【ソフトテニス】ストロークの基本「体重移動」を身につける練習法【初心者必見】

ストローク

【ソフトテニス】ストロークの基本「体重移動」を身につける練習法【初心者必見】

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

ストロークの基本「体重移動」を身につける
おすすめの練習法

を紹介します。

 

・安定したストロークを身につけて試合で勝てるようになりたい

・教え子にストロークの基本を伝えるために練習法を学びたい

・本気で強くなりたい

という方向けの記事です。

 

特に初心者の人は必見!

 

体重移動を身につける練習法

だけではなく

なぜ体重移動を身につけるのか?

ソフトテニスで強くなるために必要なものは
何なのか?

といった深い部分まで学べるように
しました。

 

ぜひご活用ください!

 

まずは動画で確認

 

まずは1分ほどの動画で
ポイントを押さえましょう!↓

ここからは動画の内容を元に
さらに詳しく解説します!

 

そもそもなぜ体重移動するのか?

 

体重移動を身につける練習法の前に

なぜ体重移動を身につけるのか

を確認しましょう。

 

体重移動というのは

全身を使って打つための技術です。

 

ぶっちゃけ腕だけでもボールは飛びます。

しかし、腕だけで威力をつけるには
スイングをかなり大きく、速くする必要が
出てきます。

 

スイングが大きい、速いと
ブレやすさにもつながりますよね。

 

上手く全身を使うことができれば

スイングのブレを抑えつつ
強力なボールを打てるようになる

というわけです。

 

全身を使うというのはもちろん
全身の「筋肉」を使うという意味も
含んでいますが、

実はそれ以外にも重要な要素があります。

 

体重移動についてもっと深く学びたい

という方は続きに入る前に
以下の記事を参考にしてみてください。

 

【重要】体重移動について↓

【ソフトテニス】体重移動のコツをわかりやすく解説!
【ソフトテニス】体重移動のコツをわかりやすく解説! こんにちは、ささです(^o^) 「体重移動」は大事! とよく言われていますよね。 たしかに、体重移動は重要です。 ただ、実際のところ 何がどうなっていれば 体...

 

体重移動を身につける練習法

 

体重移動について確認できたので

体重移動を身につける練習法を紹介します。

 

おすすめなのは

歩きながら手出しで1本打ち

です!

(動画がわかりやすいので
ぜひ動画をご覧ください!)

 

実は「歩く」と言う動作は

体重移動の連続なんです。

 

右足に体重がかかって、左足が浮く。

左足を前に着地させると今度は
体重が左足に移っていき、右足が浮く。

…という繰り返しですね。

 

あるあるなのが

体重を移動させようと意識「しすぎ」
ぎこちなくなる

というケース。

 

歩きながら打つことで自然と(滑らかな)

体重移動の感覚を身につけやすくなる

というわけです。

 

(ちなみに

「歩く」動作について
深めた記事もあるので

気になる方はどうぞ!↓)

【ソフトテニス】強くなりたいなら速く歩け!
強くなりたいなら速く歩け!    こんにちは、ささです(^o^)    ソフトテニス強くなりたい!  弱い自分を変えたい!    そんなあなたに向けて 今回の記事を書きました。    タイ...

 

慣れてきたら球出しをスピードアップして
より素早く細かく体重移動が行えるように
鍛えていきます。

 

しかし、

着実に上達したいならば焦りは禁物です。

 

まずはゆっくり丁寧に
体重が移る感覚を味わいながら
打っていきましょう!

 

焦らず少しずつレベルアップさせる

というのは成長しやすい人が持つ考え方です。

 

シンプルですが、

成長しやすい人の考え方を真似すれば
上達しやすくなります。

 

成長しやすい人の考え方について

学びたい人は以下の記事をどうぞ!↓

【ソフトテニス】強い人が意識してる3つのこと【強くなるコツ】
【ソフトテニス】強い人が意識してる3つのこと【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 強い人が意識していること を紹介していきます。 ・本気で強くなりたい ・強い人が一体何を考えているのか知りたい...

 

おまけ(といいつつ重要な話)

 

ストロークという技術には
体重移動以外にも様々な要素
あります。

 

中でも特に注目すべきなのが

「止まって」打つ

という意識です。

 

身体を止めると動きがブレにくくなり
安定する

だけではありません。

 

「止まって」打つ

にはさらに深い話があるんです。

 

めちゃくちゃ重要な要素なので

本気で強くなりたい人は
ぜひ以下の記事で学んでみてください。

 

「止まって」打つとは?↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

【重要】同じフォームで打てば安定するという勘違い

 

今回の練習は

体重移動の感覚を身につける

ことが目的です。

 

決して

フォームを固めること
(どんなボールも同じフォームで
打ち続けられるようになること)

が目的ではありません。

 

ソフトテニスは

どんなボールも同じフォームで打てるようになれば安定する

勘違いしている人が非常に沢山います。

 

同じフォームで打つことが大事だと
教わってきた(教えてきた)

という人はぜひ以下の記事をご覧ください。

 

フォームに関する勘違い↓

【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】
【ソフトテニス】フォームで悩んでいる人、集合!フォームに関する勘違い3つ【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 僕は現在ソフトテニス指導者を しているのですが、 やはりフォームで悩む人が多いと感じま...

 

多くの人が勘違いしている部分なので
この勘違いに気づくだけでも
大きく差をつけられますよ!

 

体重移動の感覚を身につけてレベルアップ!

 

・体重移動を身につけるには
歩きながら手出しの1本打ちがおすすめ

・なぜ体重移動するのか
深く考える癖をつけよう

・ソフトテニスの勘違いに気づくだけでも
大きな差をつけられる

 

今回は

ストロークの基本「体重移動」を身につける
おすすめの練習法

について解説していきました。

 

ソフトテニスは

一生懸命努力しているのに
勘違いしているせいで強くならない…

ということがよく起こります。

 

ちなみに僕も

とにかくフォームを固めることが大事だ

勘違いして大失敗した人です。

(詳しくはささのプロフィールをどうぞ↓)

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です   このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々...

 

おすすめの練習法や技術のコツ
を調べることも大切です。

 

しかし、

その練習の目的は何なのか
なぜそのコツが大事なのか

というように深く考えないと

上達が遅くなるどころか

逆に弱くなっていくなんてことも
あります。

 

僕は自分の失敗を活かして
指導者をしています。

 

ソフトテニスを深く学んで
本気で強さをつかみたい

という人はぜひ以下の記事をご覧ください。

 

ソフトテニスで強くなるために必要なもの↓

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

本気で強くなりたい人
僕の言葉を届けたいので

応援してくださる方は
このブログをSNSなどで
拡散していただけたら嬉しいです!

 

本気で強くなりたい人には

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

ソフトテニスで強くなるための
真の基本や「考え方」を学べる
企画となっています。

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント