【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編

ノウハウ

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?後編 

 

ども ささです! 

 

ソフトテニスの試合 

もっと勝てるようになりたい! 

 

そんなあなたに。 

 

今回の話は 

前回お伝えした 

1-2理論の続きとなります。 

【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編
【ソフトテニス】強くなる考え方「1-2理論」とは?前編  ども ささです!  今まで何となくで試合やってきたけど ちゃんと考えた方がいいのかなー?  そんな人、ご覧ください。  ソフトテニスって技術だけに ...

 

前編だけでも充分なんですが 

一応もう少しだけ「1-2理論」を 

説明いたします。 

 

前編だと 

「1-2理論」は緊張のしすぎを 

和らげるための精神安定剤 

 

みたいな説明をしたので 

誤解されているかも…。 

 

「1-2理論」は 

精神安定剤じゃなくて 

ちゃんとした理論ですよ! 

 

僕が勝手に 

精神安定剤にしてるだけです。 

 

義務教育化した方が 

いいんじゃないかと思うくらい 

ソフトテニスの基本を 

しっかり抑えています。 

 

(^。^)気になる人はゴー! 

 

1-2理論おさらい 

 

念のため「1-2理論」を 

軽くおさらいしときましょっ。 

 

1-2理論とは 

 

3ポイント目までに 

最低でもカウント1-2にしとけば 

負ける可能性が減るよね! 

 

っていう考え方です。 

 

0-3はきついけど 

1-2ならまだまだ挽回できる! 

 

1ゲームの中で 

相手に2点までなら 

取られても大丈夫 

 

ポイントカウントだけじゃなく 

ゲームカウントにも同じ考え方が 

使えます。 

 

7ゲームマッチなら 

3ゲーム目までに最低でも 

ゲームカウント1-2にしとけば 

負ける可能性が低くなる! 

 

もちろん1点も取られない、 

1ゲームも取られないに 

越したことはないんですよ! 

 

けど、相手に1点取られたり 

1ゲーム取られるだけで 

「やばい!」って思っちゃう人は 

 

この1-2理論を知っとくと 

緊張が和らぎませんか? 

 

「なんだ。 

1ゲーム取られただけじゃやばくないじゃん。」 

 

ということで僕は前回 

1-2理論は精神安定剤って  

言ったわけです(^。^) 

 

1-2理論の続き 

 

おさらいが終わったとこで 

1-2理論の続きをお伝えいたします。 

 

1-2理論の続きというのは 

文字通り3ポイント目の続き、 

 

4ポイント目の話です。 

 

ソフトテニスにおいて4ポイント目 、

7ゲームマッチの4ゲーム目 

ってのはめちゃくちゃ重要なんです! 

 

前回同様 

相手とこちらの実力がほぼ互角か 

相手が少しだけこちらより強いことを 

想定します。 

 

例えば 

1-2理論の通りに 

ポイントカウントが1-2に 

なったとします。 

 

次の4ポイント目 

こちらが取れば2-2になります。 

 

1-1とか2-2みたいに 

どちらも同じ得点のことを 

並行カウントと言ったりします。 

 

そんな単純な話ではありませんが 

ざっくり考えるとカウントの上では 

互角ってことです。 

 

どちらがゲームを取るかは

まだわかりません。 

 

一方、この4ポイント目を 

相手にとられてしまうと 

1-3になります。 

 

1-3から並行カウントに持っていくには 

2点連続で点を取らなければなりません。 

 

5ポイント目か6ポイント目 

どちらかを取られたら 

ゲームオーバー。 

1ゲームを取られてしまいます。 

 

しかも、並行カウントにできたとしても 

ゲームを取るためには 

さらに2点連続で点を取る必要が… 

(3-3はデュースです!) 

 

どうでしょうか? 

 

2-2と1-3を比べると 

大変さが違いますよね。 

 

前回も0-3と1-2じゃ 

全くちがうよね! 

という話をしましたが 

 

たった1点の違いが 

ここまで差を生むんです。 

 

3ポイント目までで 

最低1ポイントは取ること。 

そして、4ポイント目を取ること。 

 

言い方を変えると 

 

3ポイント目までで 

2点までは取られてもOK 

ただし、4ポイント目は要注意。 

 

ソフトテニスにおいて 

めちゃくちゃ重要な考え方です。 

 

せっかくなんで他のパターンも 

みてきますか! 

 

カウントが0-3なら 

4ポイント目を取られたら終了 

 

4ポイント目を取れば 

首の皮一枚つながります。 

 

カウントが2-1なら 

4ポイント目を取れば 

3-1になるので一気に 

ゲームを取れる可能性が上がります。 

 

4ポイント目を取られると 

2-2になります。 

さっきまでの優勢がチャラです。 

 

カウントが3-0なら 

4ポイント目を取れば 

ゲームを取れます。 

 

4ポイント目を取られると 

相手が首の皮一枚つながります。 

 

(1-3ならもう一点取られても 

まだ大丈夫なんで焦るこたないですが 

 

それでも損小利大ですよ! 

 

相手にゲームを取られる可能性は 

少しでも減らしたい!) 

 

当たり前っちゃ 

当たり前のことしか言ってませんが 

 

意外と意識してなかったって人も 

結構いるんじゃないでしょうか? 

 

ごちゃごちゃするのあんま 

好きじゃないんで 

 

とりあえず4ポイント目は大事! 

ってことだけ覚えといてください。 

 

1-2理論の前提条件 

 

1-2理論。たしかにいい考えだなぁ 

 

そう思っていただけていれば 

良いのですが、中には 

 

こんな上手いこといくか? 

と思われている方もいるかと。 

 

ちなみに 

僕は1-2理論を初めて知ったとき 

 

「こんなん 

実際の試合じゃ使えなくねw」 

とか思ってました。 

 

当時の自分を殴りたい…(^q^) 

 

なんで1-2理論を 

使えないと思ったかというと 

 

「1-2になったら 

俺なら確実に1-3になる」 

 

という謎の自信?が 

あったからです。 

 

僕はハイパーネガティブだったので 

全ての試合に負けると 

本気で思い込んでたんです笑 

 

で、こっからが本題。 

 

ではなんで僕は 

全ての試合に負けると 

本気で思い込んでいたのか? 

 

性格の問題もありますが 

何より問題だったのは 

 

試合中のミスが 

めちゃくちゃ多かったこと。 

 

当時の僕にとって 

試合というのは 

 

基本的にはミスばかり 

運良く点が取れる 

ってのが常識だったんです。 

 

いや、本当に。 

 

1-2理論は 

まずミスはしないよね 

ってのが前提にあるんです。 

 

というか 

ソフトテニスの本とかで 

説明されている戦略とかって全部 

 

「まずミスはしない」 

 

が前提にあるんですよ。 

 

つまり 

 

ソフトテニスやっていて 

ミスしまくるってのは 

普通はあり得ない! 

 

ってことなんですね。 

 

「まずミスはしない」が 

当たり前なんです。 

 

僕は「まずミスはしない」なんて 

そんなん無理だと思い込んでましたから 

 

1-2理論とか実現不可能やろが! 

 

となってたわけです。 

 

今なら笑えるんですが 

当時は笑えないですよー。 

 

「なんでみんなミスんないの!?」 

 

ミスばっかだし、 

1-2理論とか言われても実践できないし… 

 

同じような悩み、抱えてませんか? 

 

もし同じような悩みをお持ちでしたら 

今後も僕の記事をご覧ください。 

 

今回は長くなりすぎるので省略しますが 

「まずミスらない」状態になる方法を 

お伝えしますので! 

 

orzしばらくお待ちください。 

 

待てんわ!って人は↓を。 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方ども ささです。僕はいつでも本気でソフトテニスで強くなるために必要なことだけ発信すると心に決めているのですが今回の記事は特に本気で書きました。...
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?  ども ささです!  とにかくストローク上手くなりたい!  そんなあなたに ぴったりの練習がありますよ (^。^)  その名も 1本足乱打  な...
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった  ども ささです!  ストロークが安定しない! 乱打が続かない!  そんなあなたに。  以前 ストロークの3つのコツや 安定しない原因という話を しま...

ミスしまくる原因について 

ヒントになる記事です。 

 

まとめ 

 

・1-2理論は 

3ポイント目までで最低でも 

1-2にすればOKって考え方 

 

・その次の4ポイント目 

めちゃくちゃ重要! 

 

・1-2理論の前提は 

「まずミスらない」 

 

・ソフトテニスでミスしまくる人は 

明らかに何かがおかしい! 

(今後詳しく説明します) 

 

1-2理論を実践することさえできれば 

基本的には負けることはないです。  

 

ただ、あくまで理論上は、ですよ! 

 

3-0にしたら、相手が覚醒して 

めちゃ強くなるとかあるかもしれません。 

 

だけど、「本当に」強い人 

風が吹いていようが 

コートが変わろうが 

相手が変わろうが 

どんなときでも勝つ。 

 

「本当に」強くなるために 

 

まずは「ミスをしない」を 

身につけましょう! 

 

方法は僕がお伝えします 

(^。^) 

すでに「まずミスはしない」状態の人は

 1-2理論を意識して試合してみましょ!

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント