【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)

サーブ

ソフトテニス サーブのコツ 基礎の基礎 

 

ども! ささです。 

 マインド編トス編に引き続き 

サーブの打ち方講座です。 

【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)
ソフトテニスのサーブ    ども ささです!    今回から数回にかけて  ソフトテニスのサーブ  の上達法を伝えていこうかと。    あ、  オーバーサーブ (上から打つやつ)ね  アンダーカットとかはまた...
【ソフトテニス】サーブのコツ!(トス編)
ソフトテニスのサーブのコツ。トス編。    ども ささです!    この記事はマインド編の続きです。  サーブの上達法を一から お伝えしてこうという感じです。    今回はトスの上げ方...

初心者の方やサーブがうまくいかない!
と悩んでいる方へ 

 

参考になれば嬉しいです(^。^) 

 

ほんで今回は 

 

サーブ打つときの
ラケットの持ち方とか打点とか 

基礎の基礎の話 

 

をしていきます。 

 

よろしくです。 

 

サーブのコツ 基礎の基礎① 持ち方 

 

サーブを打つときは 

 

イースタングリップが
おススメです。 

 

包丁持ちとか言ったりします。 

 

もしくは 

セミイースタンという 

 

ウエスタンとイースタンの中間 

が良いかと。 

 

僕はサーブ打つときセミイースタンです。 

 

ウエスタンとかイースタンとか
わからんのやけど 

という人は 

 

下のやつをご覧ください。 

 

↑これウエスタン 。
一番オーソドックス。

 ↑これイースタン包丁持ち。 

 

↑こいつがセミイースタン
ウエスタンとイースタンの真ん中。 

 

「イースタン打ちにくいんだけど…」

という人は 

 

イースタングリップでボールをつくことから
始めましょう。 

 

参考動画↓

 

ラケットに慣れることが
上達への近道です。 

 

騙されたと思ってやって! 

 

コツは
ラケットの真ん中に当て続けること 

 

そして 

力を入れすぎないこと 

 

ラケットの端っこにボールが当たるのと 

ラケットの真ん中にボールが当たるのと 

この違いを感じてください。 

 

真ん中に当たるとボールが勝手に
飛んでくれます。 

 

この 

ボールが勝手に飛んでくれる
っていう感覚がミソ。 

 

あと 

サーブだろうが
ストロークだろうが
レシーブだろうが 

 

力んで打つのは×。 

 

強いボールを打ちたいなら
力みは邪魔にしかなりませんからね! 

 

ま、なにはともあれ

まずは
イースタングリップに慣れましょう。

サーブのコツ 基礎の基礎② 打点 

 

次は打点 

ラケットとボールの当たる位置。 

 

できる限り高い位置で打つと入りやすいです。 

 

ラケットを持つ腕と耳が離れすぎると
打点が下がります。 

↓恐ろしくわかりやすい図

 

「はい!先生」 

 

優等生みたいにすっと上に伸ばしましょ 。

力まず、すっと伸ばす。

 

ちなみに 

打点低いとボールを浮かす必要があり、
ふわふわサーブしか入らない

攻められやすい 

 です

打点高く! 

 

サーブのコツ 基礎の基礎③ タイミング 

 

今回特に伝えたかったのが
これなんです! 

 

まずはこれご覧ください↓ 

上の動画は

  • 下から 
  • 上から (ただボールを押してるだけ) 
  • 上から (回転かけたサーブ) 

と3本サーブを打ってます。 

 

(次回3本目みたいな
サーブの打ち方解説です) 

 

 

 

打ち方とか 

打点の高さとか 

 

ではなく 

 

どのタイミングで力を入れているか
だけ注目してみてください。 

 

打つ瞬間だけ 

ぽん。 

打つ瞬間だけ 

ぽん。 

打つ瞬間だけ 

ぽん。 

 

これがとっても大事なんです。 

 

動画見ていただければ
わかるかと思うのですが 

 

僕はほぼ力を入れていません。

 

力を入れるタイミングだけ
気をつけて打ってます。 

 

まっすぐラケットを当て
打ちたい方向にまっすぐ振る 

 

そして 

 

打つ瞬間だけタイミングを合わせて
力をいれる 

 

実は 

これだけでもサーブ打てるんです。 

 

もちろん
もっと鋭いサーブを打つには

ボールに回転かけたり
なんかこうか必要ですが 

もし 

サーブが本当に
下手すぎて困ってます! 

 という人いましたら 

 

とにかく 

 

まっすぐ振る 

タイミングよく力を入れる 

 

これだけやってみてください。 

 

この 

力を入れるタイミングを掴むと 

一気にサーブが上達するかもです! 

 

まとめ 

 

今回はサーブの基礎の基礎
みたいな話でした。

 

1. イースタンに慣れる 

ラケットの真ん中で 

ボールをつく練習おススメ 

 

2. 打点は高く 

腕と耳を離しすぎない 

 

3. 力を入れるタイミング 

困ったらこれだけ集中 

 

 

特に 

力を入れるタイミングは 

 

ストロークとか 

スマッシュとか 

ボレーとか 

 

ボールを打つ技術
全てとつながっているので 

 

意識してみてくださいね 

(^。^) 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)ソフトテニスのサーブ  ども ささです!  今回から数回にかけて ソフトテニスのサーブ  その上達法を 伝えていこうかと。  あ、 オーバーサーブ (上から打つやつ)ね  アンダーカットとかは また今…sasasft.net2019.01.06 【ソフトテニス】サーブのコツ!(トス編)ソフトテニスのサーブのコツ。トス編。ども ささです!この記事は前回の続きです。サーブの上達法を一からお伝えしてこうという感じです。今回はトスの上げ方のコツ一応前回の復習ですが思い通り…sasasft.net2019.01.06 【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)ソフトテニスサーブのコ… […]

  2. […] […]

  3. ラッピー より:

    さささんこんにちは。息子が中学のソフトテニス部に入部しましたのでこちらのサイトを拝見させていただきました。自分は硬式のみのキャリアの為に指導方法など硬式との違いを知りたく参考にさせていただきました。重箱の隅をつつくようで大変申し訳なく思ったのですが、グリップの解説が間違っておりますのでお知らせいたします。
    包丁グリップは、イースタンではなくコンチネンタルです。イースタンは、ラケットフェイス面に手のひらを合わせてそのままグリップ方向へ握る方法です(硬式ではフォアイースタン)。現在硬式のフォアハンドは、軟式と同じウエスタンまたは、イースタンとウエスタンの中間のセミウエスタンが主流ですが、サービスのグリップはコンチネンタルが主です。解説が初心者に解りやすく非常に参考になりました。基本は硬式も軟式も何も変わりないと認識できました。これからも宜しくお願い致します。

    • ささ ささ より:

      ラッピー様。コメント誠にありがとうございます。
       ご指摘の通り、包丁グリップ=コンチネンタルグリップであると、私自身も認識しております。
      ただ、ソフトテニス界隈では、コンチネンタルグリップのことをイースタングリップと呼ぶ傾向があるため、イースタングリップと表記させていただきました。
      このようなややこしいことを進んで行ったのは、私が提供したいと考えているものが「ソフトテニスに特化した情報」だからです。
       どうしても、硬式テニスありきのソフトテニス、という評価が一般的。僕個人は、硬式テニスもソフトテニスも、どちらも最高のスポーツだと思うのですが…。
      おっしゃる通り、硬式テニスとソフトテニスとで共通する部分は非常に多いですよね。本質は同じなのですが、実はサッカーと野球くらい別スポーツという側面も
      あって、この違和感が心地いいなと感じています。
       このサイトの情報が参考になりましたのなら、幸いです。ラッピー様とお子様のテニスライフが、今後も素晴らしいものになることを願っております。
      ささ