ソフトテニスのストロークが安定しないのは○○のせいかも!?

ストローク

ストロークで大事な「あるもの」 

 

ども ささです。  

 

ストロークに威力がない! 

ストロークがまっすぐ飛ばない! 

って人は必見です。 

 

ストロークで大切な3つのポイント 

って話を前にしたんですが 

【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえといてほしい3つのポイント
【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえとけ   ども ささです!    今回はストロークのコツを 解説していきます。    一言にコツといっても    言おうと思えば、いくつでも コツみ...

今回はそれらに加えて 

もう一つ大事な要素を。 

 

ストロークに威力がない 

ストロークがまっすぐ飛ばない 

 という悩みの原因は

 

このもう一つの要素
うまくいってないからかも。 

 

手首の角度 

 

ストロークで大切な要素 

それは 

 

手首の角度です。 

 

ムチの動きをしながら 

手首の角度を保つのが鍵。

この手首の角度は 

ボールをつくことで

簡単にチェックできます。

 

動画撮りました↓ 

僕がダメ〜ってやってるみたいに 

手首を動かして手のひら側に曲げるのは✖

というわけです。 

 

手首の角度を保ったまま 

ボールとラケットはまっすぐ当てる。 

 

手首の角度を保つのは 

ボールをまっすぐ打つためです。 

 

手首を動かして打つと

ボールがしっちゃかめっちゃか

色んな方向に飛んでしまうし、 

 

何より怪我をする! 

 

アスリートとして 

怪我をするのは一番だめ! 

 

…え? 

手首動かした方が強いボールが打てる? 

 

たしかに 

一時的にはボールの威力上がりますが… 

 

身体の末端って基本的に細いですよね? 

 

細いってことは筋肉がないってこと。 

 

筋肉ない部分を無理して使うのは
どう考えても効率悪い!

 

手首みたいな小さい筋肉じゃなくて 

もっと大きい筋肉使った方が

楽に強いボールが打てる! 

 

「固める」じゃなくて「保つ」 

 

「よしわかった!
手首を固めて打つぞ!」

と思ったそこのあなた!

 

ちょっちょーい! 

待て待て! 

 

僕は 

手首の角度を保て 

って言ったんです! 

 

手首を固めろなんて言ってない! 

 

手首を固めるってのは 

余計な力が入ってる(力んでる)
ってこと。 

 

余計な力が入ると 

ストロークは逆にへぼくなります。 

 

スイングのイメージは
ムチの動き。 

 

滑らかな動き
ストロークに威力を生むんです。 

 

力抜きすぎだと手首が動いてしまう。 

かといって 

力の入れすぎは×。 

 

手首が動かずに済む 

必要最低限の力がベスト。 

 

必要最低限以上の力は
全部邪魔です。 

 

手首を固めるんじゃなくて 

手首の角度を保つ。 

 

超重要です! 

 

手首の角度を保つとこんな感じ 

 

手首の角度を保って打つ 

ってどんな感じなのか? 

 

一応動画撮りました↓ 

ボールを打つとき
手首の角度が保たれているのが
わかるかと思います。 

 

もっと言えば 

打った後もしばらく
手首の角度が保たれています。 

 

手首の角度を保ったまま

ボール1個分押してあげる

ってイメージだとかよく言います。

 

この押すイメージ

ボールをまっすぐ

かつ

威力をつけて飛ばす秘訣。 

 

手首は全く苦しくありません。 

楽な角度です。 

 

僕は手首がそこまで柔らかくないんで 

90度まで曲げると痛いんですね。 

 

だから120度くらい? 

 

手首の角度は人によります。 

 

90度くらい曲げてる人もいるし 

僕みたいに
もう少し角度がゆったりした人もいます。 

 

自分に合う角度が正解です。 

 

とりあえず 

手首の角度を保ったまま 

ボールを押す!

 

このイメージで打ってみましょう! 

 

そして

動画を撮って自分の姿を確認! 

 

まとめ 

 

・ストロークの安定感、

威力を向上させるためには

手首の角度が大切! 

 

・手首を固めるんじゃなくて

手首の角度を保つ。 

 

・ボール1個分押してあげるイメージ。 

 

こんなとこですかね。

 

ストロークのコツを
色々話してきましたが 

 

全部一気には無理です! 

人間は一度に2つのことを意識すると
必ずパフォーマンスが下がります。

詳しくは↓

ソフトテニスが強くなりたい人向け「集中力」
ソフトテニスが強くなる講座④ 「集中力」   ども ささです!    ソフトテニスが強くなりたい  って人向けの記事です。 ちなみに前回はイライラの正体 というテーマでした。    試合中イライ...

 

まずは
どれか一つを意識しましょう!

 

あと 

ボールをつく


という
何気ない動作にも
ソフトテニスが強くなるヒントが
隠されてますよ!

 

ソフトテニス強い人は
ボールのつき方も一流。 

 

形から入るのも結構大事! 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] ストロークを安定させる  […]

  2. […] […]

  3. […] 安定しない原因という話を  […]

  4. […] […]