【ソフトテニス】3種類のテイクバックとそれぞれの利点【ストロークのコツ】

ストローク

【ソフトテニス】3種類のテイクバックとそれぞれの利点【ストロークのコツ】

 

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

3種類のテイクバック

を紹介していきます。

 

・ストロークのテイクバックをどうしたらよいか迷っている

・ストロークを指導するときに何を大事にすべきか学びたい

・本気で強くなりたい

という方向けの記事です。

 

ちなみにストロークのコツについては
以下の記事でも解説しています。

多くの人が見逃しがちなポイント
押さえているので参考にしてください。

 

【重要】ストロークをミスする原因

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

「全身で」打つとはどういう意味か?

【ソフトテニス】安定感がほしい人必見!手打ちを直して「全身で」打つために必要なものとは!?
安定感がほしい人必見!手打ちを直して「全身で」打つために必要なものとは!? こんにちは ささ です! 手打ちを直したい人や 先生に「全身で打て」と言われたけど いまいちよくわからない人は ぜひご覧ください! 「全身を...

 

なぜドライブは首に巻きつける?

【ソフトテニス】うまくドライブがかからないのは「首に巻きつける」から⁉︎【強くなるコツ】
【ソフトテニス】うまくドライブがかからないのは「首に巻きつける」から⁉︎【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は ストロークのドライブについて。 ドライブ...

 

まずは動画で確認

 

まずは1分ほどの動画で
ポイントを押さえましょう!

ここからは動画の内容をもとに
さらに詳しく解説していきます。

 

テイクバック3種類を紹介

 

先に代表例として3種類のテイクバックを
紹介します。

(本当に重要な話はその後お伝えします。

本気で強くなりたい人はぜひ最後まで
ご覧ください。)

テイクバック①上に引く

 

ラケットを高く上に掲げるように引く
テイクバック。

ボールとラケットの距離が離れるので
威力がつけやすいですね。

 

試合になるとビビってしまって
ラケットが振れなくなってしまう

って人は

こんな感じで大きく構えることを意識すると
ラケットを振りやすくなるので
おすすめです。

 

「ラケットを振ろう!」と思うだけで
振れるなら問題ありません。

 

ただ、

振ろうと思ってもなかなか振れない

ということもありますよね。

(僕はそうでした笑)

 

振ること自体ではなく

大きく構えることを意識すると
自然とラケットを振りやすくなる
(物理的に振らざるを得ない)

という寸法です。

 

補足

「リラックスしろ」と
言われるだけですぐ落ち着けるか

って話と似ていますね。

 

指導者の方はぜひ

自分が普段教え子に
どんな言葉をかけているか

意識してみてください。

テイクバック②横に引く

 

まっすぐ横に引くイメージのテイクバック。

まっすぐ引いたら、そのまま引いた軌道を沿うようにまっすぐスイングする。

 

まっすぐ安定したシュートを打ちやすい

と考えられます。

 

ただし、

まっすぐ横に引いてそのまま
まっすぐ横に(前に)打つ

とは言っても

ネットを越える軌道(若干上)にする

ことは忘れないように。

 

ネットを越えなきゃいけない

なんて当たり前のことなんですけど

頭で理解していることと
技術が身についていること
全く別です。

 

当たり前のことと真剣に向き合えるか

強さの鍵だったりします。

 

(普通の人は

「当たり前だ」(自分はできている)

と考えたらさらに深く学ぼうとしない)

 

深く学んで周りと差をつけたい

という人は以下の記事をどうぞ。

 

強くなるために意識すべきルール

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    こんにちは、ささです(^o^)   「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強く...

 

テイクバック③下に引く

 

低く下にテイクバック。

 

低い打点に対応しやすくなりますね。

 

浅いボールを拾うとき
下に引くテイクバックが便利です。

 

浅いボールへの対処法については
以下の記事で解説しています

【ソフトテニス】浅いボールを安定して返すコツ(ショートボール対策)【強くなるコツ】
【ソフトテニス】浅いボールを安定して返すコツ(ショートボール対策)【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 浅いボールを安定して返すコツ を解説していきます。 ・相手に打たれたショートボールを うまく...

 

また、下に引くテイクバックは
「縦面」を身につけるときにも
役立ちます。

 

・そもそも「縦面」ってなに?

・「縦面」の身につけ方を学びたい

という方は以下の記事がおすすめです。

 

安定したストロークに必要な「縦面」

【ソフトテニス】強くなるための技術。ストロークに抜群の安定性を。「縦面ロブ」とは? 
強くなるための技術。ストロークに抜群の安定性を。「縦面ロブ」とは?    こんにちは、ささです(^O^)    今回は  ストロークミスをがっつり減らす技術  「縦面」について。    もちろん前...

 

【重要】テイクバックに答えはない

 

さて、3種類のテイクバックを
紹介していきました。

 

当たり前ですが、

テイクバックには他にも色んな要素が
考えられます。

 

例えば、

面の向き手首の角度などもあるし、
テイクバックするタイミングなども
考えられますよね。

 

テイクバック(打ち方)
答えなど
存在しません。

 

ソフトテニスって

同じフォームで打てば安定する

(同じフォームで打てるように
足を動かすことが大事)

という考え方が広まっちゃっているん
ですけど

実はこの考え方はかなりズレています。

(ソフトテニスの本質を捉えていない)

 

今回お伝えした3種類のテイクバックの情報も役には立ちますが

本当に大切なのは情報自体ではなく

ここで得た情報を上手く活用すること

です。

 

成長しやすい

学んだ情報をもとに
自分に合うものを自分で探す

という意識を持っています。

 

逆に成長しにくい

とにかく答えを教えてほしい
(自分で考える気がない)

という依存した意識です。

 

単純ですが、

強い人の意識を学んで真似すれば
成長しやすくなります。

 

強い人の考え方を学びたい

という方は以下の記事を
参考にしてください。

 

強い人が意識してる3つのこと

【ソフトテニス】強い人が意識してる3つのこと【強くなるコツ】
【ソフトテニス】強い人が意識してる3つのこと【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 強い人が意識していること を紹介していきます。 ・本気で強くなりたい ・強い人が一体何を考えているのか知りたい...

 

【重要】フォームに関する勘違い3

【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】
【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 僕は現在ソフトテニス指導者を しているのですが、 やはりフォームで悩む人が多いと感じま...

 

大切なのは「考える力」

 

・上、横、下
それぞれのテイクバックに良さがある

・テイクバックに答えなど存在しない

・学んだ情報を活用できるかどうかが鍵

 

今回は

3種類のテイクバック

を紹介していきました。

 

どれが正解ということはありません。

 

また、

どんなテイクバックが自分に合うのか

自分で探すしかないです。

 

今の世の中は便利なので

技術のコツや戦術パターンなどは
探せばいくらでも見つかります。

 

そして、ほとんどの人は

「おすすめの打ち方」を調べるだけ

終わります。

 

「強い」ということは

「普通とは違う」ということです。

 

なぜこの打ち方だと上手くいくのか?

打ち方で悩んでいるけど
そもそもうまくいかない原因は
本当に打ち方にあるのか?

深く考えることが強さをつかむ

唯一の方法です。

 

「考える力」について学びたい

という人は以下の記事をおすすします。

 

強くなるために最も大事なもの

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

ちなみに、
ささのプロフィールはこちら↓

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です   このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々...

 

本気で強くなりたい人には

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

ソフトテニスで強くなるための
真の基本や「考え方」を学べる
企画となっています。

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント