【ソフトテニス】サーブ上達のコツ!(トスの上げ方)

サーブ

【ソフトテニス】サーブ上達のコツ!(トスの上げ方) 

 

ども ささです! 

 

この記事は
サーブの考え方の続きです。 

【ソフトテニス】サーブのコツ!(基本の考え方編)【初心者におすすめ】
ソフトテニスのサーブのコツ (基本の考え方)   こんにちは、ささです!(^o^)   今回から数回にかけて  ソフトテニスのサーブ  の上達法を伝えていきます。    今回は オーバーサーブ (上から打つやつ) ...

 

サーブの上達法を一から
お伝えしていきます。 

 

今回はトスの上げ方のコツ

 

一応前回の復習ですが 

思い通りに打てるならば何でもいい 

これだけは絶対お忘れなきように! 

 

動画で基本を確認

 

まずはじめに
見本として動画を置いておきますね↓

 

動画の内容を丁寧にみていきましょう!

 

トスの上げ方のコツ① 

 

サーブにおいて 

トスは超重要ですよ! 

 

なぜかというと 

 

どんなにいいフォームで
(フォームにいいも悪いもないんだけど) 

めちゃくちゃいいサーブを
打てるポテンシャルがあっても 

トスが打ちやすい場所に上がらないと
サーブが安定しないからです。 

 

ソフトテニスの大原則は
「ミスをしない」 

ですから

 

安定して入るサーブは
それだけでも十分強力です 

 

この辺は

・強くなるために意識すべき3つのルール

・サーブの優先順位(戦略・戦術)


で解説しています↓

【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール   
【ソフトテニス】強くなるために意識すべき3つのルール    こんにちは、ささです(^o^)   「ソフトテニスのルールとか もう知ってるし!」  …それはどうかな?  という話です。    強く...
【ソフトテニス】サーブを上達させるコツ「優先順位を考える」【戦略】
【ソフトテニス】サーブを上達させるコツ「優先順位を考える」【戦略】   ども ささです!      今回は ファーストサービスについて    打ち方云々は置いといて 考え方の話です。  実はサーブを上達させるには ...

 

前置きはこのくらいにして 。

 

まずはボールの持ち方。 

 

手の平ではなく指の腹で持つ。 

こんなかんじね↓ 

 

鷲掴みは人間の身体の構造的に
コントロールしにくいです。 

 

ボールをぶん投げるなら
鷲掴みでも問題ないんですが 

 

ボールを一定の場所に上げ続ける 

という繊細な動きを考えると 

 

指の腹の繊細な感覚が
ちょうどいい!

 

ただ 

あくまでもコツの話ね! 

 

鷲掴みでもコントロールのいい
ピッチャーとかいますし 

 

鷲掴みのが真っ直ぐ上げやすい 

という人もいます。 

 

とりあえず 

 

今まで手の平にボールを乗せていて
うまくトスが上がらない 

と悩んでる方は 

 

一度指の腹で持つのを
試してみてください。 

 

持つ強さは 

卵を落とさないってイメージ
わかりやすいかと。 

 

強すぎず弱すぎずです。 

 

トスの上げ方のコツ② 

 

それではボールを投げましょう! 

 

動画を参考程度に↓

 

まず肘。 

 

曲がりすぎていると
ボール投げにくいです。 

 

伸ばした方がええかと。 

 

どれくらい伸ばすかは人によりますね。 

 

僕は割とゆったり伸ばしていて
まだ伸ばせる余裕がある 

これがしっくりくるんです(^。^) 

 

 

もちろん 

ピシッと最後まで肘伸び切ってる人も
おりますよ。 

 

正解とかないんで 

 

色々試して
しっくりくるのを採用しましょう。 

 

次に、ボールを離す位置。 

 

ボールを離す位置は

自分の目の高さとかが目安。 

 

あとは
ボールを投げるってイメージよりも 

 

ボールを
トスを上げたい場所に置きに行く 

 

ってイメージがやりやすいかと。

 

 

トスを上げるコツ③ 

 

最後はトスを上げる場所。 

 

これは 

自分が打ちやすい場所ですね 

 

(^。^)まんまやないかい 

 

でもほんとにこれしか言えない。

 

自分の打ちやすい場所わからないよー! 

って人 

 

トスを上げたあと
キャッチせずに落としたら 

自分の身体の後ろではなく
身体のに落ちるようにしてみてください。 

 

右利きの人は左足 

左利きの人は右足 

の30センチ前くらい。 

 

定規もって測る必要はないですよ! 笑 

 

あくまでも


身体の後ろよりの方が打ちやすい
ってだけですから。 

 

ボールとラケットがあたる場所(打点)高さ


については次回説明します。

 

トスのコツまとめ 

 

トスのコツは 

 

1 ボールは指の腹で持つ

卵を持つようなイメージ 

 

2肘は伸ばし、目線の高さで離す。 

投げるというより置く。 

 

3トスが落ちる位置は身体の前。 

 

うまくいかないときは

自分がトス上げている姿を撮影してもらって
その動画を見ると○ 

 

うまくいかない原因は大抵の場合 

 

自分の身体の動きが思ってたんと違う 

ってのですから 

 

身体の感覚を磨くと上達が劇的に
早くなるのでおすすめです。

身体感覚を磨く練習は以下の記事で
解説しています↓

ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ 
ソフトテニス初心者必見!強くなりたいなら素振りよりも○○ こんにちは、ささです(^o^) 「素振りはおススメしない」 という話をしたので↓ 今回は、 素振りよりもこれやろうぜ って...
ソフトテニス後衛必見!ストロークを安定させる「超低速素振り」とは!?
ストロークを安定させる特別な素振り    こんにちは、ささです(^O^)    突然ですが あなたはソフトテニスの練習として 素振りしてますでしょうか?    ラケットさえあれば 一人でいくらでもで...

 

 

次回はいよいよ
サーブの打ち方の話です!↓

【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)【初心者向け】
ソフトテニス サーブのコツ 基礎の基礎 【初心者向け】   こんにちは、ささです(^o^)    考え方編とトス編に引き続き  サーブの打ち方講座です。  初心者の方や...

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […]  前々回と前回に引き続き  […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […]  マインド編とトス編に引き続き  […]

  5. […] (どうすればまっすぐトスを上げられるかは トスのコツ をご覧ください)  […]