後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!

ストローク

後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる! 

 

ども ささです! 

 

ちょっぴりレベルの高い話シリーズ。 

今回は後衛さんの「懐」(ふところ)の話 

 

「懐」ってなんなんだ? 

 

「懐」ね。あーね。知ってるよ! 

…けどどーやってつくるの? 

 

自分は「懐」つくれてるのかな? 

 

そんな方々は聞いてくだされ(^。^) 

 

試合になると前衛に取られる気がして 

いつも通り打てない… 

 

っていう悩みは 

「懐」がつくれるようになれば 

解決できますよ! 

 

それではどーぞ。 

 

懐(ふところ)とは? 

 

もー知っとるわいという方も 

いらっしゃるかと思いますが 

念のため懐について説明します。 

 

懐とはずばり 

打点の幅のことです。 

 

例えばよく言われているのが 

「打点は膝の位置」というもの。 

 

たしかに間違いじゃないんですが 

打点が一つしかないっていうのは 

試合だとちょっと不利なんですね。 

 

いやまぁ 

「常に同じ打点で打てるように 

足を動かすんだ!」 

っていう言葉もあるんですが… 

 

いつも同じところで打った方が 

ミスが少ないというのはわかります。 

 

わかりますけどですよ。 

 

本当に試合中全部のボールを 

同じ打点で打てると思います? 

 

(^。^)無理ゲーじゃね? 

 

ソフトテニスの駆け引きは 

余裕(時間)の奪い合いです。 

 

(時間の奪い合い? 

ってなった人は↓をご覧ください) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

1つの打点でしか打てない 

→余裕がない 

ってことです。 

 

だいたい同じ打点であれば

いいんですよ。 

 

トップ選手の動画をよく見てください。 

だいたい同じだけど、 

1球1球微妙に違うはずです。 

 

打点が一つしかなかったら 

相手前衛に即効でバレますから。 

 

「あ、こいつ 

このタイミングでしか打てねぇんだ。 

じゃ、タイミング合わせて 

フェイントかけたろ。」 

 

シュートボールが強力で 

相手前衛にポーチ出られても 

絶対取られないぜ俺は! 

ってんなら別にいいんですけども。 

 

基本的に強い後衛は 

打点に幅を持ってます。 

 

膝の位置でも打てるし 

タイミング早めても打てるし 

タイミング遅らせても打てる。 

 

こんな感じで打点に幅がある。 

つまり色んなタイミングで打てるのを 

「懐が深い」って言ったりします。 

 

「こいつ懐深っ! 

打つタイミングがいくつもあるのか。 

簡単にポーチには出れねぇわ… 

 

相手前衛の動きを封じ込めることが 

できるわけです。 

 

懐すげぇ!!  

となったところで 

 

懐をつくるコツを2つお教えします 

(^。^) 

 

懐をつくるコツ① 足の位置 

 

軸足をボールのバウンド位置から 

どれくらい離すか? 

 

足の位置がミソです。 

上半身じゃない。 

 

軸足というのは 

右利きフォアなら右足 

右利きバックなら左足です。 

 

2つコツをお教えしますと言いましたが 

ぶっちゃけ懐つくれるかどうかは 

足の位置が9割です。 

 

ボールに近すぎれば 

余裕がなくなります。 

 

ボールに遠過ぎれば 

打点が下がってしまいます。 

(ソフトテニスは打点が下がると 

基本的に不利です! 

ライジングの話で解説しました。) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

ちょうどいいとこに

軸足を置く。 

 

「なるほどね。 

じゃ、そのちょうどいいとこって 

どうやって探すのー?」 

って質問したくなりますよね。 

 

うーん… 

これは慣れとしか 

言えないんですよorz 

 

だって人によって 

身長や足の長さは違うわけで 

 

ちょうどいい足の置き場所は 

人の数だけありますから。 

 

しかもボールの回転や威力によって 

バウンド後の軌道も違いますし。 

 

膝から何センチ前とか 

そんなことは言えません。 

 

でも 

オススメの練習法が

あります! 

 

軸足をちょうどいい場所に置く練習 

その名も「1本足乱打」です。 

 

「1本足乱打」については 

こちらで説明しとります↓

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?  ども ささです!  とにかくストローク上手くなりたい!  そんなあなたに ぴったりの練習がありますよ (^。^)  その名も 1本足乱打  な...

懐をつくるコツ② 点じゃなくて線 

 

まずは参考動画↓ 

この動画の中でささって人が 

 

「ヘソを動かそう。 

そうすればスイングが 

真っ直ぐになるから」 

 

みたいなことを言ってるかと 

思います。 

 

スイングが真っ直ぐな時間を 

長くする 

 

ってのが 

懐をつくるコツです。 

 

ボールを 

点じゃなくて線で捉える。 

 

ボールを押す。 

 

色んな言い方がありますが 

要はスイングが真っ直ぐな時間を 

増やそうってことです。 

 

スイング真っ直ぐな時間があるから 

色んなタイミングで打っても 

安定するんですね。 

 

動画の中では 

スイングが真っ直ぐであれば 

ストロークが安定するよ! 

という話しかしていませんが 

 

実は懐を深くすることにも 

繋がっていたんです! 

 

ドドン! 

(^。^)伏線回収 

 

懐を深くすることができれば 

先ほどお伝えした通り 

相手前衛の動きを封じ込められるし、 

しかも、ストロークも安定します。 

まさに一石二鳥。 

懐ってすげぇ!! 

(2回目) 

 

まとめ 

 

・懐とは打点の幅のことである。 

 

・懐をつくりたいならまずは足! 

足の位置が9割。 

 

・点じゃなくて線。 

スイングを真っ直ぐにする。 

 

・懐が深くなると 

駆け引きで有利になるし 

ストロークの安定感もつく! 

 

後衛さんは 

ぜひとも懐を深くすることに

挑戦して! 

 

懐が深くなると試合で 

ワンランク上の駆け引きが 

できるようになります! 

 

それでは今回はこの辺で 

(^。^) 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] (懐をつくるってこと。)  […]

  2. […] […]