ということは 

わかった。 

 

じゃあ、 

どうやって△を 

練習すりゃいいのか? 

 

みんな一生懸命練習はするが… 

 

強くなりたい! 

 

そう思って 

たくさんの人が 

練習しています。 

 

部活とかでも 

声を出して 

1球1球本気で打つ。 

 

僕も個人的には 

努力! 熱血! 

っての大好きです。 

 

(^。^)かっこいいよね 

 

ところがどっこい 

 

一生懸命練習している 

「だけ」の人が 

めちゃくちゃ多い! 

 

厳しい言い方になってしまい 

大変心苦しいのですが 

 

一生懸命頑張るだけで 

勝てるなら苦労しません 

 

「真面目な人が勝つ」 

という考え方は逆に甘い。 

 

(不真面目になれ 

って意味じゃないですよ) 

 

例えばですが 

 

5本手出しで 

ストローク1本打ち 

 

ってのをやったとします。 

 

んで、 

5本全てに対して 

「良いボール打つ!」 

ってな感じで 

一生懸命打ちます。 

 

もちろん 

 

バズーカみたいな 

シュートボールは 

あんま打つ人いません。 

 

(たまにいるけど笑 

入ればなんでもいいんですが 

大抵そういう人は入らない) 

 

けど 

 

バズーカとまでは 

いかないにしろ 

 

やっぱそれなりに 

良いボールは打とうと 

しますよね? 

 

良いボールを打つという 

意識は大切なんですが… 

 

「良いボール」って 

どういうボールですか? 

 

ちょっと考えてみて 

ください。 

 

イメージが雑 

 

「良いボール」の 

イメージって 

自分が思ってるより 

結構雑です。 

 

強くなりたい人はみんな 

一生懸命練習はしてるんです。 

1球1球全力で集中してます。 

 

だけど 

 

どういう軌道で 

どういう回転で 

どこに打つのか 

 

試合のどういう状況で 

どういう展開で使うのか 

 

というイメージが 

できていない人が 

めちゃくちゃたくさんいる! 

 

ストレートに打つ 

 

じゃなくて 

 

ネットの上のあの辺を通して 

こんな感じの軌道で 

相手後衛の左足付近に打つ 

 

右ストレート展開だから 

相手前衛はあの辺にいる 

 

相手前衛が出てくるから 

ロブに切り替える 

 

…イメージしようと思えば 

いくらでもできる。 

 

ただなんとなく 

「良い感じ」のボールが打てたら 

 

「お! 今の良い感じ!」 

 

ただなんとなく 

「悪い感じ」のボールが打てたら 

 

「うわ、だめだー!」 

 

何をもって良い感じなのか 

何をもって悪い感じなのか 

 

がはっきりしないと 

成長のしようがないんです。 

 

自分のイメージと比べて 

どれくらいズレたのか 

 

イメージがないと 

ズレが修正できません。 

 

だって、 

どれくらいズレたのか 

わからないから。 

 

だけど、多くの人が 

「なんとなく」ダメだと 

自分をけなしてしまう。 

 

自分をけなしても 

一生強くはなりません! 

 

けなすのであれば 

一体なぜダメなのか 

理由をつけてけなしてください。 

 

(ほんとは自分をけなすのは 

やめてほしい(^。^) 

詳しくは↓) 

ソフトテニスが強くなる秘訣はゲームにある
「正しい」努力ってなんなのさ   ども! ささです!  前回の僕の名言 覚えてますか?  「ただ努力しても意味がない。正しい努力をするんだ。」  (^q^)映画化待ったなし  前回の記事↓強くなれる人となれ...
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方ども ささです。僕はいつでも本気でソフトテニスで強くなるために必要なことだけ発信すると心に決めているのですが今回の記事は特に本気で書きました。...
ソフトテニスが強くなる講座⑧「マイナス思考は捨てろ」
ソフトテニスが強くなる講座⑧「マイナス思考は捨てろ」  ども ささです!  ソフトテニスが強くなる講座 第8弾です。  前回はイメージトレーニグのコツを お伝えいたしました。  技術の話しろや!  ...

 

オススメの順番 

 

イメージしろ 

 

とは言ったものの 

 

漠然としすぎて 

よーわからんぜ。 

 

というわけで、とりあえず僕の 

オススメをお伝えしておきます。 

 

あくまでおススメなので 

うのみにしないように。 

 

(^。^)自分で強くなる! 

 

ストロークでも、ボレーでも、 

スマッシュでも、サーブでも 

 

なんでも大丈夫です。 

 

まずは 

 

打つボールの軌道を 

イメージしましょう 

 

色々細かく言いましたが 

あんな細かくはまぁ無理です笑 

 

いきなり全部イメージするのは 

難しいので、 

 

まずは打つボールの軌道だけ 

イメージしてください。 

 

ネットの上どの辺を通して 

相手コートのどこに落ちるか 

 

ここだけイメージして

打ちましょう。 

 

んで、 

こっからが重要!! 

 

自分の△がどんな感じか 

ちゃんと把握しましょう! 

 

5本打つなら5本全部 

10本打つなら10本全部 

入るボール。 

 

(もちろんミスることはある! 

ノーミスはむずい。 

あくまでもそれくらい 

コントロールすることを目指す) 

 

自分がコントロールできる 

スピードはどれくらいなのか 

 

コントロールしやすい軌道は 

どういう軌道なのか 

 

まずは自分を知る。 

 

ちなみに 

ボールをコントロールするのに 

スピードは遅けりゃいいって 

もんじゃないですよ! 

 

人によって違います。 

 

ちょっと速めの人もいれば 

ちょっと遅めの人もいる。 

 

自分にとって 

△のシュートは? 

△のロブは? 

△のボレーは? 

△のスマッシュは? 

△のサーブは? 

△のレシーブは? 

 

シュートは速めだけど 

ロブは高く、ゆっくり 

 

って人もいますし、 

 

シュート遅め、 

ロブもゆったりしたロブ 

 

って人もいます。 

 

自分に合う△を見つけてください。 

 

んでもって 

 

安定してきたなら 

今度は試合を想定する。 

 

カウントいくつ? 

どういう展開? 

 

後衛さんなら 

相手前衛がどこにいるか 

 

前衛さんなら 

1本で決まる場所はどこか 

 

ってのが 

一番意識しやすいかなと 

思います。 

 

(意識しやすいし 

試合につながりやすい。 

効果が出やすい) 

 

ざっくりまとめると 

 

打つ軌道 

→試合の想定 

 

ってことです。 

 

あ、

打ち方じゃなくて 

打つ軌道ですよ! 

 

イメージ力について

詳しく知りたい人は↓

ソフトテニスが強くなる講座⑥「イメージトレーニング」
ソフトテニスが強くなる講座⑥イメージトレーニングども ささです!ソフトテニスが強くなる講座第六弾です。強くなりたい人は聞いてね!(^。^)前回はルーティンの話でした。この記事の最後の方に...
ソフトテニスが強くなる講座⑦「イメージトレーニングのコツ」
ソフトテニスが強くなる講座⑦ イメージトレーニングのコツ  ども ささです!  イメージトレーニングの話の 続きからです。  まだ読まれてない方は↓  イメージトレーニングは トップアスリートも取り...

イメージして 

やってみた結果 

 

どーしてもミスしまくってしまう 

って人は 

 

イメージとかではなく 

身体能力とかの問題です。 

身体能力は伸ばせます。 

 

↓が参考になるかと。 

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま...
 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
フォームで悩んでいる人、集合!ども ささです!ソフトテニスやってると絶対と言っていいほどぶち当たる壁がある…フォームあなたも悩んでませんか?フォームはたしかに大切です。強い人のフォームを...

 

できなくたって 

別に落ち込むことはない! 

 

原因がわかれば 

いくらでも直せます。 

 

一番怖いのは 

原因がわからないこと。 

 

まとめ 

 

・強い人との差は 

△の差である 

 

・まずは自分の△を知る 

 

・イメージが雑だと 

△はぶれる 

 

△を磨く練習って 

めっちゃ地味です。 

 

見た目には 

よーわからんのですが 

 

やってる本人は 

めちゃ集中してる。 

 

思いの外 

自分のイメージ通りにできなくて 

びっくりすると思います。 

 

ここで落ち込む必要は0です。 

 

イメージとズレている 

と気づいた段階で 

もう強くなったも 

同然なんですよ。 

 

気づかないから 

強くならないだけ。 

 

これは僕の 

個人的な意見ですが 

 

みんな△を磨く練習を 

やってないんで 

やれば差がつきやすいんじゃ 

ないかなぁと 

(^。^) 

 

練習メニューうんぬん 

じゃないですよ。 

 

意識の問題。 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]