ソフトテニスのオススメ練習。ローボレーvsストローク  前衛も後衛も同時に練習できる! 

ストローク
ソフトテニスのオススメ練習。ローボレーvsストローク  

 

ども ささです! 

 

前衛も後衛も
どっちも同時に練習できる 

 

まさか、そんな… 
夢のよーな練習があるなんて…! 

 

(^。^)茶番

 

たぶん
みなさんやったことあるし、 

 

やったことなくても 
聞いたことはあるかと思います。 

 

ローボレー VS ストローク です。 

 

みなさんご存知の
ローボレーVSストローク。 

 

実はめちゃくちゃ 
効果高い練習なんですよ。 

 

なぜなら 

ソフトテニスの本質をとらえているから。 

僕のブログは 

ソフトテニスで
「本当に」強くなる方法

というタイトルです。 

 

例えば、「素振り」のように
本質からずれた練習はオススメしません。 

(別に、素振りやると 
絶対弱くなるとまでは言いませんよ! 

 

ただ 

素振りよりも やるべきことが 
あるんじゃ? 

もし素振りするなら 
こういう意識でやった方がいい! 

という 
僕の一意見ですorz 

気になる人は↓) 

今回説明する 
ローボレーvsストローク。 

 

ただなんとなーく
やるだけになってませんか? 

 

ローボレーvsストロークね 
はいはい知ってます 

と思われた方も
ぜひ一度ご確認ください。 

 

ローボレーvsストロークってこんなの。 

 

見本動画を撮りました↓ 

 

ローボレーしてんのが
ささ です。 

 

念のため言っておきますが 

打ち方を真似するなら 
僕よりもっと上手い人を真似してくださいね 

 

ほんと何回も言うけど 

フォームやコツは 
感覚をつかむための手段です。 

 

あなたには
あなたのフォームがある↓ 

ローボレーvsストローク 
ってのは 

 

その名の通り 

ストローク打つ側と ローボレー打つ側とで
半面真剣勝負 

 というシンプルな練習です。 

 

これはあくまで僕の意見ですが 

 

後衛も前衛も関係なく 
ストロークとローボレー両方やるべきだと 
思っております。 

 

最近のソフトテニスは 

後衛も前衛もどっちもできないと!

時代が変わったんですね。 

 

後衛はストローク前衛はボレー 
という認識は古いみたい。 

(^。^)どっちも楽しいですよ 

 

僕も10年間 

「お前が前衛やるとか無理だろww」 

 と言われ続けてきましたが 

 

練習してみれば
割とできてしまうのです。 

 

てか 

センスない人ほど 
挑戦しないと未来はないぞ。 

 

普段自分が担当しない技術は 

身体能力を伸ばすのにも最適ですから。
ぜひ挑戦してください。 

 

関連する話↓ 

 

ストローク側が意識すべきとこ 

 

ローボレーvsストロークは 

 

普通の乱打と比べると 

ボールが返ってくるまでの時間が短い
ですね。

 

さて、 

ソフトテニスの駆け引きは何でしたっけ? 

 

そう。

余裕の奪い合い でしたね。 

 

ナニソレという方は↓ 

余裕(時間)がないと
そもそもミスしやすいし 

相手を攻めることも難しいわけです。 

 

余裕をつくるにはフットワーク 

 と言いたいとこですが。 

 

いや、もちろんフットワークも 
必要なんですけど 

 

やっぱ反応の早さの方が
影響でかいです。 

 

相手のショートボールが取れない 

 と悩んでる人あるある。 

 

足が遅いというより 
反応が遅い! 

 

反応を早くするにゃ
どうすりゃええかというと、

動体視力鍛える
常に予測する

この辺が解決策ではないかと。

 

動体視力の鍛え方は↓ 

予測する力について 

 

まずは

相手の打ち方で予測することから 
やってみましょう。 

相手のボールがネットを 
越える前に動き出す。 

普段の乱打や、練習試合から 
常に予測するように! 

レベル上がってくると
予測するのが当たり前。 

予測しないと物理的に間に合わないから。 

 …というわけで 

ストローク側は反応の早さを鍛える! 

ってことを意識しときましょう。 

 

あ、これも追加で。 

 

ボールを浮かすと即行でやられるので 
基本は相手の足元に沈める。 

(場合によってロブとかもありだけど) 

 

相手の足元に沈めるためにも
余裕が必要なんですよ〜。 

 

ソフトテニスのルール! 

 ネット超えてから 
コートに入れる 

打点低いとこからネットを越すには 
ボールを浮かす必要がある 

 ボール浮かしちゃうと… 

 というわけです。

 

関連する話もおいとこ↓ 

ローボレー側が意識すべきとこ 

 

ローボレーってストロークと
ほぼ変わんないですよ。 

(もちろん違うとこもあるけども) 

まっすぐな面で 
まっすぐ当たれば 
まっすぐ飛ぶ 

 以上。 

 

難しく考えない方がええと思う
(^。^) 

強いて言うなら 
足運ぶことですね。 

 

手だけで思い通りに
コントロールできるならいいですけど。 

 

まぁ、ふつーに
足運んだ方が楽ですよ。 

 

あと 

つなげるのか攻めるのかを
瞬時に判断する

 これも大事ですね。 

 

攻めるのが難しそうなら
相手から攻められないように
気をつけながら返す。 

 

攻められるときは
どこに打てば決まるのか。 

 

見本動画の中で 

僕がどういう意図でボール打ってるのか
考えてみてください。 

 

ローボレーvsストロークは… 

 

最初に 

ローボレーvsストロークは 
ソフトテニスの本質をとらえている

 と言いました。 

 

ローボレーvsストロークって 
結局、対応力勝負なんです。 

 

その瞬間、その状況でそのボールを、 

どのような球種でどのコースに返すべきか。 

 

ソフトテニスは判断の連続です。 

 

その判断が遅れたり 
判断を間違えたりすれば不利になるし、  

判断が的確であれば有利になる。 

 

ソフトテニスで 
強くなるために重要なのは 

同じフォームで打ち続けられること 
じゃなくて 

対応力があること 

 ですよ! 

 

さらに、さらに。 

 

半面で真剣勝負ってのも良いですね。 

 

相手より1球だけ多く 
コートにボールを返せば 
点を取れる。 

 

これ以上もこれ以下もない。 

 

たとえ相手がローボレーを 
深く返すつもりが浅くなってしまっても 

 

こちらが対応できなければ相手の点
ってことです。 

 

ずるいもクソもねーんだよ!!! 

 

対応できなかった方が負けだから!! 

 

まとめ 

 

・ローボレーvsストロークは 

めちゃんこいい練習 

 

・対応力。常に予測。 

 

・判断の連続 

 

さらっと流し読みしてる方も 
いらっしゃるかもしれませんが 

 

今回死ぬほど大事なこと 
言ってますんで!! 

ほんまに!! 

 

対応し続けること。 

 

今、地球で人間がこんなにも 
繁栄してるのって 

 

環境に対応し続けた結果ですから。 

 

ソフトテニス強くなりたいなら 

ソフトテニス以外をやった方が早い 

 

なんで僕がそんなこと言うのか。 

ちょびっと全貌が見えてきた

…かな? 

 

コメント