【ソフトテニス】サーブのコツ!(トス編)

サーブ

ソフトテニスのサーブのコツ。トス編。 

 

ども ささです! 

 

この記事はマインド編の続きです。 

【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)
ソフトテニスのサーブ  ども ささです!  今回から数回にかけて ソフトテニスのサーブ  その上達法を 伝えていこうかと。  あ、 オーバーサーブ (上から打つやつ)ね  アンダーカットとかは また今...

サーブの上達法を一から 

お伝えしてこうという 

感じです。 

 

今回はトスの上げ方のコツ

 

一応前回の復習ですが 

 

思い通りに 

打てるならば 

何でもいい 

 

これだけは絶対ね! 

 

あくまでもコツだから。 

 

では 

レッツゴー(^。^) 

 

トスの上げ方のコツ① 

 

サーブにおいて 

トスは超重要ですよ! 

 

なんでって 

 

どんなにいいフォームで 

(フォームにいいも悪いもないんだけど) 

 

めちゃくちゃいいサーブを 

打てるポテンシャルが 

あっても 

 

トスが 

打ちやすい場所に上がらんと 

安定しないからです。 

 

ソフトテニス大原則 

ミスはしない 

 

です。 

 

安定して入るサーブは 

それだけでも十分 

強力なのよ。 

 

前置きはこのくらいにして 

(^q^) 

 

まずはボールの持ち方。 

 

手の平ではなく 

指の腹で持つ。 

 

こんなかんじね↓ 

 

鷲掴みは 

人間の身体の構造的に

コントロールしにくいです。 

 

ボールをぶん投げるなら 

鷲掴みでも問題ないんですが 

 

ボールを 

一定の場所に上げ続ける 

という 

繊細な動きを考えると 

 

指の腹の繊細な感覚が 

ベストマッチ(^。^) 

 

ただ 

あくまでも 

普通は、の話ね! 

 

鷲掴みでも 

コントロールのいい 

ピッチャーとかいますし 

 

鷲掴みのが 

なんだか真っ直ぐ 

上げやすい 

 

という人もいます。 

 

とりあえず 

 

今まで手の平に 

ボールを乗せていて 

 

うまくトスが上がらない 

 

と悩んでる方は 

 

一度指の腹で持つのを 

試してみてくだされ。 

 

持つ強さは 

 

卵を落とさない 

ってイメージ 

わかりやすいかなぁ。 

 

強すぎず

弱すぎず 

 

トスの上げ方のコツ② 

 

それでは 

ボールを投げましょ! 

 

まずは動画を参考程度に↓

 

まず肘。 

 

90度くらいまで

曲がっていると 

ボール投げにくいです。 

 

伸ばした方がええかと。 

 

どれくらい伸ばすかは 

人によりますね。 

 

僕は割とゆったり 

伸ばしていて 

まだ伸ばせる余裕がある 

これが

しっくりくるんです(^。^) 

 

 

もちろん 

 

ピシッと 

最後まで肘伸び切ってる人も 

おりますよ。 

 

正解とかないんで 

 

色々試して 

しっくりくるのを 

採用しましょう。 

 

次に 

ボールを離す位置。 

 

へそとか 

胸の高さとか 

 

自分がトスを 

上げたい位置から 

遠い場所で離すと 

 

ブレやすいです。 

 

ボールを話す位置は

自分の目の高さとかが 

目安かな。 

 

動画みてちょ(^。^) 

 

あとは 

 

ボールを投げる 

 

ってイメージよりも 

 

ボールを 

トスを上げたい場所に 

置きに行く 

 

ってイメージかな。 

 

トスを上げるコツ③ 

 

最後は 

トスを上げる場所。 

 

これは 

自分が打ちやすい場所 

ですね 

 

(^。^)まんまやないかい 

 

でもほんとに

これしか言えない。

自分の打ちやすい場所が 

わからないよー! 

 

って人 

 

トスを上げたあと 

キャッチせずに落としたら 

 

自分の身体の後ろではなく 

身体の前に落ちるように 

してみて。 

 

右利きの人は左足 

左利きの人は右足 

 

の30センチ前くらい。 

 

定規もって測る必要は 

ないですよ! 笑 

 

あくまでも 

身体の後ろより 

前の方が打ちやすい 

 

ってだけですから。 

あ、

ボールとラケットが

あたる場所(打点)

高さについては

次回説明します。

 

大切なのは 

 

自分が思い通りに 

打てるかどうか。 

 

トスのコツまとめ 

 

トスのコツは 

 

1ボールは指の腹で持つ

卵を持つようなイメージ 

 

2肘は伸ばし

ボールは目線の高さで離す。 

投げるというより置く。 

 

3トスが落ちる位置は 

身体の前。 

 

うまくいかないときは 

 

自分が 

トス上げている姿を 

人に撮影してもらって 

その動画を見ると○ 

 

うまくいかない原因は 

大抵の場合 

 

自分の

身体の動きが 

思ってたんと違う 

 

ってのですから 

(^。^) 

 

今回はこの辺で。 

 

次回はいよいよ 

サーブの打ち方の話。 

 

の予定。 

 

気長に待たれよ 

(^q^) 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […]  前々回と前回に引き続き  […]

  2. […] […]

  3. […] […]