【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   

ノウハウ

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール 

 

ども ささです! 

 

「ソフトテニスのルールとか 

もう知ってるし!」 

 

…それはどうかな? 

(^。^) 

 

という話です。 

 

強くなりたい人は 

絶対に読むべきです。 

 

今回は 

ソフトテニスのルールがテーマ。 

 

みんなが知っているけども 

実は意識できていない 

3つのルールをお伝えします。 

 

本当に当たり前すぎるので 

みんなが知っています。 

 

知っているんだけども 

 

実際にソフトテニスするときには 

意識から外れがちなんです。 

 

あなたは大丈夫でしょうか? 

確認してみましょう! 

 

忘れがちなルール① ネットを越せ! 

 

ソフトテニスは 

ネットを越して 

コートにボールを入れる 

スポーツです。 

(ポール回しは別) 

 

いや当たり前じゃん。 

 

ほんと当たり前ですよね笑 

 

でも、ネット越すことって 

めっちゃ重要なんです。

あなたが思っている

5億倍くらい大事です。 

 

ソフトテニスのミスは 

大体ネットミスかアウトミス。 

(たまにネットタッチとか) 

 

さて、それではここで 

質問です。 

 

ネットミスとアウトミス。 

 

一体どっちの方が 

よりしてはいけないミスでしょうか? 

 

ヒントは損小利大です。 

(損小利大?って人は↓) 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!ども ささです。ポジションがよーわからんっていう前衛さん必見です!ボレーやスマッシュの技術ももちろん大切だけどポジションも超超超大事。実はボレーがそこまで上手くなくてもス...

…どうでしょうか? 

 

よりしてはいけないミスは 

ネットミスです。 

 

ソフトテニスのルール 

 思い出してみましょう。

ネットを越して 

コートにボールを入れる! 

 

ネットを越せば 

 

相手前衛がボレーミスしたり 

相手がノーバンで返してくれたり 

審判が誤審したり… 

 

失点せずに済む可能性があります。 

 

一方、ネットミスは… 

即失点です。 

 

ネットミスばかりする人と 

アウトミスばかりする人とでは 

 

アウトミスばかりの人の方が 

まだ勝てる可能性があるってことです。 

 

(もちろんミスばっかじゃ 

勝てないけど…) 

 

ソフトテニスで強くなりたいなら 

ネットミスを減らす! 

 

これ本当に重要です。 

 

普段のストローク練習、 

ネットしてませんか? 

 

ネットしてるわ〜って人は 

アウトしまくってもいいんで 

ネットミスを0にしましょう。 

 

ガチでおススメです。 

 

ネットの上を狙ってください。 

アウトしていいから! 

 

忘れがちなルール② ミスると相手の点 

 

ソフトテニスは 

自分がミスると 

相手の点になる 

というスポーツです。 

 

いやだから 

当たり前じゃん。 

 

当たり前なんですけど 

本当に大事なんです! 

 

攻撃は最大の防御 

という言葉があります。 

 

これソフトテニスにも 

言えることです。 

 

攻めたもん勝ちみたいなとこ 

ありますよ。実際(^。^) 

 

でもね 

 

実は 

ソフトテニスではこの逆も 

成り立つんです! 

 

ミスらない技術は 

それだけでも十分武器! 

 

なぜならソフトテニスでは 

 

ミスらない=自分の点 

 

だからです。 

 

失点しないことが 

そのまま得点につながるんです。 

 

(^。^)おトク! 

 

(もちろんレベルが上がってくれば 

相手もミスらないわけですから 

 

そのときは色々駆け引きが 

必要になってきます。 

 

この駆け引きが最高に面白い。 

ソフトテニスはマジで熱い。) 

 

せっかくなんで 

もーちょい話を深めましょう。 

 

ソフトテニスの1点は 

1点じゃない 

って話です。 

 

( ・∇・)ドユコト? 

 

ソフトテニスは 

1つのプレーに対して 

得点するか、失点するかの 

どちらかしかありません。 

 

今のラリーお互い良かったから 

引き分け!どっちも+1点! 

とかない(^q^) 

 

自分が得点したときは+1点 

相手が得点したときは-1点。 

その差は2点です。 

 

ソフトテニスの1点は 

1点じゃない! 

 

…え? あんまピンとこない? 

 

それでは1-2理論の話 

覚えてますでしょうか? 

 

忘れた、もしくは 

そもそも1-2理論とか知らんわ 

という人は↓ 

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編  ども ささです!  今まで何となくで試合やってきたけど ちゃんと考えた方がいいのかなー?  そんな人、ご覧ください。  ソフトテニスって技術だけに ...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編  ども ささです!  ソフトテニスの試合 もっと勝てるようになりたい!  そんなあなたに。  今回の話は 前回お伝えした 1-2理論の続きとな...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+αども ささです!ソフトテニスの試合ってどう考えればいいの?そんな方必見。前々回と前回までで「1-2理論」という考え方についてお伝えしてきましたが...

ポイントカウントが1-2のとき 

4ポイント目を取れれば2-2 

4ポイント目を失うと1-3です。 

 

たった1点の差ですが 

2-2と1-3だと 

めちゃくちゃ違いませんか? 

 

4ポイント目は特に 

他のポイントに比べて 

価値が高いってことですね! 

 

もし4ポイント目に 

簡単なミスをしてしまうと… 

 

(^。^)ミスらないって大事 

 

忘れがちなルール③ ボールを打つ 

 

ソフトテニスは 

ラケットでボールを打つ 

スポーツです。 

 

スーパー当たり前ですよね。 

 

さすがにこのルールは 

忘れねぇよ! 

って思いますよね。 

 

でも実は 

このルール忘れがちなんですよ! 

 

試合中を思い出してみてください 

 

サーブを打つとき 

ボレーをするとき 

ストロークを打つとき 

 

まぁとにかく 

ボールを打つとき 

というかボールを打つ前 

何を考えていますか 

 

ミスるんじゃねぇかな… 

とか考えちゃいますか? 

 

この1点がほしい! 

みたいに一生懸命ですか? 

 

色々あるかと思います。 

 

みんな勝ちたいから、 

色んなことを意識しています。 

 

でも、思い出してください。 

 

ソフトテニスは 

ラケットでボールを打つ 

スポーツです。 

 

もちろん戦略とか 

駆け引きとかありますよ。 

 

あるんですけど 

 

結局その駆け引きも 

ボールを打たなきゃ 

始まらないんですよ。 

 

すごい当たり前なことなのに 

 

ボールを打つとき 

「ボールを打つこと」じゃなくて 

別のこと考えちゃうんです。 

 

勝ちたいとか、負けたくないとか。 

フォームのこととか。 

 

練習ではできるのに 

試合ではできない原因は 

ただ一つ。 

 

「ボールを打つこと」に 

集中していないからです。 

 

集中しているようで 

実は別のことに意識が 

いってしまってるんです。 

 

集中力については 

以下の記事にもまとめてありますので 

もし興味がありましたら↓ 

ソフトテニスが強くなる講座④「集中力」
ソフトテニスが強くなる講座④ 「集中力」ども ささです!ソフトテニスが強くなる講座第四弾。ソフトテニス強くなりたい人の必修科目!強くなりたい人は読んで!ちなみに前回はイライラの正体というテー...

 

まとめ 

 

ソフトテニスで 

実は忘れがちな大切なルール 

 

・ネットを超すこと! 

 

・得点と失点は表裏一体! 

 

・「ボールを打つ」! 

 

 

特に3つ目のボールを打つってのは 

一生懸命ソフトテニスやってる人ほど 

忘れがちです。 

 

色々駆け引きがどうこうとか 

言っとりますが 

 

結局ソフトテニスは 

ボールを打つスポーツなんです。 

 

矛盾しているようだけど 

 

強い人は 

ボールを打つことと 

駆け引きすることを 

両立させているんですね。 

 

この矛盾ってのが 

ソフトテニスでは 

本当によく出てくる… 

 

長くなりそうなんで 

また別の機会に笑 

 

ソフトテニスは 

マジで奥が深い! 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!