ソフトテニスにおけるレシーブの考え方 !

ノウハウ

レシーブの考え方 

 

ども ささです! 

 

レシーブってどーすりゃええの?

という方

ぜひご覧くだされ 

(^。^) 

 

超当たり前ですが 

レシーブが返らないと 

試合にならない! 

 

サイドパスやトップ打ちが 

いくら強力でも 

 

ポーチボレーやスマッシュが 

いくら完璧でも 

 

レシーブ返らないと 

そのプレーは使えない! 

 

言われなくても 

わかっているとは 

思いますが 

 

マジで大事なんです! 

 

そんなわけで 

今回はレシーブがテーマ。 

 

どんな心構えでいりゃええのか? 

という話です。 

 

ちなみに 

セットでサーブの話も 

おススメしておきます↓ 

【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)
ソフトテニスのサーブ  ども ささです!  今回から数回にかけて ソフトテニスのサーブ  その上達法を 伝えていこうかと。  あ、 オーバーサーブ (上から打つやつ)ね  アンダーカットとかは また今...
【ソフトテニス】サーブのコツ!(トス編)
ソフトテニスのサーブのコツ。トス編。  ども ささです!  この記事はマインド編の続きです。 サーブの上達法を一から お伝えしてこうという 感じです。  今回はトスの上げ方のコツ 一応前回の...
【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)
ソフトテニス サーブのコツ 基礎の基礎  ども! ささです。  マインド編とトス編に引き続き サーブの打ち方講座です。 初心者の方や サーブがうまくいかない! と悩んでいる方へ  参考になれば ...
【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎マスター編)
ソフトテニスのサーブのコツ 基本マスター編  ども。ささです!   今回はサーブのコツ 基本マスター編です。  (^。^)マスター  以下の記事の続きですので まだ読んでないって人は 読んどいてくり...

では、そろそろ 

いきましょう(^。^) 

 

レシーブの重要性 

 

さっき言った通りなんですが 

 

レシーブが返らないと 

ラリーができない! 

 

試合にならない! 

 

最低条件として 

サーブレシーブが入らないと 

ソフトテニスは成り立たないんです。 

 

(一応言っておくと 

サーブレシーブだけ見ても 

駆け引きは行われているし 

とても楽しいんですが、 

 

ソフトテニスは 

やっぱラリーしてなんぼ 

って感じしませんかね?) 

 

レシーブが強力だと 

その後のプレーを 

有利に運びやすいです。 

 

(^。^)サーブも同じね 

 

極端なことを言えば 

仮にストロークや 

ボレーがクソザコでも 

 

鬼強いサーブと 

鬼強いレシーブだけ 

持ってりゃ、ソフトテニスは勝てる! 

 

冗談とかじゃなくガチで 

全部サービエース 

全部リターンエースが 

最強の戦法です。 

(できるのであればね) 

 

流石に 

全部サービスエース 

全部リターンエースは 

現実的ではありませんが 

 

サーブレシーブの強化は 

直接ソフトテニスの勝敗に 

関わってきますよ! 

 

レシーブの重要性を確認したとこで 

 

相手のサーブに対して 

どういう心構えでいりゃいいのか 

 

ファーストサービスと 

セカンドサービスにわけて 

説明してきますー(^。^) 

 

ファーストサービスに対するレシーブ 

 

まずは相手の 

ファーストサービスに対するレシーブ 

 

もちろん相手の実力にも寄りますが 

ここでは基本の考え方をお伝えします。 

 

相手のファーストサービスは 

相手が攻めてきていて 

こちらが攻められている状態。 

 

ですので 

相手のファーストサービスに対して 

レシーブは守りが基本! 

 

相手コートに

返せりゃオッケー! 

 

もちろんレシーブが甘くなりすぎたら 

相手に攻められちゃいますので 

 

理想を言えば、

深く返したい。 

 

高いロブで相手後衛の左足前 

とかが無難ですかね。 

 

相手のファーストサービスが 

あまり強力じゃないならば 

レシーブで攻めたりもできますが。 

 

整理すると 

 

ファーストに対するレシーブは 

 

・最低条件としてミスらない。 

(×にしない。) 

 

・欲を言えばイーブンの状態に。 

(△を目指す。) 

 

・攻められるなら攻めてもいい 

(○は必須じゃない。) 

 

という認識ってこと! 

 

○△×ってなんぞい? 

という方は↓ 

ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」 
ソフトテニスの試合で勝つための「○△×」  ども ささです!  試合になると勝てない! なんでなんだ!  一生懸命練習してるけど この練習でいいのか?  そんな人必見です。  今回は ソフト...

 

 

セカンドサービスに対するレシーブ 

 

続いて、相手の 

セカンドサービスに対するレシーブ 

 

実はこれが厄介というか 

ソフトテニスの楽しいとこというか。 

 

先ほどファーストに対するレシーブは 

守りが基本とお伝えしましたが 

 

お察しの通り、 

 

セカンドに対するレシーブは 

攻めが基本なんです。 

 

で、ここ注目。 

 

攻めが基本ってのは 

 

攻めてもいい 

じゃないんです。 

 

攻めなあかんのです。 

 

どういうことかと 

言いますと。 

 

例えば 

相手がファーストをフォールトして 

セカンドを打ってきました。 

 

相手は当然攻められることを 

警戒します。 

 

「やべ。セカンドになっちまった。 

こら攻められるぞ…」 

 

ここで 

 

もしセカンドを、 

中途半端なレシーブで返しちゃうと 

(攻めても守ってもないボール) 

 

相手を助けちゃうんです! 

 

その1本のプレーはもちろん、 

その後のプレーも継続して

相手を助けちゃう! 

 

セカンドに対するレシーブで 

攻めることができないと 

相手にバレるとどーなるか。 

 

「あ、こいつ 

セカンド攻められないんだ。 

 

じゃあ、

セカンドになっても 

全然怖くねぇじゃん。」 

 

相手は安心しますね。 

 

安心すると、相手は 

さらに強力なファーストを 

打ちやすくなります。 

 

だってファーストミスっても 

怖くないんですもん。 

 

セカンドになっても 

攻められないから。 

 

ノープレッシャーですよ。 

 

ノープレッシャーだと 

相手はファーストバンバン 

威力つけて打ってきますよ。 

 

しかも、ノープレッシャーだから 

ファーストが入る確率も 

高くなりやすいわけです。 

 

セカンドに対するレシーブが甘いと 

攻めに転じられないどころか 

その後も継続的に相手を助けて 

自分たちの首を締めることになる。 

 

セカンドレシーブは 

攻めてもいいじゃなくて 

攻めないとあかんのです。 

 

(攻めってのは別に 

リターンエース取れって 

ことじゃないですよ!) 

 

実は 

ファーストに対するレシーブより 

セカンドに対するレシーブの方が 

心理的にはきついんですね! 

 

ファーストに対するレシーブも 

もちろん真剣に練習すべきですが 

 

セカンドに対するレシーブは 

より厳しい条件で練習せなあかんと 

いうわけです。 

 

一体どーすれば 

ミスらないかつ攻める 

という理想のレシーブが 

打てるのか… 

 

そのコツは別の記事で! 

(^q^)長くなるからさ 

 

まとめ 

 

・ファーストに対して 

レシーブは守りが基本。 

最低限×にしない。 

△にできれば理想。 

 

・セカンドに対して 

レシーブは攻めが基本。 

(○寄りの△みたいなイメージ 

あわよくば○を打ちたい) 

 

・セカンドを攻めないと 

相手のファーストが 

強力になる! 

 

 

まぁあくまでも 

基本の考え方なんで。

 

例えばレベルが上がってきて 

 

相手との自分の実力が 

ほぼ同じ状態。 

 

何かしらアクションを起こさないと 

勝率が上げられないとなれば 

 

ファーストに対して 

攻めたりもするわけです。

(無茶攻めではない) 

 

ただ、ひとつだけ。 

 

基本を実践できるだけで 

ソフトテニスプレーヤーの 

平均以上 

 

といっても過言じゃないです。 

 

(統計とったわけじゃないけど 

 

地区予選とか県大会の初めの方とか 

サーブレシーブのミス多いじゃん? 

 

てことは 

基本ができるだけで 

結構上位行くんとちゃいます? 

 

という考え。 

 

あくまで僕の意見よ!) 

 

基本が完璧な人って 

なかなかいませんよ。 

 

というか 

基本は一生練習し続けるんじゃ 

ないでしょうか。 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント