試合で風が吹いているときの考え方 

ノウハウ

試合で風が吹いているときの考え方 

 

ども ささです! 

 

ソフトテニスは 

風が吹いていても 

雨が降っていても 

試合行われますよね 

(^。^) 

 

よほど土砂降りなら 

中止になるけど 

割と強行突破しますね。 

 

風が吹いている 

雨が降っているって状況は 

いつも通りじゃないわけで。 

 

いつも通りじゃないってことは 

工夫が必要ってわけで。 

 

そんなわけで今回は 

風が吹いているときの 

試合の考え方について 

お伝えいたします。 

 

では行きましょう! 

 

ソフトテニスは対応力 

 

風の話する前に超大前提として

知っておいてほしいことが。

 

何回も同じこと言います。

マジで大事なんで。 

 

冒頭で話した通りですが 

 

いつもと違うのであれば 

何かしら工夫しないと 

いかんわけです。 

 

てか 

 

ソフトテニスは 

「いつも通り」って方が 

珍しいんじゃないですかね? 

 

普段練習するコートと
大会会場のコートが違ったり 

天候が違ったり 

観客がいる、いない、 

 

とかもそうですが 

 

普段の練習にしたって 

 

例えばテスト期間空けで 

ラケット握ったりとか 

 

筋トレして筋肉痛だとか 

 

色々状況は変わります。 

 

もっと言えば、 

 

1つの練習の中でも 

1球1球全部少しずつ違いますよね。 

 

必ず数センチはズレるし、 

ボールのスピードも回転数も 

細かく見れば違うはずです。 

 

ソフトテニスにおいて 

同じボールは二度と来ません。 

(似たボールはたくさんあるけど) 

 

人間の身体は今この瞬間も 

変わり続けています。 

 

だから、  

ソフトテニスで勝つために 

必要な力は 

 

いつも同じ打ち方で打つ力 

ではなくて 

 

変わり続ける状況に 

対応できる力。 

 

対応力です。 

 

フォームがばらばらだろうが 

グリップがばらばらだろうが 

そんなのどうでもいいんです。 

 

思い通りに打てさえすれば。 

 

むしろ、 

常に状況は変わり続けるんだから 

 

いつも同じフォーム、 

いつも同じグリップ、 

の方が逆に難しいんじゃ? 

 

↓関連記事置いときます 

ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?
ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?    ども ささです!    フォームいらないとか  ありえなくね?    という方はご覧ください。    前々からちょくちょく  僕が言って...

 

 

状況に対応できた方が勝つ 

ってのが、ソフトテニスの 

大前提です。 

 

前置き長くなっちゃいましたが 

こっから風の話です! 

 

風上と風下 

 

自分側から相手側に向かって 

風が吹く(追い風)ときは 

 

風上ってことです。 

 

相手側から自分側に向かって 

風が吹く(向かい風)ときは 

 

風下ってことです。 

 

風上から打つときは 

 

当然いつもよりも 

ボールが伸びやすい 。

 

また、相手のボールは 

短くなりやすい。 

 

風下から打つときは 

逆ですね。 

 

いつもよりも 

ボールが短くなりやすく 

 

相手のボールは 

長くやりやすい。 

 

そんなん知っとるわと 

思われるかもしれませんが 

一応確認しときました。 

 

では、 

風上と風下 

どっちが有利でしょうか? 

 

…色々な考えがありますが 

 

僕の考えを出しときます。 

参考程度にお聞きください。 

 

風上と風下。有利なのは… 

 

最初に結論を。 

 

風上と風下 

ソフトテニスにおいて有利なのは… 

 

風下です。 

 

ソフトテニスはルール上 

ネットを越して相手コートに 

ボールを入れる必要があります。 

 

勝つために意識すべき 

3つのルールの1つです↓ 

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    ども ささです!    「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強くなりたい人は...

 

 

さて、ここで。 

 

風上から打点を落として打つと 

どうなるでしょうか? 

 

ネットを越さなきゃいけないので 

上に向かって打つことになります。 

 

上に向かって強打するのは 

ただでさえアウトしやすいのに、 

 

さらに追い風が吹いていて、 

ボールが伸びやすい… 

 

風上はいつにも増して 

高い打点で打つことが 

大切になってくるわけです。 

 

しかも、

 

風上からは 

ロブ打つの難しい! 

 

もちろん 

不可能ではありませんが 

 

風下からのロブに比べると 

技術的に難しいです。 

 

(風下からロブは 

めちゃくちゃ打ちやすい) 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い。 

 

風上から打つ場合は 

 

高い打点で打つ重要性が増すし 

(時間の余裕が奪われる

 

ロブという選択をしづらい 

(選択の余裕が奪われる

 

一方、風下は 

 

向かい風なので 

バンバン気にせず 

振り切っちゃってOK 

 

ロブも打ちやすい。 

 

ラリーが続けば続くほど 

風上は不利ということです。 

 

風上、風下のセオリー 

 

風上はラリーしたくない。 

風下はラリーした方が有利。 

 

てなわけで 

 

風上は短期戦、風下は長期戦 

ってのが基本の考え方になります。 

 

セオリーとしては 

 

風下のゲームは基本的に取れるから 

風上のゲームをどう取るか? 

 

がカギになる。 

 

とりあえず例を一つだけ 

あげときますね。 

 

実力が互角の 

AペアとBペアの対決です。 

 

7ゲームマッチで 

ゲームカウント1-2 

ポイントカウント2-3 

(左がA、右がB) 

 

Aが風下でサーブ 

Bが風上でレシーブ 

 

ファーストがフォルトして 

セカンドになりました。 

 

ここでBの前衛が 

レシーブでサイドパス! 

 

見事に成功して 

その後無事に1-4で勝利! 

 

…さて、 

このBの前衛のプレー 

超絶ナイスなんですが 

なぜだかわかりますでしょうか? 

 

Bは今、風上でした。 

しかも、相手と実力は互角。 

 

ラリーをあまり続けたくない。 

 

しかも 

 

ゲームカウント1-2の 

ポイント2-3。 

 

この1点が取れればゲームが締まり、 

ゲームカウント1-3で風下になれます。 

超有利です。 

 

ところが

この1点を失ったとすると 

デュースになってしまいます。 

 

今、風上なのでゲームが長引くと 

不利です。最悪ゲームを取られます。 

 

その場合ゲームカウント2-2。 

 

仮に次のゲームを取っても2-3で 

相手が風下になりますから 

 

ファイナルゲームにもつれ込む 

可能性が高くなる…。 

 

どうでしょうか? 

 

つまり、

この1本が決まるかどうかで 

この試合の勝敗がかなり

大きく左右されたんです 

 

(もちろん、このポイントに 

至るまでの過程も大切だよ!) 

 

試合終了後、振り返ってみると 

 

「Bの前衛のレシーブサイドパスが 

勝利の要因だった!」 

 

となるわけです。 

 

試合の考え方について 

もっと詳しく知りたい人は↓ 

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編    ども ささです!    今まで何となくで試合やってきたけど  ちゃんと考えた方がいいのかなー?    そんな人、ご覧ください。    ...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編    ども ささです!    ソフトテニスの試合  もっと勝てるようになりたい!    そんなあなたに。    今回の話は  前...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α    ども ささです!    ソフトテニスの試合って  どう考えればいいの?    そんな方必見。    前々回と前回までで  ...

 

まとめ 

 

・風が吹いても、雨が降っても 

ソフトテニスは変わらない 

 

・風上と風下なら 

ルール上風上が不利 

(風下が有利)

 

・風上のゲームをどうとるか? 

 

今回は 

風が吹いてるときの 

試合の考え方(心構え) 

について説明しました。 

 

もちろん 

今回お伝えした話は 

 

対応力が

ある程度あることが前提です。 

 

対応力足りてないな… 

と感じる方は↓を 

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

駆け引きは技術を助けるし 

技術は駆け引きを助けます。 

 

ソフトテニスのいいところです。 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント