【ソフトテニス】ストロークにドライブをかけるには? おススメの練習法も!

ストローク

ストロークにドライブをかけるには? おススメの練習法も!

 

ども ささです。 

 

ストロークが安定しない! 

そんな方へ。 

 

後衛はもちろん
前衛も最低限のストロークは
必要ですからね。 

 

ぜひご覧ください。 

 

ソフトテニスやっていれば  
一度は聞いたことあるでしょう 

「ドライブ」 

 

首に巻きつけろとか 

やんややんや言われてる
あれですよ。 

 

前回は 

首に巻きつけなくてもドライブはかかる 

という話でした↓ 

ソフトテニスのストローク。ドライブは「首に巻きつける」って実は… 
ドライブは「首に巻きつける」って実は…    ども ささです。    後衛さんは特に読むべし。  乱打が続かない人も読むべし。    今回は ストロークのドライブについて。    ドライブ...

 

今回はその「ドライブ」を
もうちょい詳しく見ていきましょう 

 

ドライブをかける目的 

 

そもそもなんで
ドライブかけるのか? 

 

ぶっちゃけると
別にドライブかけなくても
思い通りのボールが打てるなら
なんだっていいんですね。

 

スライス面だろうが
なんだろうが 

自分のイメージ通りに
コントロールできれば。 

 

ただ、基本的には 

ドライブがうまくかからない人
スライス回転になっちゃう人は
思い通りに打てていないかと。 

 

ドライブ回転の方が
思い通りに打ちやすいので
おススメだよ

ってことです。 

 

目的の確認なんかどうでもいいから
はやくコツを教えろや 

 

と思われるかもしれませんが 

 

僕がお伝えしたいのは 

「本当に」強くなる方法です。 

 

ブログのタイトルですから。 

 

何も考えずに、
闇雲に努力した先には
「本当の」強さはありません。 

 

他人から言われたことだけ 

でソフトテニス楽しいのか? 

 

冷静に。 

かつ情熱的に。 

 

強い人の特徴です。 

 

真剣にやると同時に楽しむんです。 

 

関連する話も置いときます↓ 

強くなれる人と強くなれない人の違い
強くなる人は何が違う? どうも! ささ です!   前回の記事 なぜ「ヘタクソ」は上達しない? の続きから話しますね。 ソフトテニスで強くなる人と そうでない人の違いとは!?  こんな...

 

ドライブがうまくかからない原因 

 

ドライブがうまくかからない 

もしくは 

かかりすぎてしまう人 

 

まずは面の向き 

見直してみましょう。 

 

ソフトテニスの技術の基本は
フラット面です。 

 

ドライブをかけようとして
面をかぶせる人が結構いますが 

面をかぶせたら
そりゃネットしますよ。 

 

素直にフラットに当てれば
いいんです。 

 

(若干かぶせたりはあり得ます。
人による。
) 

 

ドライブがかかるのは
面の向きじゃなくて
スイングの仕方の問題 

 

フラットに当てて
下から上のスイング。 

 

ドライブの完成です。 

 

ここで 

首に巻きつけろ! 

と言われると 

 

回転がかかりすぎる人が
ちらほら見かけられます。 

 

手首をこねたり
肘があがっちゃったり 

 

ドライブ=こする 

 

というイメージも
あまりオススメしません。 

(回転かかりすぎる人が多い) 

 

あと、よくいるのは
単純にスイングが雑な人 

 

本人が真剣にやってない 

とかじゃなくて。 

 

自分のスイングがどうなってるか 

よくわかっていない人が
たくさんいます。 

 

ここら辺の話も含めて
ドライブについてしゃべった動画が
ありますので参考程度にどうぞ↓ 

 

ドライブは自然が一番 

勝手にかかるくらいが
丁度いいとか言われてます 

 

(この辺の感覚は人による 

かけようと思った方が
うまくいく人もいれば 

かけようと思うと
回転かかりすぎる人もいる) 

 

スイングを丁寧にするには
超低速素振りがオススメです↓ 

ソフトテニス後衛必見!ストロークを安定させる「超低速素振り」とは!?
ストロークを安定させる特別な素振り    ども ささです!    突然ですが あなたはソフトテニスの練習として 素振りしてますでしょうか?    ラケットさえあれば 一人でいくらでもできるので  ...

 

さて 

前置きはこのくらいにして 

 

いい感じのドライブを
身につけるための練習法です!

ドライブ練習法① 

 

前回もちょろっと
言ったんですけども 

ローボレー 

 

これがドライブを
覚えるいい練習ですね。 

 

まっすぐ当てて
下から上に向かうスイング 

 

首に巻きつけるとかじゃなくて 

 

自分でスイングを意識して変える。 

 

自分の思い通りにコントロールする。 

 

余計な動作が入るとローボレー
うまく打てないんで 

超いい練習です。 

 

ついでに足の置き方や
身体のさばき方の練習にも
なるんで一石五鳥くらいです。 

 

まさとさんの動画に
めっちゃいいのが
あったんで置いときます。 

 

九島さんばりうまい↓ 


 

首に巻きつけてないけど
ちゃんとボール落ちてます 

 

まっすぐ当てて下から上 

 

ドライブはこれで十分かかります 

 

てか、それ以外は邪魔です。 

 

ドライブ練習法② 

 

ローボレー
スイングの感覚を掴んだら 

 

そのままの感覚残して
乱打してみましょう。 

 

首に巻きつけずに 

本当にローボレーの
距離長いバージョンみたいな 

 

最初はストレートが
やりやすいかなと。 

 

見本動画は↓

 

 

当たり前ですが 

自分が打ちやすい場所に
移動できないと打ちにくいですよ 

 

ドライブうんぬんの前に 

予測力、フットワーク 

 

一本足乱打もおススメです↓ 

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?    ども ささです!    とにかくストローク上手くなりたい!    そんなあなたに  ぴったりの練習がありますよ  (^。^)    ...

 

余裕がある人は 

一本足でローボレー風 

とか結構ええ練習になるかと。 

 

結局、感覚。自分でつかむ。 

 

ドライブについて
色々言ってきましたが 

 

やっぱり最終的には
自分で感覚をつかまないと
できるようにはならない。 

 

コツはあくまでコツ。 

 

感覚が鈍いといつまでたっても
上達のしようがないので 

 

やっぱ身体能力の向上は
優先順位高いです。 

 

悩んでいる人は
大抵身体能力が足りないだけ 

 

スタートラインに立つために
身体能力を鍛える↓ 

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

「自分で」つかまないと
試合で使えません。 

 

まとめ 

 

・ドライブは
まっすぐ当てて下から上。 

 

・面のかぶせすぎ、スイングの雑さ 

 

・ローボレーがいい練習 

 

僕も色々 

これがオススメ!  

みたいなこと言ってますが 

 

打ち方のコツはヒントでしかない。 

 

だから僕はできる限り
コツではなく 

 

コツをつかむためのコツ
みたいな 

本質に近い部分を
お伝えしたいんです。 

 

難しく考える必要はないです
(^。^) 

 

やれば伸びる 

 

ただ、 

「なぜ」やるのか?

は忘れないように 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント