ソフトテニスで勝ちたいなら、自分の「強み」を見つけよう!

マインド

ソフトテニスで自分の「強み」を見つける! 

 

ども ささです! 

 

早速ですが
みなさん 

 

自分の強みを理解してますか? 

 

サーブが得意
レシーブが得意 

とか 

 

クロス展開が得意
逆クロス展開が得意 

とか。 

 

…え? 

よくわかってない? 

 

それは一大事ですよ! 

 

意味のある練習のために 

 

ソフトテニスをしていれば 

 

絶対に 

得意なプレー 、苦手なプレー 

が出てきます。

 

何が得意か?  

また 

何が苦手なのか? 

 

これを知らずに練習している
ってのはひじょーにあかん! 

 

例えばですよ 

水タイプのポケ○ンがほしいと
するじゃないですか。 

 

そしたら 

 

海で釣りしようとか
波乗りしようとか考えますよね? 

 

 

まさか
火山にはいかないですよね? 

 

自分の得意、苦手を知らずに
練習するっていうのは 

 

水タイプがほしいときに
何も考えずにどっか適当な場所に行く 

のと同じことなんです。 

 

その場所がたまたま水辺だったら
いいですが 

 

火山とかだったら
一生水タイプは出てこない。 

 

意味のない練習をしてしまう可能性が高い

ってことなんです! 

 

苦手なプレーを
得意まで持っていく必要はないです。 

もちろん
得意にできたらいいけど。

 

苦手じゃない ってレベルでいいんです。 

 

そして 

得意なプレーはより得意に。 

 

よく 


得意なものはもう練習せんでいい。 

苦手なものを練習せな。 

 

と言われるんですが 

 

僕はどっちも練習すべきだ
と思っとります。 

 

あくまで僕の考えね(^。^) 

 

試合で持ち味を出す 

 

シュートでガンガン打ち込める後衛 

ロブでとにかく繋げる後衛 

 

どっちが強いか ってのは 

やってみないとわからないんですね。 

 

最強の戦法なんてもんはないんです。 

 

大切なのは 

自分の強みにあったプレーをすること。 

 

相手に合わせるとか、得意技は取っておく 

みたいな考え方も間違いじゃないですが 

 

まずは自分の持ち味を出すこと 

考えるべきです。 

なんでかと言いますと、

持ち味を出せると
その逆が効くようになるからです!

 

例えば
パッシングが得意だとします。 

 

そしたら
最初にパッシングを使うんです。 

 

あなたの得意技が決まると
当然相手は警戒します。 

 

やべぇこいつ 

パッシングうまい… 

 

相手前衛はパッシングさせまいと
ポジションを前に詰めサイド寄りになります。 

 

そうすると 

今度はミドルや中ロブが通りやすくなる! 

 

仮に 

中ロブがあまり完成度高くなくても
相手がポジションを前に詰めていれば
通りやすいわけです。

これがソフトテニスの醍醐味! 

 

自分の得意が苦手を助けるんです。 

 

完璧になることは理想ですが 

 

完璧じゃなくても
ソフトテニスは勝てるんです。 

 

得意を見つけよう! 

 

自分の強みわからない…  

自分はどれも苦手… 

 

って人。 

 

まずは色々試してみましょう! 

 

どこに自分の強みがあるか
わかりませんからね。 

 

例えば 

僕の知ってる選手だと 

 

セカンドサービスが得意
っていう変わった人がいました。 

 

その人のセカンド
絶妙なんですよ。 

 

ゆっくりとミドルに

すっ…と落ちるんです。 

 

めちゃくちゃ打ちにくい。 

 

ファーストより
むしろセカンドの方が強い(笑) 

 

しかも 

 

その人には
フットワークっていう強みもあるんです。 

 

そうすると 

ただえさえセカンドが打ちにくいのに 

 

かつ 

 

フットワークがいいから
攻めないと逆に攻め返される …!

 

相手にプレッシャーをかけられる。 

 

さらに相手がミスりやすくなる。 

 

強み×強み  

ってな感じですね。

 

自分の強みはどこにあるか? 

その強みをどうすれば活かせるか? 

 

これ考えると

ソフトテニスがもっと楽しくなりますよ。

 

 

 

コメント

  1. […] […]