後衛レシーブの武器。――2つのミドル 

ノウハウ

後衛レシーブの武器。――2つのミドル 

 

ども ささです! 

 

相手後衛サーブのときの 

後衛さんのレシーブに 

注目してみました。 

 

目の前に前衛が立ってる 

ってことです。 

 

レシーブ打つとき 

どこ狙えばいいんだろ 

 

っていう後衛の方はぜひ。 

 

前衛さんも相手後衛が 

レシーブで何を狙ってくるのか 

知っておきましょ。 

 

ダブル後衛とかダブル前衛とか 

ソフトテニスはいろんな状況が 

あり得るんですが 

 

今回はとりあえず相手が 

雁行陣という前提でいきます。 

 

時代が変わってきているとはいえ 

何だかんだまだ雁行陣のペアが多いと 

感じます。 

 

結局、雁行陣だろうと 

ダブル前衛だろうと 

ダブル後衛だろうと 

何だろうと極めれば 

強いですからね。 

 

相手後衛サーブで 

後衛さんのレシーブ。 

 

さっそく見ていきましょう。 

 

サーブレシーブの重要性 

 

出鼻をくじくようで 

申し訳ないのですが 

 

まずは、ソフトテニスにおける 

サーブレシーブの重要性 

確認しときます。 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い 

という話がありました。 

 

後衛は懐をつくって… 

前衛は相手の選択肢を奪って… 

みたいな。 

 

一応↓に関連する話を置いときます。

後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!
後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!  ども ささです!  ちょっぴりレベルの高い話シリーズ。 今回は後衛さんの「懐」(ふところ)の話。  「懐」ってなんなんだ?  「懐」ね。あーね。知ってるよ! ...
前衛のポジションをさらに詳しく
前衛のポジションをさらに詳しくども ささです!前々回、前回と前衛のポジションの話をしてきました。まだご覧になってない方はどぞ↓今回は前衛のポジションについてさらに深いところを見ていきましょう。...

 

相手との駆け引きが 

めちゃ楽しいわけなんですが、 

 

ラリー中の駆け引きって 

サーブレシーブでプレーが 

終わったら行われないですよね? 

 

すげぇ当たり前ですけど。 

 

現実的かどうかは別として 

 

全プレーサービスエース 

もしくはレシーブエース 

が最短で勝つ方法です。 

 

こちらのサーブが強力であれば 

相手はレシーブで攻めることが 

できませんから、 

 

その次のボールもこちらが 

有利になります。 

 

レシーブも同じです。 

 

レシーブが強力であれば 

相手は攻め返しにくい。 

 

サーブ、レシーブが強力だと 

こちらが有利な状態を保ちやすい。 

 

先手必勝という言葉がありますが 

まさにその通りというわけです。 

 

(強力なサーブ、レシーブって 

スピードが全てじゃないですよ) 

 

例えば、相手がトップ打ち超得意な 

ストローカーだったとしても 

サーブレシーブでプレーが終われば 

関係ないですよね。 

 

相手に得意なプレーをさせる前に 

終わらせちゃえばいい。 

 

サーブレシーブを磨くことは 

勝利への近道というわけです。 

んでもって 

今回は後衛レシーブの話 

ってことでございます。 

 

ミドル最強説 

 

ソフトテニスで 

攻めるといったら 

まずミドル 

 

もちろん 

本当にミドルばかり打ってたら 

相手にバレるんで 

 

ロブ混ぜたり、サイドパス打ったり 

工夫するわけですが 

 

基本的にミドルは 

有効打になりやすいです。 

 

相手後衛を回り込ませたり 

相手後衛が角度つけにくかったり 

(味方前衛がポーチ出やすい) 

 

とか色々ありますが 

今回は説明を省略します。 

 

ミドルがなぜ有効打になるか 

気になる人は↓

試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説 
試合でどこを攻めればいいのか——ミドル最強説  ども ささです!  試合中 チャンスボールが来た!  …どこ打とう(汗)  そんなとき どうすればいいのか!  タイトルでもうネタバレ してま...

 

とりあえず 

相手後衛サーブで 

後衛さんのレシーブってとき 

 

ミドルを狙うというのは 

有効な攻めの一つ。 

 

ただ、実は 

 

ミドルには2種類ある! 

 

ってのが今回のメインテーマ。 

 

(^。^)知っている人もいるでしょう 

 

2つのミドル 

 

相手後衛がサーブで 

後衛さんがレシーブのとき 

 

実はミドルには 

 

相手前衛が触れないコースのミドル  

相手前衛が触れるコースのミドル 

 

という2種類があるんです! 

 

 

 

それぞれ目的が違うので 

順番に確認してきましょう! 

 

まず相手前衛が触れないミドル 

 

図でいうと外側の方↓ 

 

 

相手前衛が触れないミドルは 

その名の通り 

 

相手前衛が1歩動いても 

ギリ触れないコース 

このミドルは 

相手後衛にバックで打たせる 

もしくは回り込ませることが目的。 

 

そして、そのボールを 

味方前衛がポーチ出たり、 

上を追ったりなんだりする。 

 

いわゆる2人で一本ですね。 

 

では、もう一つのミドルは? 

 

相手前衛が触れるミドルは 

図でいうとこの内側の方 

 

 

相手前衛のすぐ真横を通るって 

ことですね。 

(真正面ってわけじゃないよ。 

てか真正面に打ったら 

それは前衛アタック。) 

 

このコースの目的は 

 

あわよくばノータッチエース 

相手後衛がなんとか拾ったら 

浮き球を叩く! 

(2人で1本とも言えるけど

エースを狙ってるので僕は分けてる。

それだけ。決まればなんでもいいよね!)

 

相手前衛が触れないミドルと比べて 

相手後衛が動く距離が増えますから 

より強力になるわけです。 

 

ただし、 

もうお気づきかと思いますが 

 

相手前衛が触れるコースなので 

相手前衛にボレーされる危険性も 

当然高い。 

 

だから、 

相手前衛が触れるミドルを打ちたいならば 

 

レシーブをより強力にして 

相手に簡単にボレーさせない 

 

とか 

 

先にクロスやロブを打つことで、 

ミドルへの意識を薄めさせてから 

ミドルを狙う! 

 

みたいな工夫が 

必要になってきます。 

 

リスクを負うから 

リターンがあるんですね。 

 

逆のプレーが活きてくる 

 

ミドルはそれ単体でも 

十分強力なんですが、 

 

ミドルが決まると 

相手はミドルを警戒しますから 

 

今度はロブやクロスが 

より効くようになるわけです。 

 

ソフトテニスでは 

あるプレーが決まると 

その逆のプレーが活きてくる 

 

強力なレシーブを 

ミドルにしつこく集めておけば 

 

クロスレシーブを狙ったとき 

多少威力が落ちていても 

相手は準備が遅れます。 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い 

 

準備遅れたボールを 

ポーチ狙いに行くってのは 

前衛のセオリーです。 

 

(準備遅れると 

コース変える余裕がないから) 

余裕の奪い合い?という人は↓

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...
前衛のポジションをさらに詳しく
前衛のポジションをさらに詳しくども ささです!前々回、前回と前衛のポジションの話をしてきました。まだご覧になってない方はどぞ↓今回は前衛のポジションについてさらに深いところを見ていきましょう。...

まとめ 

 

・ミドルは2種類 

相手前衛が触れるミドルと 

相手前衛が触れないミドル 

 

・ミドルが決まると 

それ以外のプレーが活きる 

 

理論とか戦略も大事ですけど 

 

頭空っぽにして 

ミドルをぶち抜く 

ってのもやっぱ強いです。 

 

ソフトテニスは 

 

サーブレシーブ最強説を 

極めていくと自然と 

余裕の奪い合いが有利になるし、 

 

余裕の奪い合いを突き詰めていくと 

サーブレシーブ最強説につながったり。 

 

他にもたくさんセオリーとか 

戦略みたいのはありますが 

 

どれが一番良いとかいう問題ではなく 

いろんな考え方から自分が一番勝ちやすい 

パターンを見つけられればええんじゃないかと 

思っています。 

勝つことが目的であって

理論を実践するのは手段!

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント