【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえといてほしい3つのポイント

ストローク

【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえとけ

 

ども ささです! 

 

今回はストロークのコツを
解説していきます。 

 

一言にコツといっても 

 

言おうと思えば、いくつでも
コツみたいのは出てくるんですよ〜。

(^q^)無限に語れる 

 

でも 

そのコツ全部を実践しよう
ってのは無理です。 

 

人間一度に
そんなにたくさんのことできません! 

 

ていうか

例えば 

手首を90度に曲げろ 

言われて 

 

ほんとにぴったり
90度にできる人なんかいないし 

 

ぶっちゃけ 

手首の角度とか人によってバラバラ。

これが正解なんてものないんです。 

 

だから 

いまからお教えするコツも
あくまでコツ。

とりあえず3つ
代表的なものをお伝えしますが、
これが答えではありませんからね!

ほんとはコツよりも
もっと大事な話があるので

本当に強くなりたい人は
この記事読んだ後でもいいので

↓の記事読んでください!

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

 

右利きフォアの話です! 

 

左利きの人は左右逆にして!
(^q^)毎度ゴメン

 

ストロークのコツ① ムチのイメージ 

 

まずは腕の動き。 

動画↓ 

 

イメージはムチ。 

 

グリップエンド
(グリップの下緑のとこ)が

長い時間見えてるでしょ? 

 

肘から先に動くとか 

ラケットの先端が遅れて出てくるとか 

 

人によりイメージしやすい表現が
違うみたい。 

 

力を入れず滑らかに 

でも力抜きすぎも× 

 

えーそんな言い方じゃ
わかんないよ(怒)  

と思われるかもですが 

 

この「感覚」ばっかりは

実際やってみて体験しないと
覚えられない! 

 

イメージしましょう。 

 

野球選手の投球とか見ると
イメージしやすいかも。 

 

あと 

自分の姿を動画に撮る! 

確認する!

それの繰り返し! 

 

この動きができれば
腕力なくても強いボール打てますよ。 

 

てか 

 

この動きじゃないと 

強いボール打つのむずいです。 

 

ストロークのコツ② 軸の移動 

 

次は軸の移動。

例によって動画です↓ 

 

頭の位置が
右足の上から左足の上に移動してます。

(左利きは逆)

 

軸というのは 

頭と足を結んだ線だと思ってください。 

 

 

これがいわゆる
体重移動ってやつ。 

 

よくいるのが 

 

頭の位置が右足と左足の真ん中から
ほとんど動かない人。

 

 

いくら地面を蹴っても 

軸が移動してなきゃ
体重移動してないのと同じ! 

 

体重移動じゃなくて軸移動!
(軸が移動していれば体重は移動してる)

軸移動を覚えると
身体全身の力を使えるようになる!

強い人が力を入れなくても
強いボール打てるのは

軸移動して身体全体の力を
ボールに伝えているから!

 

ストロークのコツ③ へその向き 

 

最後はへその向き。

またまた動画↓ 

ヘソの向きが変わるように! 

 

(正確には股関節を動かすんだけど
ヘソの向きの方がわかりやすいので)

 

ヘソの向き変えるのも
身体全身の力を使うため。 

 

あるあるは 

ヘソの向きがほとんど変わらず
ヘソより上だけが回転する

って打ち方。

 

ヘソより上だけしか回転してない
ってことは、腕の力しか使えてないよ! 

 

勿体ない! 

 

コツ①の腕の動きと
コツ②の軸移動を
上手いこと繋げる役目が

コツ③ヘソの向き! 

 

人間の動きは全て繋がっている。 

 

ぎこちないカクカクした打ち方は 

どっかがうまく繋がってない
ってことね。 

 

あ、でも 

カクカクした打ち方でも
思い通りに打てれば問題ないですけどね 

 

(^。^)優先順位を忘れるな!

優先順位について
もっと詳しく知りたい人は↓

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方 ども ささです。    僕はいつでも本気で  ソフトテニスで強くなるために 必要なことだけ発信する と 心に決めているのですが    今...
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?    ども ささです!    フォームいらないとか  ありえなくね?    という方はご覧ください。    前々からちょくちょく  僕が言って...

まとめ 

 

ストロークのコツは 

 

1.腕の動きは 

ムチのイメージ! 

 

2.軸移動 

打つ前と後でチェック! 

 

3.ヘソの向き
(骨盤動かす) 

 

練習するときは
自分の姿を動画にとる!

見た目が全てじゃないけど 

 

滑らかな動きは 

力の伝え方が上手い

ってことだから 

 

フォーム綺麗な人って
やっぱいいボール打ちます 

 

勝てるかどうかはまた別の話だけど 

 

一応ストロークのコツを紹介した
僕の動画を貼っときます。
 

おぎわらまさとさんのインターン
で撮影したやつです↓

 

腕がポッキーの僕でも
これくらいの威力は打てます

 

あなたなら
もっと強いボールが打てるはず!  

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] ストロークの3つのコツが […]

  2. […] ストロークの基礎をご覧ください。 […]

  3. […] ストロークで大切な3つのポイント  […]

  4. […] ストロークの3つのコツや  […]

  5. […] […]

  6. […] […]