【ソフトテニス】バックハンドがどーしてもできない人はこの練習して!

ストローク

ソフトテニス バックハンドがどーしても打てない人へ! 

 

ども! ささです。 

 

前回はバックハンドのコツ
説明していきましたが 

ソフトテニスのバックハンドはこうすりゃ打てる!
ソフトテニス バックハンドはこうすりゃ打てる!    ささです!    今回はバックハンドについて ポイントを解説していきます。    待ってましたって方 たくさんいるんじゃないでしょうか?    ...

 

おそらく 

「意識しても
できへんのやけど!」 

という人もいるはず。 

 

僕も最初できなかってん。 

 

というわけで今回は 

どーしてもバックが苦手
という人向けの練習法
紹介するで! 

 

(^。^)おおきにやで 

 

バックが打てないのはなぜ? 

 

バックが打てない原因の
ほとんどが打点だと 

前回説明しました。 

 

打点が近すぎて余裕がない
ってこと。 

 

でも 

 

打点前にしても
うまくいかない! 

Why!?

 

って人もいるわけです。

僕もそうでした。 

なんで打点を前にしても
打てないのか? 

 

それはですね …

ラケットに慣れてないから 

 

これにつきます。 

 

すっごい初歩的で 

「なめてんの?」
と思われるかもしれません。

しかし、実際のところ 

 

ラケットに慣れれば
大抵のプレーはできるようになります。 

 

これは
ソフトテニスに限った話じゃなくて 

 

例えば 

 

初めて箸を使う子供は
なかなかうまく箸を扱えません。 

 

でもそのうち 

豆とか小さいものも
箸で掴めるようになる 

 

初めて歯ブラシを使う子は
なかなかうまく歯を磨けません。 

 

でもそのうち 

考え事をしながら
歯を磨けるまでになります。 

 

ソフトテニスも全く同じなんです。 

 

最初はボールをつくのもむずい。 

 

でもいつの間にか
ばかすか打てるようになる。 

 

人間は道具を使うことで
発展してきた生き物です。 

 

本能レベルで
道具を使うのがうまいんです。 

 

人間本能の話は長くなるから
省略しますが、 

 

とにかく 

ラケットに慣れれば万事解決


と言っても過言ではないわけです。 

 

で、現実に

 

意外とラケットに慣れていない人が
多いんです! 

 

「流石に
もうラケットには慣れてるよー」 

と思った人も 

 

一回初心に帰りましょ。 

 

今回紹介する練習で確認してみて! 

 

ちなみに 

僕はソフトテニス歴10年目のとき
最初この練習ができませんでした 

 

(^q^)ワロタ 

バックの練習 持ち方 

 

まずはラケットを短く持ましょう。 

 

もう
グリップじゃなくてシャフト握って! 

 

 

短く持つと
ラケットの面がどこ向いてるのか
わかりやすくなります。 

 

ソフトテニスで 

思った方向にボール飛ばせない 

って人は 

 

自分のラケットの面の向きが
わかっていない可能性が大。 

僕がそうでした笑 

 

この超短く持った状態で 

ボールをついたり
軽く打ってみたり 

色々遊んでください。 

 

この持ち方覚えたら
次の段階! 

 

バックの練習 ネットの近くで 

 

まずは動画を 

 

 

短く持った状態で
ネットに近づきます。 

 

至近距離で
ネットより低い場所から打つ

という練習です。 

 

(^。^)これだけ。 

 

ポイントは 

ネットを越して 

かつ 

コートに収めること 

 

ネットを越すには一旦ボールを
浮かす必要がありますよね。
 

でも浮かすだけだとアウトしますよね。 

 

だから 

 

下から上のスイング! 

ボールが落ちる回転! 

 

面を上に向けて
当てるだけはなしで! 

(棒球ってやつね) 

 

面はまっすぐ
スイングで回転がかかる! 

 

かけるんじゃなくて
かかる! 

 

軌道のイメージは↓ 

 

 

ボールをこすると
回転かかりすぎてうまく飛ばないし 

 

横に打つとネットするし… 

 

意外とむずい(^。^) 

 

バックの練習 動画撮ろう 

 

ネットの至近距離から打つ練習は

自分が打っているとこを
動画撮ってもらいましょう

 

自分の打つ姿を確認すると
成長スピードが倍くらい早くなるよ! 

あ、それと 

バックだけじゃなくてフォアで
同じようにネットの至近距離から
打つ練習しても効果ばっちり! 

 

まとめ 

 

1.バックが打てない人は 

ラケットに慣れてないのかも! 

 

2.オススメの練習は 

超短くラケット持って
ネット近くネット下から打つ! 

 

3.動画撮って自分の打つ姿を確認! 

 

僕は最初 

「こんな初心者みたいな練習やだな〜」 

とか思ってたんですが 

 

やってみるとできないんですね 

これが。 

 

 

これができるようになると
バック打てるようになったし 

 

フォアとかも面の向きがわかるように
なってきたわけです。 

初心忘るべからず 

 

騙されたと思って
やってみてください 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント