【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】

ノウハウ

【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】

 

こんにちは、ささです(^o^)

僕は現在ソフトテニス指導者を
しているのですが、

やはりフォームで悩む人が多いと感じます。

 

あなたもフォームで悩んでいませんか?

 

たしかにフォームは大切です。

 

 

しかし、実は

そもそもフォームって
そこまで悩むべきではないんですよ!

 

・フォームがズレたからミスった

・○○選手みたいな綺麗なフォームにすれば
強くなれるはず

とか考えているうちは

マジで一生強くなりません。

(全く強くならないわけではないが、
強くなりにくい)

 

今回は多くの人が勘違いしてしまっている
フォームの意識を確認していきます。

 

あなたは大丈夫でしょうか?

確認していきましょう!

 

勘違い①フォームを意識すれば強くなる

 

ソフトテニスプレーヤーの多くは

フォームめちゃくちゃ大事

と考えています。(選手も指導者も)

 

最初に言った通り、

たしかにフォームは大切です。

 

しかし、

重要視「しすぎ」も問題なんです。

 

 

フォームというのは

思い通りにボールを打つための手段

 

 

ぶっちゃけた話、

フォームがズレていても

タイミングよくまっすぐな面で
打ちたい方向にまっすぐ振れば

ボールはまっすぐ飛びます。

 

しかし、

・身体の使い方を覚えたら
楽に強力なボールが打てるようになる
(腕打ちは余計な力が必要だし、
スイングもブレやすい)

・怪我の防止
(身体の負担を減らす)

といったメリットがあるから

フォームを身につけるわけです。

 

当たり前ですよね。

 

ところが、

いつの間にかフォームを身につけることが
目的になってしまっている人が
めちゃくちゃ多いんです。

 

こういうのを手段の目的化と言います。

 

ちょっと例を出しますね。

手段の目的化の例

 

僕が指導していたソフトテニスのクラブでの
出来事です。

ストローク練習をしていたら

打点が高くなったボールをめちゃ鋭く、
しかもしっかりコースをコントロールして
打ち込んだ子がいたんです。

 

すかさず

「ナイスボール!」

と声をかけました。

 

ところが、

その子はなぜか浮かない表情をしています。

 

「どうした?
めっちゃナイスボールやったやんけ」

「いや、今のは
膝が曲がっていなかったんです」

「あー。たしかに。
膝曲げることは大事やな。

でも、今のボールは打点高いから
若干膝を伸ばさないと逆に打てないやん」

「…?

ストロークは膝を曲げることが大事なんじゃないんですか?

 

どうやら顧問の先生に

「とにかく膝を曲げろ」

と教わっていたそうです。

 

・重心を下げることは安定感につながる

・膝が高いとボールを上から見る形になり、
面が被りやすくなってしまう

といった理由があるので

膝を曲げることはたしかに大切です。

 

しかし、当たり前ですが、

トップ打ちとアンダーストロークでは
膝の曲がり具合は変わりますよね。

 

膝を曲げることは
思い通りに打つための手段なのに

その子の中ではいつの間にか
膝を曲げることが目的になってしまっていた
わけです。

 

ソフトテニスは
手段の目的化がよく起こります。

(特に真面目な人ほど手段の目的化に
陥りやすいです)

 

アドバイスを鵜呑みにするのではなく、

必ず理由を「自分で」考えるように!!

 

本気で強くなりたい人は
以下の記事がおすすめです↓

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

勘違い②フォームがズレるからミスをする

 

例えばレシーブをミスって
ネットにかけてしまったとき。

 

すぐに

「今のはフォームがズレていた」

って考える人がめちゃ多いですが、

本当にそうでしょうか?

 

 

例えば、

動き出しが遅れてしまい、
打点が近くなりすぎていたのかも
しれません。

 

この場合、

ミスの原因はフォームというより
反応が遅かったことです。

 

だとしたら、

素振りしてフォームを確認するより

反応を早くするトレーニングをした方が
いいですよね。

 

もしくは、

反応は遅れていなかったんだけど
ボールとの距離感をつかむのが苦手で
上手く打点に入れなかった

という可能性もあります。

 

そしたら、

ボールとの距離感をつかむトレーニングを
しようって話になります。

 

とにかく、

フォームが原因とは限らない

わけです。

 

言われてみれば当たり前なのですが、

普段ミスをしたとき、
すぐにフォームのせいにしていませんか?

 

うまくいかない原因はなんなのか?

「考える」癖をつけましょう!

 

ちなみに、

手出しだと打てるのに乱打になると打てない

という悩みの原因も

フォームではありません。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

勘違い③強い選手のフォームを真似すれば強くなる

 

○○選手と同じフォームになれば
同じボールが打てるはず

一見正しそうですが、

やはりこれも勘違いです。

 

なぜなら、

○○選手のフォームはあくまでも

○○選手の筋肉量、骨格に合うフォーム

であって、

あなたに合うとは限らないからです。

 

人間は一人一人
身体の構造が違います。

 

腕が2本とか、
そういうところは同じですが、

骨格の可動域や向き、筋肉量は
人それぞれです。

 

正解のフォームなどない

ということを頭に入れておきましょう。

 

もし、正解のフォームがあるのだとしたら

強い選手はみな同じフォームになるはず
ですよね。

 

実際には強い選手って
みんな違うフォームです。

(綺麗なフォーム=強いとも限らない。

割とぎこちないフォームだけど、
強い選手もたくさんいる)

 

先ほども言った通り

フォームは思い通りに打つための
手段であって、

目的ではありません。

 

強いて言うなら

自分に合うフォームが正解です

 

まとめ

 

・フォームの意味を考えろ!
(手段が目的になっていないか?)

 

・すぐにフォームのせいにするな!
(原因を考える癖をつけろ!)

 

・正解のフォームなどない!
(自分に合うものを自分で探せ!)

 

指導者でさえも

とにかくフォームが大事

勘違いしている人が多いです。

 

たから、

指導者がしっかりソフトテニスを学ぶ

というのも大切なんですが、

 

「自分で」ソフトテニスを学んでしまえば

指導者や環境に左右されずに
めきめきと上達することが可能になります。

 

今回の記事を読んで

もっとソフトテニスを学んで
圧倒的に強くなりたい!

と思った人は

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

本気で強くなりたい人限定の企画
となっています。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […]  【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合! フォームで悩んでいる… […]

  2. […] ストロークをミスる原因は結局「これ」だったストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま…sasasft.net2019.02.13  【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合! フォームで悩んでいる… […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

  12. […] […]

  13. […] […]

  14. […] […]

  15. […] […]

  16. […] […]

  17. […] […]