【ソフトテニス】セカンドサーブを上から打つか、下から打つか迷っている人へ。

サーブ

【ソフトテニス】セカンドサーブを上から打つか、下から打つか迷っている人へ。

 

こんにちは、ささです(^o^) 

 

ソフトテニスをしていると
たくさん悩むことが出てきますよね。 

 

打ち方合ってるのかな? 

とか 

 

レシーブどこ狙えばいいの? 

とか 

 

そんな数ある悩みの中でも
代表的なものの一つ。 

 

結局セカンドサーブって 

上から打った方がいいの? 

下から打ってもいいの? 

 

もしあなたが
セカンドサーブで悩んでいるなら

今回の話をぜひお聞きください。

 

結論「○○ならどっちでもいい」 

 

いきなり結論です。

 

セカンドサーブは 

 

しっかり入って、なおかつ 

相手から攻められにくければ 

 

上からでも下からでも
どっちでもOKです。

 

上からの方がいいとか 

下からの方がいいとか 

正解とかないから! 

 

上からと下から

どっちにも利点があります。 

 

上から打つなら 

深いサーブを打ちやすいので
相手レシーバーを下げさせる
ことができます。 

 

基本的には、
前から打たれるより
後ろからの方が攻められにくいです。 

 

下から打つ(アンダーカット)なら 

ボールのバウンドを低くしやすいので
相手レシーバーにネット下から
打たせることができます。
 

 

ネット下からだと
威力のついたボールは打ちにくい。 

 

一応 

初心者は下から、上級者は上から 

みたいな常識があるみたいですが 

 

上級者でもセカンドサーブが
アンダーカットの人はいます。

 

セカンドは上から打たなきゃいけない
と思い込まないように! 

 

 

というか 

試合のレベルが上がってくると 

セカンドになった時点で
攻められるのは避けられません。 

 

セカンド入れるのはもちろんだけど 

 

そもそもファーストの確率を
上げた方がもっと勝ちやすいです。 

 

上から打つサーブの基礎について
説明した記事もあるので気になる方はどうぞ↓

【ソフトテニス】サーブのコツ!回転のかけ方を確認!【初心者向け】
ソフトテニスのサーブのコツ 回転のかけ方を確認!【初心者向け】   こんにちは、ささです(^o^)     今回はサーブのコツ 回転のかけ方編です。    以下の記事の続きですので まだ読んでないって人はこ...

 

どうすれば攻められにくいのか? 

 

まぁファーストの話は一旦置いといて。 

今回はセカンドの話です。

 

どういうセカンドサーブにすれば
相手から攻められにくいのか  

を解説していきます。 

 

コース

 

後衛側はミドル。 

前衛側はサイドに深く。 

が良いとされてます。 

 

これは 

・相手のバックハンド側を狙う 

・相手の次の準備を遅らせる

という2つの理由からです。 

 

バックハンド側狙うのは 

フォアよりバックの方が下手な人が多い
からですね。 

 

バックハンドが苦手な人
↓の記事を参考にしてください。

ソフトテニスのバックハンドはこうすりゃ打てる!
ソフトテニス バックハンドはこうすりゃ打てる!    ささです!    今回はバックハンドについて ポイントを解説していきます。    待ってましたって方 たくさんいるんじゃないでしょうか?    ...

 

 

相手の準備遅らせるっていうのは 

下の図の通り 

 

後衛側はミドル 

前衛側はサイドに深くを狙うと 

相手が次に移動する距離を
長くできます。 

 

レシーブをシュートボールにすると 

レシーバーは自分が次のポジションに
つくまでの時間が短くなりますから 

 

コースを狙うと
相手が攻めにくい状況をつくれる
って寸法。

 

ただし、

セカンドがカットサーブの場合
相手を奥に追いやることが難しいので

前衛はワイドよりミドルの方が安全です。

詳しくは↓

【ソフトテニス】セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編
セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編    こんにちは、ささです(^o^)   セカンドのカットサーブがうまく打てない!  って人はぜひご覧ください!    ソフトテニス上手い人たちって  ...

 

バウンドの高さ 

 

目安は
ネットより低いバウンド です。

 

ソフトテニスは 

ネットを越してコートにボールを入れる 

っていうスポーツですから。 

 

ネットより下から打つときは 

ネットを越すために、
必ずボールを上に打つ必要があります。 

 

上に向かって強打すると
アウトしますよね? 

 

だから

バウンドをネットより低くすれば
相手は強いレシーブを
打ちにくくなる! 

 

意外と忘れがちなルールについて
気になる方は↓

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    こんにちは、ささです(^o^)   「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強く...

 

 

まとめると

コースがしっかりしていて
相手を奥に追いやれる

バウンドが低い

ていうセカンドが一番理想ですね。 

 

相手が左利きのときとかは…? 

 

相手がバックの方が得意だったり 

左利きの場合はどうすれば? 

 

もちろん

相手によってコースを変える

というのもありです。 

 

ただ、基本的には 

 

ネットよりバウンド低くて 

極端にコースが悪くなければ 

(あと味方前衛が
ポジションをしっかり取ってくれれば ) 

そんな簡単には攻められません 

 

ですので、

相手のバックが異常に強い
とかじゃない限りは

 

後衛側はミドル 

前衛側はサイドに深く

バウンドは低く 

で統一して大丈夫かと。 

 

それなりのセカンドを打ってるのに
全部レシーブエース取られる 

って場合は 

 

そりゃ相手が強いですね。 

しゃーなしです。 

 

そーいうときは 

ファーストを入れに行った方が良い
でしょう。 

 

(^。^)セカンドは基本守りだから 

 

まとめ 

 

セカンドサーブは 

 

コースが甘くなりすぎなければ 

上からでも下からでもOK 

 

・バウンドはネットより下

後衛側はミドル 

前衛側はサイドに深く 

が基本。 

 

セカンドが攻められまくるときは 

スピード緩くしてファーストを入れる。 

 

てな感じです。 

 

具体的にどうすれば
しっかり入るセカンドが打てるのか

 

セカンドサーブのコツを知りたい方は
こちらをどうぞ↓

【ソフトテニス】セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編
セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編    こんにちは、ささです(^o^)   セカンドのカットサーブがうまく打てない!  って人はぜひご覧ください!    ソフトテニス上手い人たちって  ...
【ソフトテニス】セカンドサーブのコツ 上から(オーバーサーブ)編
セカンドサーブのコツ 上から(オーバーサーブ)編    こんにちは、ささです(^o^) 上からのセカンドサーブが入らん! って人はぜひご覧ください!   前回 下からのセカンドサーブ (カットサーブ...

 

まずは今回の記事で 

セカンドの心構えをつくってください!

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] セカンドサーブの話  […]

  2. […] セカンドサーブの話  […]