ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方

マインド

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方

ども ささです。 

 

僕はいつでも本気で 

ソフトテニスで強くなるために
必要なことだけ発信する

 心に決めているのですが 

 

今回の記事は 

特に本気で書きました。 

 

普段はおちゃらけてますが、 

 

( 実は、強くなるために必要だから
おちゃらけてるんですけど、
この話はまた別の機会に)  

 

今回に限っては
ストレートに書いていこうかと。 

 

タイトル通り 

強くなりたいなら
絶対に捨てた方がいい考え方

を紹介していきます。
 

それではどうぞ。 

 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき考え方① 

 

まずは

完璧主義。 

 

とにかく完璧じゃなければならない
という考え方。 

 

この考え方は絶対に
捨てた方がいい。 

 

ソフトテニスは
ミスをしないことが重要なスポーツだ。 

 

だから 

練習中からミスに対して厳しくあるべきだ 

 

というのはたしかにその通り。 

 

だが完璧など到底あり得ない。 

 

よほどの実力差がない限り 

1本もミスをせずにポイントカウント16-0で
7ゲームマッチが終わるなどそうそうない。 

 

試合にミスはつきもの。 

この割り切りが大切だ。 

 

ミスに厳しいのは大切なことだが 

 

厳しくしすぎて 
本来やるべきことをできていない人が 

たくさんいる。 

「あぁまたミスった! くそ!  

なんでこんなこともできないんだ!」 

 

自分を責めている暇があったら
次のポイントをどうするか考えろ。

自分をけなすのはただの自己満足だ。 

ミスには厳しくあるべきだし 、
練習の意識も高いに越したことはないが 

もしミスをしたら 

ミスをしてしまったこと (過去) 

 ではなく 

次どうすべきか (現在、未来) 

 

だ。 

 

過去から学ぶ必要はあるが
過去にとらわれる必要はない。 

 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき考え方② 

 

今日は調子が悪い。 

 

と、よく「調子」がどうこうと言うが 

そんな考え邪魔でしかない。 

 

先ほども言ったが 

 

調子が悪いと考えている暇があったら
今どうすべきか考えろ。 

 

もちろんその日 

調子が良い、調子が悪い 

というのはあるだろう。 

 

誰だって調子が悪いときはある。 

 

だが、 

調子が悪いからなんなんだ。 

 

調子が悪いなら
悪いなりにやりようがある。 

 

考えるべきは 

 

今、自分の置かれている状況で
最大限勝利に近づくためには
どうすべきか 

 

これだけだ。 

 

「調子が悪くて負けた」 

 という人のほとんどは 

 

調子が悪くて負けたのではなく 

調子が悪いことにとらわれて
やるべきことができなくて負けている 

 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき考え方③ 

 

「安定したストロークを打つためには
正しいフォームが必要である」 

 

この考えも捨てた方がいい。 

 

たしかに 

綺麗なフォームはミスの少ない安定した
ストロークを生みやすい。 

 

だけど、フォームは
絶対に守らなきゃいけない法律ではない。 

 

あくまでもフォームというのは 

より強力で、より安定したストロークを
生み出すための補助である。 

 

自分が思い描いた通りの
ボールを打つためには 

 フォームへの意識はむしろ邪魔だ。 

 

ボールと自分の身体が
今、どうなっているか。 

 

これにだけ意識を集中すればいい。 

 

普段歩くとき、わざわざ 

右足動かして、 次は左足で… 

などと考えないはずだ。 

 

人間には思い描いた通りの動きが 

できるよう身体を制御する能力が 

備わっている。 

 

フォームを意識すると
この能力の邪魔になる。 

 

歩くこととボールを打つことは
難しさが違う 

 

と思うだろうが 

 

そんなことはない。 

 

ボールを打つことは
歩くことと何ら変わらない。 

 

まとめ 

 

完璧主義。 

調子が悪い。 

フォームを固めなきゃいけない。 

 

辞めるべき3つの考え方を紹介した。 

 

3つ目のフォームについては
また別の機会により詳しく説明しようと思う。
(きっと多くの人が信じないと思うので) 

 

とりあえず、
3つの辞めるべき考え方の
いずれにも共通しているのが 

 

過去ではなく今に集中しろ 

ということ。 

 

人間は思ったより
今に集中できない。 

 

過去から学び、未来を予測できるよう
脳が発達したが、それが仇となっている。 

 

もし今回紹介した考え方を持っていたら、
それを捨てる勇気を持って欲しい。  

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 強くなるために捨てるべき3つの考え方 […]

  2. […] 捨てるべき考え方って記事でも  […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] 3つの常識よ! […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]