【ソフトテニス】オススメ練習。ローボレーvsストローク。前衛も後衛も同時に練習できる!

ストローク

【ソフトテニス】オススメ練習。ローボレーvsストローク。前衛も後衛も同時に練習できる!

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

前衛も後衛も同時に練習できる
「ローボレーvsストローク」

について。

 

「つっつき」って言ったりもしますよね。

 

ローボレーvsストロークって

実はめちゃくちゃ効果が高い
練習なんですよ。

 

なぜなら

ソフトテニスの本質をとらえているから。 

 

僕のブログは

ソフトテニスで「本当に」強くなる方法

というタイトルです。

 

例えば、「素振り」のように

本質からズレた練習はオススメしません。

 

※素振りが絶対に悪いとまでは言いませんが
強くなるには遠回りです。

理由が気になる人は↓

ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない【強くなるコツ】
ソフトテニスで強くなりたいなら素振りはおススメできない【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 強くなりたいなら 素振りやってる場合とちゃうぞ という話です。 素振りを絶対にやるな とまでは言いま...

 

ローボレーvsストロークが

ソフトテニスの本質を捉えている

とはどういう意味なのか?

 

しっかり学んでいきましょう!

 

ローボレーvsストロークってこんなの。

 

見本動画を撮りました↓

 

ローボレーしてんのが僕です。

 

念のため言っておきますが

打ち方を真似するなら
僕よりもっと上手い人を真似してください。

フォームやコツは
感覚をつかむための手段に過ぎません。

 

あなたにはあなたのフォームがある↓

【ソフトテニス】フォームとは何なのか?【指導のコツ】
【ソフトテニス】フォームとは何なのか?【指導のコツ】 こんにちは、ささです(^O^) フォームいらないとかありえなくね? という方はむしろご覧ください。 前々からちょくちょく僕が言っていた 「フォームはいらない...

 

 

ローボレーvsストロークはその名の通り

ストローク打つ側と
ローボレー打つ側とに分かれ
半面で真剣勝負

というシンプルな練習です。

 

これはあくまで僕の意見ですが

後衛も前衛も関係なく
ストロークとローボレー両方やるべきだと
思っています。

ローボレーを身につけておくと
ストロークも安定しやすくなりますし、

逆もまた然りです。

 

後衛はストローク、前衛はボレー
という認識はもう古いかもですね。

 

チャンスがあったら後衛も前に出たり、
前衛も状況によっては下がったり、

より臨機応変に対応していく
時代に変わりつつあります。

 

どっちもできると楽しいですよ!

 

僕も才能がなくて
あり得ないくらい前衛技術がヘタクソ
でした。

 

10年間くらい

「お前が前衛やるとか無理だろww」

と言われ続けてきましたが

練習してみれば割とできるように
なるんですよね。

 

というか

才能がない人ほど 
挑戦しないと未来はないです。

どんどん挑戦していきましょう!

 

ちなみに、
ささのプロフィールはこちら↓

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です   このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々...

 

 

さて、それではここからは

ローボレーvsストロークをやるときに

意識すべきことを確認していきます。

 

ストローク側が意識すべきこと

 

ローボレーvsストロークは

普通の乱打と比べると

ボールが返ってくるまでの時間が短い

ですね。

 

ソフトテニスは余裕の奪い合いです。

 

余裕の奪い合いについて学びたい人は↓

後衛必見!試合で勝ちたいならライジング!【強くなるコツ】
後衛必見! 試合で勝ちたいならライジング! 【強くなるコツ】   こんにちは、ささです(^o^) 試合で勝ちたい後衛は必見です。  ちなみに前衛も聞いといた方がいいです。  理由は後でわかります。 ...
前衛のポジション応用編(2)【強くなりたい人向け】
前衛のポジション応用編(2)【強くなりたい人向け】   こんにちは、ささです(^O^) 前々回、前回と  前衛のポジションの話をしてきました。    まだご覧になってない方は ぜひご覧ください。 ...

 

余裕(時間)がないとそもそもミスしやすいし
相手を攻めることも難しいわけです。

 

余裕をつくるにはフットワーク

と言いたいとこですが。 

ここでちょっと注意点があります。

 

もちろんフットワークも大事なんですが、

反応の早さの方が影響が大きいです。

 

(短いボールが取れなくて
悩んでる人は

足が遅いというより反応が遅い)

 

反応を早くするには
動体視力を鍛えるのが効果的です。

 

動体視力の鍛え方は↓ 

【ソフトテニス】強くなるコツ。反応を早くする方法!【初心者におすすめ】
【ソフトテニス】強くなるコツ。反応を早くする方法!【初心者におすすめ】 こんにちは ささ です(^o^)  今回は反応を早くする方法を 解説していきます。 反応が遅くてボレーボレーさえ ...

 

フットワークについては
足の速さよりも足の置き方に注目!

(さらっと言いましたがマジで重要です)

 

足の置き方について学びたい人は↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

また、

ボールを浮かすと叩かれて終わりなので

基本は相手の足元に沈める
(場合によってロブとかもありだけど)

ことも頭に入れおきましょう。

 

相手の足元に沈めるためには

ドライブ(落ちる回転)
コントロールする必要がありますね。

 

当たり前ですが

とにかく回転かければいい

ってわけじゃないですよ。

 

ドライブのコツを学びたい人は↓

【ソフトテニス】ストロークにドライブをかけるコツ【おススメの練習法】
【ソフトテニス】ストロークにドライブをかけるコツ【おススメの練習法】 こんにちは、ささです(^o^) ・ドライブ回転のかけ方がわからない ・ドライブ回転がかかりすぎて コントロールできない ・教...

 

ソフトテニスは

基本的には
ネットを越してからコートに入れる

ことになるので、

打点を落とせば落とすほど
(反応が遅ければ遅いほど)

ストローク側は不利になります。

 

打点が低い

→ネットを越すためには浮かす必要がある

→浮いたら叩かれやすい

です。

 

というわけで

ストローク側は

・反応の早さを鍛える
・ドライブをコントロールして沈める

ってことを意識しときましょう。

 

ローボレー側が意識すべきとこ

 

ローボレー技術ってストロークと

実はほぼ変わんないです。

(もちろん若干違うとこもあるけども)

 

まっすぐな面で
まっすぐ当たれば
まっすぐ飛ぶ

ソフトテニスはこれに尽きます。

 

ローボレーの技術のコツは
調べりゃすぐに出てくるので
ここでは解説しません。

 

強いて言うなら

ストロークと同様に
足を運ぶことを意識しましょう。

 

ローボレーも
反応の早さ足の置き方が重要です。

 

手(腕の動き)だけで思い通りに
コントロールできるなら

足を動かさず腕打ちでも
問題ありません。

 

しかし、

腕打ちは威力もつけにくく
コントロールもしにくいです↓

【ソフトテニス】安定感がほしい人必見!手打ちを直して「全身で」打つために必要なものとは!?
安定感がほしい人必見!手打ちを直して「全身で」打つために必要なものとは!? こんにちは ささ です! 手打ちを直したい人や 先生に「全身で打て」と言われたけど いまいちよくわからない人は ぜひご覧ください! 「全身を...

 

また、

つなげるのか攻めるのかを
瞬時に判断する

というのも大事ですね。

 

攻めるのが難しそうなら
相手から攻められないように
気をつけながら返す。

 

攻めるときは
どこに打てば決まるのか考える。

 

見本動画の中で
僕がどういう意図で打っているのか
考えてみてください。

一応、意図を軽く喋っている動画も
置いておきます↓

 

というわけで

 

ローボレー側もストローク側と同様に

・反応の早さと足の置き方

そして、

・状況の判断

を意識しましょう!

 

ソフトテニスの本質

 

最初に

ローボレーvsストロークは 
ソフトテニスの本質をとらえている

と言いました。

 

ローボレーvsストロークって

結局、対応力勝負なんです。

 

その瞬間、その状況で、

そのボールをどのような球種で、

どのコースに返すべきか。

 

ソフトテニスは判断の連続です。

 

その判断が遅れたり
判断を間違えれば不利になるし、

判断が的確であれば有利になる。

(判断が間違っても
ゴリ押しできることもある)

 

ソフトテニスで強くなるために重要なのは

同じフォームで打ち続ける力

ではなく

状況に対応する力

ですよ!

 

同じフォームで打てるようになれば
安定する

勘違いしていた人は↓をおすすめします

【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】
【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 僕は現在ソフトテニス指導者を しているのですが、 やはりフォームで悩む人が多いと感じま...

 

また、
半面で真剣勝負ってのも良いですね。

 

相手より1球だけ多く
コートにボールを返せば
点を取れる。

これ以上もこれ以下もありません。

 

たとえ相手がローボレーを
ミスって浅くなってしまった

という場合でも

こちらが対応できなければ相手の点です。

 

ずるいもクソもない。

対応できなかった方の負けやから。

 

まとめ

 

・ローボレーvsストロークは 
ソフトテニスの本質を捉えた練習

・反応を鍛える

・常に状況を判断

 

今、地球で人間がこんなにも
繁栄してるのも

環境に対応し続けた結果ですから。

(人間は大抵の野生動物より弱いが
「考える」ことで生き残ってきた)

 

ソフトテニスも
対応できるやつが勝ちます。

 

才能がなくても強くなることは可能です。

ぜひこのブログでソフトテニスを学び、
強さを掴んでいってください。

 

ちなみに、

本気で強くなりたい人

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

ソフトテニスで強くなるための
真の基本を学べます。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント