【ソフトテニス】カットサーブのコツ(ファースト用)をわかりやすく教えます!

サーブ

【ソフトテニス】カットサーブのコツ(ファースト用)をわかりやすく教えます!

 

 

こんばんは、ささです(^o^)

 

カットサーブでサービスエース!

できたらかっこいいですよね。

 

今回はファーストで使うカットサーブの
コツをお教えいたします!

 

普段カットサーブ使わないという人も
遊びでいいのでカットサーブを練習
しておくのがおすすめです。

 

動画でポイントを確認

 

まずは動画をご覧ください

 

それではひとつずつ確認していきましょう!

 

回転数がポイント

 

跳ねない(上ではなく横に跳ねる)カットサーブの秘密は「回転数」です。

 

回転数が多ければ多いほど
バウンドしたときの変化が大きくなります。

(これはイメージしやすいですよね。)

 

というわけで、

第一目標は回転数を上げること。

 

そして、その次の段階として

安定して回転をかけられるように目指す

というのがおすすめ。

 

入る、入らないは一旦置いておいて、

ひとまずボールに回転をかける感覚を
覚えていきましょう!

(最初から上手くいくわきゃないのよ。
楽しみましょう!)

 

お次は

どうすれば回転数を上げられるのか

確認していきます。

 

回転数を上げるコツ①接地時間を増やす

 

動画にて

ラケットの面でボールの引っかかり
感じてみましょう

という話をしました。

 

ラケット面の上をボールが長い時間転がれば
ボールが面に引っかかって

その結果、回転数が上がりやすくなる

ってことです。

 

まぁ、長い時間なんていっても
実際には0.1秒ないくらい一瞬なので
人間には感知できません。

 

だから、

ラケット面の「長い線上」
ボールを転がす

という意識でやってみるわけです。

 

試しに「長い線上」で転がす意識で
やってみてください。

 

もし、うまくいかないのであれば

回転数を上げるコツ②を試してみましょう!

 

回転数を上げるコツ②スイングスピードを上げる

 

ボールの表面を引っかけるとき、

スイングスピードが速ければその分

回転数は上がります。

 

こまを回すときに

ゆっくり紐を引くのと速く紐を引くのと

どっちがこまの回転数が上がるか

ってのと同じような感じです。

(イメージが伝わりゃ何でもいいです)

 

コツは

スイングを「止める」意識

ですね。

 

動画をみていただけたら
「止める」感じがわかりやすいかと。

 

一応注意点としては

ボールを打つのではなく、
ボールの表面をなぞる

ていう「イメージ」です。

 

切るとか、転がすとか

色んな表現がありますが、

 

何にせよ野球みたいにボールを
打つわけじゃないってことですね。

 

さて、回転数を上げるコツを2

お伝えしていきましたが、

 

「コツはわかったけど
なかなか上手くできないよ

という人、いるかと。

 

僕もセンスない側の人間だったので
その気持ちめっちゃわかります。

 

そんな方はぜひ次の文章へ

 

色々コツはあるけれど…

 

回転数を上げるとか

グリップをどうするとか

力加減がどうとか

 

色々なコツを聞いても上手くできない!

という人はですね、

 

打ち方のコツ以前の問題として
まずは身体能力を高めましょう。

 

なんだかんだソフトテニスはスポーツです。

 

センス抜群までいく必要はないですが、
ある程度基礎の身体能力がないと
そもそもコツを実践できません。

 

ぶっちゃけ

「上手く打てません!」

という人の90%は単に身体能力が
足りないだけです。

(マジで)

 

しかし、ほとんどの人は
打ち方のコツばかり追い求めるので

 

まぁそりゃ上手くはならんよね。

 

何を隠そう、僕自身が大失敗しました。

 

身体能力が足りないのに10年間
打ち方のコツばかり研究し続けて、

その結果ショート乱打すらできない

っていう。

 

身体能力(センス)鍛えるのなんて
簡単ですよ。

(楽ちんではないけど、確実に身につく)

 

どんな身体能力を鍛えればいいのか?

どんな鍛え方をすればいいのか?

という話はの記事で紹介しています

 【ソフトテニス】フォームで悩んでる人、集合!ーー対応力をつける方法ーー
 フォームで悩んでいる人、集合!    ども ささです!    ソフトテニスやってると 絶対と言っていいほど ぶち当たる壁がある…   フォーム です。   あなたも悩んでませんか?  ...

 

今、「本当に」自分に足りないものは
何なのか

冷静に見極めていきましょう!

 

まとめ

 

カットサーブの肝は「回転数」

接地時間を長くする
もしくはスイングスピードを上げる

そもそも身体能力が足りないだけかも?

 

僕は生まれつきのセンスなんか
これっぽっちもありませんでしたが、

そんな僕でもカットサーブは
できるようになります。

 

ただ、それは
闇雲に努力を重ねたというわけじゃなくて

 

「本当に」自分に必要なものは何か?

をしっかり見極めたからです。

 

どうすれば「本当に」自分に必要なものを
見極められるのか

という話はこの記事の最後で紹介する
無料企画でしています。

 

興味がある方は覗いてみてください!

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]