【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編

ノウハウ

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編 

 

ども ささです! 

 

今まで何となくで試合やってきたけど 

ちゃんと考えた方がいいのかなー? 

 

そんな人、ご覧ください。 

 

ソフトテニスって技術だけに 

目が行きがちじゃないですか? 

 

○○選手のストロークかっけぇ! 

 

○○選手のボレー綺麗だなぁ 

 

Youtubeとかにある動画も 

スーパープレイ集とかが 

多いですよね。 

 

技術はめっちゃ大事です 

(^。^) 

 

だけど同じくらい 

戦略とか心構えとか 

考え方が大事なんです。 

 

どっちの方が大事とか 

そういう話じゃないですよ! 

 

技術と考え方 

どっちも大事なんです! 

 

でも、発信されている情報は 

技術の情報ばっかりなんで 

 

今回は考え方の話をしときます。 

 

試合で勝つための考え方で 

「1-2理論」と呼ばれるものです。 

 

技術も考え方も揃って 

初めて本当に強くなれる! 

 

付け焼き刃じゃ意味ない! 

 

「本当に」強くなりましょう! 

 

(^。^)ブログタイトルね 

 

あくまで理論です 

 

さてそれではさっそく 

「1-2理論」の説明を… 

 

と言いたいところなんですが。 

 

肝に銘じといてほしいことが 

ありまして。 

 

「1-2理論」は 

あくまで理論だよってことです。 

 

どういうことかというと 

 

理論は勝つための手段であって 

目的じゃないってこと。 

 

ソフトテニスで 

強くなれない原因あるある! 

 

手段の目的化! 

 

( ・∇・)さっきから何言ってんの? 

 

 

一番わかりやすいのは 

フォームの話です。 

 

ストロークのフォーム。 

 

膝を曲げるとか、股関節の動きとか、 

軸の安定性とか、テイクバックの仕方とか、 

 

大事ですよ。たしかに。 

 

同じフォームで打つから 

ストロークが安定する。 

 

一見正しそうです。 

 

でも、ストロークで大事なことって 

 

思い通りにボールを 

コントロールすること 

 

これだけですよね。 

 

んで、 

試合中本当にすべてのボールを 

同じフォームで打てるのか? 

 

ってことですよ。 

 

僕は無理だと思います。 

 

トップ選手の動画とか見ても 

すべて同じフォームじゃないですし。

 

だけど 

フォームを固めよう! 

って頑張っている人が 

めちゃ多い気がします。 

 

手段が目的になっちゃてる。 

 

うーん…どうなんだろ。 

 

(僕の意見が 

100パー正しいわけじゃないよ!) 

参考記事は↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま...
 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
フォームで悩んでいる人、集合!ども ささです!ソフトテニスやってると絶対と言っていいほどぶち当たる壁がある…フォームあなたも悩んでませんか?フォームはたしかに大切です。強い人のフォームを...

話を戻して 

 

今から話す「1-2理論」も 

あくまで理論。 

 

その理論通り100パーセント 

上手くいくのかというと 

そんなわけない。 

 

イレギュラーが起きない 

試合の方が珍しいでしょう。 

 

ただ、考え方の基本として 

理論を知っていた方が 

試合中迷うことが少なくなるし 

緊張を和らげることにつながります。 

 

(その理由は今から説明いたします) 

 

とにかく手段と目的を 

ごちゃ混ぜにしないように! 

 

「1-2理論」とは 

 

前置きが長くなりましたが 

ここから「1-2理論」の説明です。 

 

自分と相手の実力が 

ほぼ互角か、相手の方が少しだけ上 

という設定でいきます。 

 

「1-2理論」というのは 

 

ゲームを取るためには 

3ポイント目までで 

カウントが1-2になってれば 

OKだよ 

 

っていう考え方です。 

(自分たちが1、相手が2) 

 

3ポイント目までで 

カウントとしてあり得るのは 

 

0-3か1-2か2-1か3-0 

(左側が自分のカウント) 

 

0-3は絶望的ですよね 

 

0-3からまくるってのも 

あり得ないことはないですが 

 

基本的には 

相手にゲームを取られてしまう 

可能性が高い。 

 

3-0とか2-1なら 

自分たちが有利なんで 

まぁいいとして 

 

注目すべきは

1-2のとき。 

 

0-3と比べるとかなり 

希望ありますよね。 

 

諦めるにはまだ早いなと 

思えますよね。 

 

0-3だとやる気なくします笑 

(実際は諦めちゃだめよ!) 

 

0-3と1-2て 

1点分しか変わらないんです。 

 

たった1点を 

相手がとるか、自分がとるかで 

ゲームを取れるかどうかに 

めちゃんこでかい差ができる 

ってわけですよ! 

 

同じ感じで「1-2理論」は 

7ゲームマッチの試合で 

勝てるかどうかにも使えます。 

 

ゲームカウント0-3と 

ゲームカウント1-2じゃ 

かなり違いませんか? 

 

ソフトテニスのゲームは4点先取 

7ゲームマッチなら4ゲーム先取 

 

このルールでゲームを取ること、 

試合で勝つことを考えると 

 

とりあえず最低限 

1-2にまで持っていけば 

(0-3にさえしなければ) 

負ける可能性を低くできるじゃん 

って寸法です。 

 

自分の首を絞めすぎな人が多い 

 

この1-2理論。 

僕は精神安定のために使っています笑 

 

僕めちゃくちゃあがり症なんですよ。 

 

おぎわらまさとさんの動画で 

試合の撮影したときも 

死ぬほど緊張しました。 

 

おかげで打つボールが 

ダサいことダサいこと笑 

 

気になる人は↓ 

でもですね。 

 

こんな 

ひょろひょろボールでも 

試合には勝ってるんです。 

 

このとき僕が考えてたのが 

「1-2理論」 

 

最悪相手に2点取られても 

オッケー。 

 

3点取られなきゃ 

相手は4点目を取れない。 

 

僕はこの考え方の 

おかげでだいぶ緊張が 

マシになりました。 

 

昔は相手に1点取られたり 

最初の1ゲーム取られるだけで 

 

「やばい!負ける!」 

 

「次ミスったらどーしよ!」 

 

って焦りまくってました。 

 

多分共感できる人 

たくさんいるんじゃないでしょうか? 

 

試合って緊張するよね 

(^。^)その気持ちマジでわかる 

 

でも冷静に考えたら 

1点取られただけじゃ 

ゲームは取られません。 

 

ゲームを取るには 

最低でも4点必要です。 

(デュースがあるからね) 

 

3点取られたらやばいけど 

2点までならなんとかなる。 

 

基本的に緊張しすぎな人は 

考え方がズレてしまっているんです。 

 

理論、とか言うと 

なんか堅苦しい感じしますが 

 

「あれ? 

よく考えたら、1点取られただけじゃ 

そんなにやばくないな…」 

 

って気づければそれでいいんじゃないでしょか? 

 

まとめ 

 

・1-2理論は 

最低限カウント1-2にしとけば 

負ける可能性が低くなる 

という考え方 

 

・理論はあくまで手段。 

 

・精神安定くらいに 

思っておけばええんとちゃいます? 

 

 

「1-2理論」はもーちょっと 

深い話が続くので 

もっと詳しく知りたいよ! 

って人はぜひ後編をご覧ください。 

 

でも、僕は正直 

前編だけで充分だと思ってます笑 

 

実際僕も試合するときは 

「1-2理論的に考えると…」 

とか細かくはやってませんから笑 

 

精神安定ですよ!

だって緊張しちゃうから!

 

2本までは取られてもオッケー♪ 

 

その考え甘いんじゃね? 

とか色々あるかもしれませんが 

 

結果的に僕は 

この甘い考え方の方が勝率上がりました。 

 

大事なのは 

正解かどうかじゃなくて 

勝てるかどうか 

 

手段と目的を混ぜない! 

 

そんな感じで、 

今回もご覧いただき 

ありがとうございました。 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!