【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α

ノウハウ

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?+α 

 

ども ささです! 

 

ソフトテニスの試合って 

どう考えればいいの? 

 

そんな方必見。 

 

前々回と前回までで 

「1-2理論」という考え方について 

お伝えしてきましたが 

 

もう少しだけ補足で 

説明いたします(^。^) 

 

前々回と前回は↓ 

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編  ども ささです!  今まで何となくで試合やってきたけど ちゃんと考えた方がいいのかなー?  そんな人、ご覧ください。  ソフトテニスって技術だけに ...
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編  ども ささです!  ソフトテニスの試合 もっと勝てるようになりたい!  そんなあなたに。  今回の話は 前回お伝えした 1-2理論の続きとな...

今回は7ゲームマッチを 

「1-2理論」で考えるとどうなるか 

という話になります。 

 

理論を知ったらすぐに理論通りに 

できるわけじゃないですが 

 

なんとなく試合をやるよりも 

理論を知っていた方が 

問題点を見つけやすくなります。 

 

試合に負けたとき 

なぜ負けたのかわからないと 

直しようがありません。 

 

直せないから、

強くならないんです。 

 

問題点が見つかれば 

次につながります。 

 

練習試合を最大限に活用するためにも 

「1-2理論」を! 

 

軽く前回までを復習 

 

しつこいですが 

一応軽くおさらい。 

 

1-2理論は 

 

3ポイント目までに 

最低でも1ポイント取れば 

負ける可能性を下げられる! 

 

そして 

 

4ポイント目が重要! 

 

という考え方でしたね。 

 

この1-2理論を知っておけば 

例えば最初の1ポイント目で 

相手に綺麗なボレーを決められても 

焦らずに済みます。 

 

で、この1-2理論は 

1ゲームの中だけの話じゃなくて 

 

一つの試合をどう考えるか? 

にも使えるんです(^。^) 

 

今回はそんな話。 

 

あ、7ゲームマッチの話よ! 

 

ゲームカウントにも1-2理論 

 

もうおわかりの方もいるでしょうが 

 

1-2理論を7ゲームマッチに当てはめると 

 

最初の3ゲームの内 

1ゲーム取れればOK 

 

そして 

 

4ゲーム目が重要! 

 

ってことなります。 

 

3ゲーム終わった時点で 

ゲームカウントとしてあり得るのは 

 

0-3、1-2、2-1、3-0のいずれか。 

(左側が自分たち) 

 

0-3は絶望的ですよね。 

1-2ならまだ大丈夫そうです。 

 

そんでもって4ゲーム目。 

 

例えばゲームカウント1-2の状態で 

 

4ゲーム目を取れば 

ゲームカウント2-2。 

並行カウントです。 

 

カウント上は互角です。 

 

一方、4ゲーム目を落とすと 

ゲームカウント1-3。 

 

2ゲーム連取しなきゃいけない… 

 

相手は2ゲームの内 

どっちかを取れば勝ち。 

 

たった1ゲームの差。 

だけど、この差が 

めちゃくちゃでかい! 

 

他のカウントの場合も 

考えてみてください! 

 

4ゲーム目を取れるかどうかで 

試合の勝敗がかなり左右される! 

 

(もちろん絶対じゃないですよ! 

 

0-3からひっくり返す試合だって 

あるわけですから。 

 

ただ、 

0-3から1-3になるのと 

1-2から2-2になるのと 

どちらがより負けにくいか? 

 

結構違いますよね。) 

 

ソフトテニスは情報戦? 

 

さてそれでは 

もーちょっと細かくみてきましょう。 

 

最初の3ゲームの内 

1ゲーム取れれば良い 

 

ってことでしたが、これは 

 

単純に2ゲームまでなら 

落としても大丈夫 

って意味じゃないですよ! 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い 

(何それ?って人は↓) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

 

相手の余裕を奪うには 

相手を分析する必要があります。 

 

シュートが好きなのか 

ロブが好きなのか 

 

引っ張りが得意なのか 

流しが得意なのか 

(引っ張りは利き手と逆方向に 

流しは利き手と同じ方向に打つこと) 

 

バックはすぐミスるのか 

それともしっかりつなぐのか 

 

回り込んだら引っ張りか 

それとも流しか 

 

……とか。 

 

前衛さんならば 

相手の打つタイミングなんかも 

分析しますかね。 

 

ポーチボレー出るときに 

タイミング合わせたいので。 

 

見て打ちなのか 

決め打ちなのか 

ってのもあります。 

 

見て打ち? 決め打ち? 

って人は↓ 

【ソフトテニス】前衛さん!相手後衛の「ここ」を見よう!
前衛さん! 相手後衛のここを見よう!  ども ささです!  ポーチに出るべきか それとも守るべきか 相手後衛のどこ見ればええの?  前衛さんのそんな悩みにお答えします (^。^)  後衛さんも今回の...

も少し上級レベルになると 

 

1本替えか 

2本替えか 

 

というのもあったりますが 

まぁこれはそのうち話します 

(^q^)マニアックだから省略 

 

1-2理論は「勝負」ありき 

 

とにかく 

分析がめちゃ重要。 

 

んで、重要な分析は 

最初の3ゲームで行う 

ってのが基本なんです! 

 

最初の3ゲームで 

相手の分析ができていれば 

4ゲーム目を取れる確率が 

ぐーんと高くなります。 

 

逆に言うと 

最初の3ゲームを 

本当にただ一生懸命プレーするだけで 

相手の分析をしなかったら 

1-2理論は成り立たないわけです。 

 

4ゲーム目取れるかどうかが 

わからないってことですから。 

 

4ゲーム目以降を確実に取るために 

相手の分析を3ゲームで。 

その3ゲームの内 

1ゲームが取れれば十分。 

という考え方です。 

 

 

一生懸命プレーするのも 

もちろん大事なんですが 

 

「今、カウントいくつ?」 

って聞くと 

 

「……?いくつだっけ?」 

って人が結構たくさんいます。 

 

勝てるんなら別に 

なんでもいいんですが… 

 

ただ、カウントがわからない状態って 

結局何も考えていないってことです。 

(^q^)厳しいこと言います。ごめん。

 

試合中もフォームに集中しすぎて 

相手のことが見えていなかったり 

 

緊張で頭が真っ白になったり 

 

原因は色々あります。 

 

僕もかつてはフォーム意識しまくったり 

緊張で身体が思うように動かなかったり… 

 

でも、自分と勝負しているうちは 

いつまでたってもそこから 

抜け出せないんじゃないかと 

考えています。 

 

(あくまで僕の考えですよ!) 

 

だって勝負って 

相手がいて、初めて勝負なんですから。 

 

基本的に試合で緊張しすぎるのは 

自分(内側)に集中しすぎてるからなんですよ。 

 

勝ちたい!とか 

負けたくない!とか 

打つのが怖い!とか 

 

全部自分の中の問題。 

 

でもソフトテニスって 

相手がいるし 

ボールがあるし 

ラケットがあるし… 

 

「外」の要素がたくさんあります。 

 

「外」で勝負が行われてるのに 

必死になって「内」で戦っちゃう。 

 

1-2理論は 

メンタルにもつながるんです。 

 

メンタルについては 

また別の記事でまとめます。 

 

ちなみにメンタルトレーニングっぽい 

記事もあるので興味のある方は↓ 

ソフトテニスが強くなる講座⑩「試合中心を落ち着かせる方法」
ソフトテニスが強くなる講座⑩「試合中心を落ち着かせる方法」ども ささです!ソフトテニスが強くなる講座いつの間にやら第十弾前々回と前回でプラス思考の話をしてきました。まだご覧になってない方は↓...

 

まとめ 

 

・1-2理論はゲームカウントにも使える! 

7ゲームマッチの最初の3ゲームの内 

1ゲーム取れればOK。 

 

・最初の3ゲームは相手の分析。 

そして、4ゲーム目以降を取る! 

 

・1-2理論は勝負の理論。 

勝負は「どこ」で行われてる? 

 

1-2理論を知っても 

最初はうまくいかないと思います。 

 

まずは、カウントを覚える 

というところから始めてみましょう! 

 

カウントを覚えようとするだけでも 

だいぶ冷静になれますよ(^。^) 

 

ささ 

 

 

Follow me!

コメント