ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない 

ストローク

ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない 

 

ども ささです! 

 

もう何回も言ってますけども

 

フォームを固めても 

強くはならん! 

 

素振りは 

おススメできない! 

 

ほんと声を大にして伝えたい。 

 

強くなりたいなら 

素振りやってる場合とちゃうぞ! 

 

今から、素振りを 

おススメできない理由を 

べらべら語るんで 

 

「本当に」強くなりたい人だけ 

ご覧くださいorz 

 

同じフォームは無理 

 

まず最初に、 

「フォーム」に対する 

認識についてカクニンです。 

 

試合のとき全てのボールを
同じフォームで打つのは不可能です。 

 

強い人をよく観察して! 

 

同じフォームっぽいけど 

絶対どっか違うから! 

 

1球1球に対して 

微妙にフォームは変わっている。 

 

強い人はなぜミスしないのか。 

 

同じフォームで打ってるから 

じゃなくて 

 

ボールごとに最適なフォームを

選択して打ってるからです。 

 

強い人は全部同じフォームで打ってる 

という思い込みは捨ててください。 

(関連する話↓) 

ソフトテニスで強くなれない最大の原因は…
ソフトテニスで強くなれない最大の原因は…    ども ささです!    練習してるのに  ソフトテニスが上手くならない    おそらく多くの方が  同じ悩みを抱えてるんじゃ  ないでしょうか...

 

んでもって 

どんなフォームが最適か 

ってのは 

 

頭じゃなくて 

身体が勝手に判断するんです。 

 

(頭で考えたら間に合わないし、
動きがぎこちなくなる。) 

 

普段歩くとき 

 

「右足出したら 

同時に左手を前に降り、 

その後体重を移し替え、 

今度は左足を…」 

 

なんて考えませんよね? 

 

人間の身体(脳)にはもともと、

自動で動きをいい感じに制御する

機能が備わっています。 

 

外の情報をもとに 

いい感じに対応させる力 

 

アフォーダンス機能 

といいます。 

 

アフォーダンスについて↓

ソフトテニスで強くなるために重要な「アフォーダンス機能」とは? 
強くなるために重要な「アフォーダンス機能」とは?    ども ささです。    毎度のことですが    ソフトテニス強くなりたい!  って人はぜひご覧ください。    特に  練習では...

 

素直な「フォーム」が一番いい 

 

強い人がボールを 

思い通りにコントロールできるのは 

 

アフォーダンス機能に 

素直に従っているから。 

 

ゆるいシュートを 

ロブで返すフォーム 

 

速いシュートを 

ロブで返すフォーム 

 

態勢が整った上で 

ロブを打つフォーム 

 

態勢が崩れた上で 

ロブを打つフォーム 

 

どれも微妙に違ってくる。 

(似ている部分もある。) 

 

一瞬で判断して 

最適なフォームを選択している。 

 

強い人は 

選択の仕方がうまい 

 

ソフトテニスの試合動画はこう見るべし!
ソフトテニスの試合動画はこう見る    ども ささです!    普段youtubeなんかで  ソフトテニスの試合動画見るよー  って人    ぜひこちらの話を  聞いてくだされ。   ...

 

フォームは一定じゃない 

 

よーし 

 

それじゃあ 

○○選手のフォームを 

コピーすれば… 

 

待てい!  

 

ここが 

フォームの落とし穴! 

 

最適なフォームは 

人によって違うから! 

 

フォームは人によって違うし 

来るボールによっても違う 

 

フォームは一定ではなく 

常に変わり続ける! 

 

日によってフォームが 

微妙に変わったっていいんです。 

 

その日の自分に合った 

フォームが最適なんです。 

 

フォームは手段 

 

そろそろ本題に。 

 

なんで僕は 

素振りあかん 

と言うのか。 

 

素振りの目的って 

一体何ですか? 

 

フォームを固めること 

じゃないですか? 

 

先ほどお伝えした通り 

ソフトテニスはむしろ 

フォームを変えないと打てないんです。 

 

同じフォームで打つなんて 

無理なんですから。 

 

って考えると 

 

フォームを固める 

てのは強くなることと 

真逆じゃないですか? 

 

フォームは 

たしかに大切です。 

 

強い人のフォームを 

分析して、 

 

共通する部分を抜き出すことは 

強くなるためのヒントになります。 

 

例えば  

止まって打っている 

とか 

 

軸が安定している 

とか。 

 

体重移動している 

とか。 

 

でも、 

本当に大切なのは 

 

「こうすれば 

思い通りのボールが打てるな」 

 

という感覚を覚えることです。 

 

フォームは 

思い通りのボールを 

打つための手段。 

 

フォームは 

感覚を覚えるためのヒント。 

 

目的じゃないし、 

答えじゃない。 

 

素振りは本質をつかんでいない 

 

素振りで 

ボールを打つ感覚を 

養えるか? 

 

無理です。 

 

だって 

ボール打ってないから。 

 

ボールを打つ感覚は 

ボールを打たなきゃ 

わからないんです。 

 

ひたすら素振りして 

フォームを固めても 

 

思い通りにボールを 

コントロールする感覚は

身につきません。 

 

「今の感覚だとボール短くなるのか」 

 

「今の感覚だと思い通りに近いな!」 

 

フィードバックを得るから 

修正できるんです。 

 

素振りじゃ 

フィードバックは得られません。 

 

ボール打ってないから 

判断のしようがない。 

 

言われてみれば 

当たり前ですよね。 

 

フィードバック? 

って人は↓ 

ソフトテニスが強くなる秘訣はゲームにある
「正しい」努力ってなんなのさ      ども! ささです!    前回の僕の名言 覚えてますか?    「ただ努力しても意味がない。正しい努力をするんだ。」   前回の記事↓ 強くなれる人と...

 

素振りで身につくのは 

 

同じフォームを 

繰り返し再現する能力 

 

ですが 

 

ソフトテニスに 

本当に必要なのは 

 

1球1球のボールに対し 

最適なフォームを選択し 

思い通りに打つ能力 

(対応力) 

 

です。 

 

素振りは 

 

試合に使えない能力を 

身につけてしまう 

 

つまり、 

 

強くならないどころか 

最悪の場合、弱くなる練習 

 

ってことです。 

 

素振りの代わりに 

 

ボールを打てるのであれば 

ボール打ってください。 

 

1本打ちとかやると思うんですが 

 

目的を見失わないでください。 

 

ソフトテニス始めた 

ばかりの初心者の方は 

 

フォームをヒントにして 

思い通りに打つ感覚を 

身につけていくのが 

わかりやすいので 

 

フォームを意識しても 

良いかもしれません。 

 

赤ちゃんがはいはいから 

2本足で立つことに挑戦して 

 

何度も失敗して感覚を覚えていき 

 

そのうち立てるようになる。 

 

次は、歩くことに挑戦して 

何度も失敗して感覚を覚えていき 

そのうち歩けるようになる。 

 

赤ちゃんと同じことを 

すればいいだけなんです。 

 

まずはフォームをヒントに 

ボールを打ってみる。 

 

少しずつ感覚を合わせていく。 

 

このときの 

ボールがうまく打てる 

うまく打てないの差は 

 

フォームの問題ではなく 

身体能力(対応力)の差です。 

 

面を真っ直ぐにしてみろ 

と言われたとき 

 

すぐに実践できないのは 

 

自分の思い通りに 

身体が動かせないからです。 

 

だからやるべきは 

身体能力(対応力)を伸ばすこと。 

 

間違っても

素振りじゃない。 

 

対応力を身につける方法は↓ 

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

 

素振りをやるくらいなら 

ラケットでボールをついたり、 

面の上でボールを転がしたり。 

 

ラケットとボールで 

遊んでください。 

 

素振りの 

一億倍効果ありますから↓ 

ソフトテニス初心者必見!素振りよりも○○ 
ソフトテニス初心者必見!素振りよりも○○!    ども ささです。    「素振りはおススメしない」 という話をしたので↓    今回は、 素振りよりもこれやろうぜ ってのをお伝えいたし...

 

もしどうしても 

素振りをしたいのであれば 

 

超低速素振りをしてください↓ 

ソフトテニス後衛必見!ストロークを安定させる「超低速素振り」とは!?
ストロークを安定させる特別な素振り    ども ささです!    突然ですが あなたはソフトテニスの練習として 素振りしてますでしょうか?    ラケットさえあれば 一人でいくらでもできるので  ...

 

詳しくは↑の記事に 

書いてありますが 

 

超低速素振りの目的は 

 

フォームを固めること 

 

ではなく 

 

身体の感覚を磨くことです。 

(実は他にもメリットあるけど 

沢山ありすぎるから省略) 

 

何度も言うけど 

目的を間違えないように。 

 

まとめ 

 

・フォームを固めても意味ない 

 

・素振りは効果出にくいし 

最悪の場合、弱くなる 

 

・素振りやるくらいなら 

ボールとラケットで遊べ 

 

「強い人で素振りやってる人 

たくさんいるじゃん」 

 

と思った方へ。 

 

素振りをしてるから 

強くなったわけじゃなくて 

 

対応力が高いから 

強いんです。 

 

本質を見失わないように! 

 

何年もソフトテニスを 

やっている人の場合 

 

素振りをしただけで 

実際に打ったときと 

同じように脳が活性化します。 

 

ラケットとボールが 

触れる感覚を頭の中で

再現できるんです。 

(イメージ力はすげぇって話↓) 

ソフトテニスが強くなりたい人向け「イメージトレーニング」
ソフトテニスが強くなる講座⑥ イメージトレーニング    ども ささです!    ソフトテニスが強くなる講座  第六弾です。    強くなりたい人は聞いてね!  (^。^)    前回...

 

でも、 

まだラケットを握ったばかりで 

ボールの感覚にも慣れてない 

うちから素振りしても… 

 

素振りって実は 

めちゃくちゃ上級者向けの 

練習なんですよ。 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!