ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない【強くなるコツ】

マインド

ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない【強くなるコツ】

 

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

強くなりたいなら 
素振りやってる場合とちゃうぞ

という話です。

 

素振りを絶対にやるな

とまでは言いませんが、何も考えずに

「コーチが言ってたから」

「本に書いてあったから」

で素振りをやっている人は非常に危険です。

 

ぜひ今回の記事を読んでください!

 

フォームを勘違いしている人が多い

 

まず最初に、 

「フォーム」に対する勘違いについて。

 

・同じフォームで打つように意識すれば
安定する

・ミスをする原因はフォームがズレたから

・強い人のフォームの真似をすれば
強くなれる

 

今挙げた3つは全て勘違いです。

 

勘違いしたまま努力を続けても
一生強くはなれません。

(強くなったとしてもとんでもなく遠回り)

 

フォームに関する勘違い3つ
以下の記事で学べます↓

【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】
【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 僕は現在ソフトテニス指導者を しているのですが、 やはりフォームで悩む人が多いと感じま...

 

↑の記事を読んだことを前提で

話を進めていきます

 

なぜ僕は素振りあかんと言うのか。 

理由は2つあります。

 

素振りがあかん理由①

 

フォームを固めたところで
試合に勝てるようにはなりません。

 

冷静に考えてみてください。

 

ルールブックに

「同じフォームで打たなければならない」

なんて書いてあるでしょうか?

 

強い選手は本当に全てのボールを
同じフォームで打っているでしょうか?

 

同じフォームで打つ
なんてルールはないし、

強い選手も状況により打ち方を
変えています。

 

もちろん、

軸が綺麗とか、
股関節の動かし方がうまいとか、

そういう共通した部分はあります。

 

しかし、
フォームは一人一人違います。

正解のフォームなどありません。

 

動きの形だけに注目するのは
二流、三流です。

 

動きの状況も意識しましょう。

 

動きの状況の例は↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

ソフトテニスで強くなるために
大切なのは

同じフォームで打ち続ける力

ではなく

状況に対応する力です。

 

ところが、

フォーム(動きの形)を固めること

を目的として素振りをしてしまう人が
非常に多い。

 

目的がズレていることに
気づきましょう!

 

素振りをおすすめしない理由②

 

今言った通り、

素振りをやる意味を全く考えず
なんとなくやっている人

たくさんいます。

 

素振りに限った話ではありません。

 

自分が普段行っている練習の意味。
本当にわかっているでしょうか?

 

当たり前ですが
試合で手投げのボールが来ることは
ありません。

 

しかし、

手投げのストローク練習を行います。

 

なぜ手投げのストローク練習を
行うのでしょうか?

 

もちろん、
手投げの練習は大切です。

 

しかし、

大切だからやる ではなく、

 

なぜ大切なのか

を一度考えてみてください。

 

意味を考えずに練習するというのは

ゴールがどこにあるかわからないけど
とりあえず走っている状態

と同じです。

 

その状態でみんな

「なんでゴールに辿り着かないんだろう」

と悩んでいます。

 

そりゃ

ゴールを確認していないから

ですよね。

小学生でもわかります。

 

言い方は悪いけど
こういう馬鹿みたいなことを

多くのソフトテニスプレーヤーが
してしまっているんです。

 

僕もかつては
同じ過ちを犯していました…
(それで10年無駄にし)

 

ちなみに、
ささのプロフィールはこちら↓

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です。 このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々言ってい...

 

あなたはわざわざ僕と同じ過ちを
犯す必要はありません。

 

今この瞬間から
「考える」癖をつけていきましょう!

 

このブログは「考える」力
身につけられるように工夫しているので
ぜひ活用してください。

 

本気で強くなりたい人
以下の記事をおすすめします↓

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

もし素振りをするなら

 

素振りをするよりも
ボールとラケットで遊ぶ方が
断然効果が高いです↓

ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ 
ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ こんにちは、ささです(^o^) 「素振りはおススメしない」 という話をしたので↓ 今回は、 素振りよりもこれやろうぜ って...

 

だから、

可能な限りボールとラケットで遊ぶのを
推奨しますが、

 

もし素振りをするなら

超低速素振りがおすすめです↓

ソフトテニス後衛必見!ストロークを安定させる「超低速素振り」とは!?
ストロークを安定させる特別な素振り    こんにちは、ささです(^O^)    突然ですが あなたはソフトテニスの練習として 素振りしてますでしょうか?    ラケットさえあれば 一人でいくらでもで...

 

超低速素振りの目的は
フォームを固めることではありません。

しっかりと記事で目的を確認して
挑戦してみてください。

 

まとめ

 

・「フォーム」はそこまで重要じゃない

・素振りの目的は動きの形を固めこと。
ソフトテニスの本質からズレている。

・意味を「考える」癖をつけろ

 

 

強くなるコツ、練習法だけ教えてください
(自分で考えるのはめんどくさい)

って心構えで強くなれるほど
ソフトテニスは甘くありません。

 

ていうか、
ソフトテニスに限らず

「自分で」考えない奴が
強くなれるわけがないです。

 

「自分で」考える力を身につけて
周りよりも圧倒的に強くなりたい

という熱意のある人は

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

 

本気で強くなりたい人限定の企画
となっています。

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!