ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 

ノウハウ

ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 

 

ども ささです! 

 

試合になると勝てない! 

なんでなんだ! 

 

一生懸命練習してるけど 

この練習でいいのか? 

 

そんな人必見です。 

 

今回は 

ソフトテニスの試合で大切な 

「○△×」の話。 

 

この「○△×」は 

なにかの伏せ字じゃないですよ! 

 

そのまんま「○△×」です。 

 

この「○△×」を意識すると 

試合でどーすりゃいいのか 

試合に向けてどんな練習すりゃいいのか 

わかっちゃうわけです。 

 

一体なんの話なんだ… 

 

気になる方はどうぞ(^。^) 

 

動画もありますので
参考にしてください↓

@sasa_softtennis△の質を上げる ##ソフトテニス ##tiktokスポーツライフ ##tiktok教室 ##いいね返し♬ オリジナル楽曲 – ささソフトテニス(いいね返しします)👍


 

「○△×」ってなんなのか? 

 

とりあえず最初にざっくりと 

「○△×」の正体を。 

 

○は良いプレー。 

△は普通のプレー。 

×はミス。 

 

(^。^)…ざっくりしすぎだわ。 

 

ソフトテニスの試合で 

起こりうるプレーを 

3つに分けたってことです。 

 

後衛さんで言えば 

前衛アタックで点をもぎ取るとか 

厳しいボールをスーパーキャッチとか 

ラリー合戦の途中でパッシングとか 

 

前衛さんで言えば 

ファーストサーブ打って 

そのままポーチボレーとか 

3本連続でポーチボレーとか 

 

…みたいな 

 

応援席が盛り上がるようなプレーは 

○です。 

 

ほんでもって次は△。 

 

後衛さんで言えば 

相手後衛と打ち合うとか 

しっかりロブで繋げるとか 

 

前衛さんで言えば 

ちゃんとポジションにつくとか 

浮いたボールの処理とか 

 

…みたいな 

 

よく見る普通のプレーは 

△です。 

 

最後は×。 

これはもう分かってる人も 

いらっしゃるかもしれませんね。 

 

後衛で言えば 

特に厳しいわけでもない 

いわゆる普通のボールをミス 

無茶攻めしてミス 

 

前衛で言えば 

ポジションにつけずに抜かれる 

浮いたボールをミス 

 

…みたいな 

 

相手に攻められたわけじゃないのに 

自分からミスをしてしまうプレーは 

×です。 

 

まぁ 

 

今のプレーは 

相手の攻めなのか 

自分のミスなのか 

うーんどっちだ? 

 

てなこともありますが 

 

だいたいソフトテニスの試合は 

○△×に分けられるかと。 

 

本題はこっからです。 

ソフトテニスの試合において 

○△×の理想の割合 

ってどんな感じでしょうか? 

 

○は×と背中合わせ 

 

今からお伝えするのは 

あくまで僕の意見です。 

 

オメーの言うことなんか 

信じられんわ! 

 

という方もいらっしゃるかと 

思われますが 

 

参考としてお聞きください。 

 

まず一番の理想は… 

100パーセント○ 

 

ですよね? 

 

打つボール全部スーパープレー 

だったら負けるわけない。 

(^。^)そりゃね 

 

でも 

 

100パーセント○って 

現実に可能なのか? 

 

…かなり無理がありますよね。 

 

ソフトテニスのルール 

得点と失点は表裏一体 

です。 

 

(詳しくは↓) 

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    ども ささです!    「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強くなりたい人は...

 

○のプレーは 

決まれば素晴らしいですが 

それだけリスクを伴うということ。 

 

×のプレーに変わりやすい。 

 

チャンスはピンチ 

ピンチはチャンスです。 

 

得点と失点が表裏一体だから。 

 

ソフトテニスの 

厄介なとこでもあるし 

面白いとこでもあります 

(^。^) 

 

100パーセント○はリスクが高い。 

 

んじゃ、どーする? 

 

○△× 理想の割合 

 

ソフトテニスの試合で目指すべきは 

 

まず

×を極力無くすこと。 

 

これは有名ですかね? 

 

知ってる人も多いんじゃ 

ないでしょうか? 

 

ソフトテニスは 

ミスしなければ負けない。 

 

(^。^)当たり前じゃん 

 

サッカーとかですと 

「ミスしない」だけだと 

引き分けになっちゃいますが 

 

ソフトテニスに引き分けは 

ありません。 

 

失点しない=得点 

なんです。 

 

そー考えると 

 

○を狙いまくって

×を増やしちゃうより

 

△多めにして 、×は極力0。

そして、ここぞというとき○ 

 

って方が 

勝つ確率高そうじゃないですか? 

 

損小利大の考え方です。 

 

(なにそれ?って人は↓) 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!    ども ささです。    ポジションがよーわからん  っていう前衛さん必見です!    ボレーやスマッシュの技術も  もちろん大切だけど  ポジションも超超超大...

 

 

こーなってくると 

試合で勝つために 

重要なプレーは実は△なんだ! 

 

ってことになるわけです。 

 

一番回数が多いプレーが 

勝敗に影響する 

 

ってことです。 

 

トップ選手は○多くね? 

 

とかなんとか言って 

ささ ってやつが 

ドヤ顔決めとりますが 

 

こう思った方いませんか? 

 

「トップ選手は○が 

多いように見えるんですけどー。 

 

めっちゃシュートボールえぐいし 

前衛だって最初から超動くじゃん!」 

 

たしかに! 

 

YouTubeとかにある動画は 

えげつないボールを 

バンバン打ってますよね。 

 

ただ、これ落とし穴なんです 

 

ソフトテニス強くなるために 

強い選手の真似をする 

ってのはめちゃ大切だし 

 

僕もおススメします。 

 

なんですが、 

 

真似すべきは 

プレー自体じゃないんです。 

 

強い選手の試合を見て 

真似すべきは 

 

プレーの選択の上手さ 

 

です。 

 

ソフトテニスは 

 

よりベストなタイミングで 

よりベストな選択をする 

 

スポーツなんです。 

 

「自分」を知らないと強くなれない 

 

まずそもそもの問題として 

トップ選手と自分とで 

 常識が違う可能性があります。 

 

どういうことかと言いますと 

 

僕らから見たら 

「なにあのシュートボール! 

えぐすぎやろ!」ってプレーも 

 

トップ選手にとっては普通のプレー、 

つまり△のプレーって可能性ありますよね。 

 

この常識のズレを意識せずに 

単にえぐいシュートボールだけ 

真似しようとすると 

 

勝ちにくくなっちゃうわけです。 

 

ソフトテニスの試合は 

「今の自分」で戦います。 

 

「今の自分」にとって 

そのボールはどう打つべきか? 

そのポイントはどうすべきか? 

 

この選択が上手い人は 

勝ちやすいわけです。 

 

トップ選手は 

シュートボールのえぐさとか 

スマッシュの破壊力とか 

 

プレー自体が注目されがちですが 

 

プレーを選択する「判断力」に 

注目すると 

 

新しい発見があるかもですよ 

(^。^) 

 

試合に向けて練習はどうすべき? 

 

色々語ってまいりましたが 

最後に練習どうすべきかって話を 

置いときます。

 

(^。^)こいつ話なげぇ 

 

僕がおススメしたいのは 

やっぱり△のプレーを磨くことです。 

 

手投げで10本打ってみましょう。 

何本思い通りに打てるでしょうか? 

 

自分が思い通りにコントロールできる 

スピードはどれくらいでしょうか? 

 

速すぎてもコントローンしにくいし、 

遅すぎてもコントロールしにくい。 

 

いやまぁ、練習方法なんか 

ぶっちゃけどーでもいいんで 

 

「今の自分」は 

一体どんなボールなら 

思い通りにコントロールできるのか? 

 

まずは「今の自分」を知らないと 

選択することができないですからね 

(^。^) 

 

意外と「自分」って知らないもんですよ! 

 

…ただ、もちろん 

 

「今の自分」のままじゃ 

勝てないってこともありますよね。 

 

僕も 

△のプレーだけで勝てる 

なんてこた思ってません。 

(ある程度のレベルは勝てるけど) 

 

「自分」を変えないと、 

武器を増やさないと、 

上に行くのは難しい。 

 

だから、 

 

「今の自分」を知るための練習と 

「今の自分」を変えるための練習と 

 

2種類分けたらええんじゃないかなぁと 

思ってます。 

 

「今の自分」を変えるため練習なら 

多少ミス増えても仕方ないわけです。 

 

でも例えば 

 

試合が近いときとかは 

ミスしまくったら勝てないわけで… 

 

みたいなね。 

 

こんな感じで 

練習の目的を分けないと 

「ただ打ってるだけ」に 

なっちゃいます。 

 

ストレス発散したくて 

ソフトテニスしてるのか? 

 

これは練習する人の自由です(^。^) 

 

まとめ 

 

・ソフトテニスの試合は 

「○△×」。 

 

・一番多いプレーは△。 

だから△は影響力大きい 

 

・その練習の目的は? 

 

自分を壊す 

→自分を知る 

 

また壊す 

→また知る 

 

この繰り返し(^。^) 

 

ソフトテニスって 

やっぱ奥深い。 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 ソフトテニスの試合で勝つた… […]

  2. […] ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 ソフトテニスの試合で勝つた… 強くなるための練習の意識ー△を伸ばすー強くなるための練習の意識―△を伸ばす—    ども ささです!    強くなりたいやつは  俺の話を聞け!  と大口を叩いておきます。   今回は  ソフトテニスで強くなるための  練…sasasft.net2020.07.28 […]