ソフトテニスのバックハンドはこうすりゃ打てる!

ストローク

ソフトテニス バックハンドはこうすりゃ打てる! 

 

ささです! 

 

今回はバックハンドについて
ポイントを解説していきます。 

 

待ってましたって方
たくさんいるんじゃないでしょうか? 

 

バックハンドがどーしても打てない! 

そんな人たち必見! 

 

バックハンドのコツ① スタンス 

 

まずはスタンス。 

足の置き方のことです。 

 

基本的には 

クローズスタンスってのが吉。 

 

相手に背中を向ける! 

これ重要! 

 

動画をどうぞ↓ 

動画内で2種類のスタンスを
見せとりますが 

 

僕がダメだよ〜 

ってしてる最初のやつは 

オープンスタンスといいます。 

 

オープンスタンスは
ぶっちゃけ打とうと思えば打てる。 

 

構えるまでの時間が短くて済むとか
利点もあるんですが 

 

バックハンド苦手な人には
あんまおススメしません。 

 

手打ちになりやすいんで。  

 

まず

相手に背中を向けるくらいの
クローズスタンス 

 

「あぁだいたいこうすれば
バックて打てるなぁ」 

 

という感覚をつけましょう。 

 

ちなみになぜ背中を向けるのか 

 

ボールとの距離に
余裕がほしいからです

 

例えばフォアだと↓ 

 

最初からボールと肩が 

離れてるので余裕がある 

 

ところが

バックはラケット持ってる方の肩が
前にくる。 

 

バックを上から見た図…↓ 

 

図は右利きの人用
左利きの人は左右入れ替えて見てください

 

相手に背中を向けるのは
ボールとの距離に余裕が欲しいから。  

 

バックハンドのコツ② 打点は前 

 

次は打点の話。 

 

スタンスの話とかぶるけども 

ボールとの距離が近すぎると打ちにくい。 

 

バックハンド苦手って人の 

99パーセントが打点近すぎが原因! 

 

 

打点は自分が思っている
2倍くらい前にして! 

 

大げさに意識しないと
変わらないから! 

 

打点を前にする理由は 

ボールとの距離に余裕が欲しいから。 

 

前で打つ! 

 

これだけでバックハンドが
上手くなる人もいるからやってみて! 

 

バックハンドのコツ③ 下から上 

 

最後はスイングの話。 

 

下から上。 

 

これが一番入りやすい。 

 もう一回言います。 

 

下から上! 

 

 大げさくらいがちょうどいいです。 

 

この下から上のスイングで
ボールに落ちる回転がかかる。 

 

かけるんじゃなくてかかる。 

 

落ちる回転で
ネットの上を通りさえすれば
大抵入りそうじゃないですか? 

 

一応見本というか 

3つのコツを合わせて打つと 

こんな感じ↓ 

まとめ 

 

バックハンドのコツは 

 

1.相手に背中を見せる 

クローズスタンス 

 

2.打点は前! 

 

3.下から上のスイング! 

 

 

特に打点は気をつけて! 

 

打点を前にするだけで
かなり打ちやすくなるかと。 

 

ほんでもって 

 

背中を見せる 

打点前 

下から上のスイング 

 

意識しても上手くいかない! 

って人は 

 

次回紹介する練習を
やってみてください。 

 

意識してすぐできたら
苦労しないですよね

 

僕も打点前とか意識してたんですけど 

なかなかできませんでした。 

センスないんで。

 

そんなクソザコの僕が実践して
効果あったものを次回紹介いたします。 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 前回はバックハンドのコツを  […]