後衛必見!強くなりたいならライジング!

ストローク

後衛必見! 強くなりたいならライジング! 

 

ども ささです! 

 

試合で勝ちたい後衛さん。

必見です。 

ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 

理由は後でわかります(^。^) 

 

最初に言っておきますと 

今回の話は中級〜上級レベル。 

 

もしかしたら 

ソフトテニス始めたばかりの方には 

ちょっと早いかもしれません。 

 

それでも聞いておく価値はあるので 

 

「なるほど。今はまだ早いけど 

ゆくゆくはこれを目指すのか!」 

 

と思っていただければ幸いです。 

 

タイトルにある通り 

ライジングショットの話。 

 

知ってるよー! 

 

という方もちらほらいるかと 

思いますが 

 

バウンドの一番高いとこで打つ 

 

だけで終わってませんか? 

 

((((;゚Д゚)))) え? 

 

ライジングはもっと奥が深いんですよ〜。 

 

ライジングショットって何? 

って人も、ちゃんと説明していくので 

ご安心ください。 

 

それではゴー! 

 

ライジングって? 

 

ライジングっていうのは 

英語で「上がる」という意味の 

「rise」(ライズ)からきてます。 

 

バウンドの一番高いところで 

ボールを打つようなショットのことを 

ライジングと呼んでいます。 

 

ちなみに図にすると 

↓みたいな感じになります。 

 

ライジングのメリットは 

主に2つ。 

 

打点の高さと 

タイミングの早さです。 

 

ライジングのメリット① 

 

打点が高いというのは 

説明した通り。 

 

バウンドの一番高いところで 

打つので当たり前ですが 

打点は高くなります。 

 

ソフトテニスは 

ボールをコートに入れ合う 

スポーツですがここで 

超大事なルールがありまして。 

 

ネットを超えて

コートに入れる 

というルールです。 

(ポール回しはのぞく) 

 

当たり前すぎて 

みんな見逃しがちなのですが 

ネットを越すという意識は 

強くなる上で絶対必要です。 

 

ネットを越せば、たとえアウトでも 

相手がノーバンで触ったり 

審判が誤診したり 

まだプレーが続く可能性があります。 

 

しかしネットしてしまえば 

その時点でプレー終了です。 

 

同じミスでも 

ネットミスよりアウトミスの方が 

何倍も価値があります。 

損小利大という考え方です。

気になる方は↓

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!ども ささです。ポジションがよーわからんっていう前衛さん必見です!ボレーやスマッシュの技術ももちろん大切だけどポジションも超超超大事。実はボレーがそこまで上手くなくてもス...

 

さて、ネットしないことの重要性を 

お伝えしたとこで。 

 

打点が低い状態から打つのと 

打点が高い状態から打つのと。 

 

どっちが有利でしょうか? 

 

(^。^)わかるかな? 

ソフトテニスは基本的に 

高い打点のが攻めやすい! 

 

(一応言っときますが 

高けりゃいいってもんじゃないよ? 

自分が打ち込める範囲の中で 

できる限り高い打点という意味よ) 

 

ネットを超えてコートに入れる 

というルールを思い出してください。 

 

打点が低い状態からこのルールを守るには 

まずボールを上に向かって打つ必要があります。 

 

でも上に向かって強打するとアウトしてしまう。 

 

だから低い打点からは 

攻めるボールは打ちにくい。 

 

高い打点であれば 

ボールを横に向かって打つことができます。 

 

低い打点よりも強打しやすい。 

 

しかも、相手前衛に与えられる 

プレッシャーも違います。 

 

アンダーストローク(低い打点)より 

トップ打ち(高い打点)の方が 

相手前衛からしたら怖い。 

 

一応図を置いときまーす↓ 

 

ライジングのメリット② 

 

ライジングのメリットその2は 

タイミングを早められること 

 

バウンドの一番高いところということは 

打つタイミングが早いということですよね。 

 

打つタイミングが早いと何がいいかというと 

相手前衛がポジションにつく余裕を奪える、 

つまり相手前衛が攻めにくいんです。 

 

基本的に前衛さんは 

相手後衛が打つタイミングより前に 

ポジションに入っていないと 

ポーチに出るのは難しいです。 

(準備ができないってイメージでok) 

 

まぁ前衛さんからしたら 

早いタイミングは単純に合わせにくい 

っていう利点もありますかね。 

(レベル高い前衛なら全然余裕だけど) 

 

タイミング早いってのは 

当然相手後衛からしても嫌なボールです。 

だって自分が打ったらすぐ返ってくるんだもん。 

準備する時間が短いので攻めにくい。 

 

ライジングは駆け引きの基本 

 

打点の高さとタイミングの早さ。 

 

ライジングには 

この2つのメリットがあるってことを 

知ってるだけでも十分なんですが 

 

今回は出血大サービスで 

さらにもう1個上のレベルの話も 

しておきましょう。 

(^。^)太っ腹やな〜 

 

ソフトテニスにおける駆け引きって 

一体何をしているのか? 

っていう話です。 

 

さっきクロス展開でポーチ出たから 

今度はサイドを守る、とか 

 

いやむしろ連続でポーチ出る、とか 

 

横を追うか、上を追うか、みたいな。 

 

ソフトテニスの試合を見てると 

コースの読み合いが行われている 

 

と思われがちなんですが。 

 

実はソフトテニスの駆け引きって 

コースの読み合いだけじゃないんです。 

 

ソフトテニスの上級者たちは 

試合の中で何を行なっているのか? 

 

時間の奪い合いです。 

ドドン!(効果音) 

 

トップ選手の試合って 

ボールスピードばっかに 

目が行きがちなんですが 

 

注目すべきは 

後衛の打つタイミングの早さ 

前衛のポジションにつく早さ 

なんです。 

 

速さじゃなくて早さ。 

 

トップレベルの後衛は 

ライジングをストロークの基本にしてます。 

 

ライジングのタイミングで打ち続けて 

ここぞというときにタイミングを 

ズラすんですね。

(打つタイミングを遅らせる) 

 

相手前衛は 

ライジングのタイミングに合わせて 

ポーチ出たり、上を追ったりするので 

タイミングズラされるとなかなか攻められない。 

 

んで 

このタイミングをずらすっていうことを 

行うためには準備の早さが必要なわけです 

 

つまり打つ余裕。時間が必要。 

 

後衛はより早く準備して 

ライジングでも打てるし 

タイミングズラしても打てるという 

状況を作り出したい。 

 

その余裕を奪うために 

相手後衛はタイミングを早めて打ち返したり 

ロブで走らせたりしてくる。 

 

相手前衛は 

より早くポジションについたり、 

ポーチに出たりして、 

自分の存在を気にさせる。 

 

後衛は 

相手前衛を見て避けようと思うと 

ボールを打つタイミングが遅くなる 

→打点が下がる 

→攻めにくい 

(最悪の場合ミスをする。)

 

…みたいな。 

 

こんな感じの時間の奪い合い 

あのとんでもなく速いボールの 

打ち合いの中、瞬時に行なってる。 

 

0.1秒とかそういう世界のせめぎ合い。 

 

(^。^)半端ねぇ。 

 

そんなわけで後衛さん。 

 

ソフトテニス強くなりたいなら 

ライジングはぜひとも習得したい 

技術ってわけです。 

 

まとめ 

 

・ライジングとは 

バウンドの一番高いところで 

ボールを打つ技術 

 

・ライジングのメリットは2つ 

高い打点タイミングの早さ 

 

・ソフトテニスの駆け引きは 

時間の奪い合い。 

その時間の奪い合いするためには 

ライジングが基本。 

 

普段トップ選手の試合を 

動画で見るよ〜って人は 

 

ボールの速さじゃなくて 

準備の早さに注目してみてください。 

 

一体どんな駆け引きが行われているのか? 

 

目に見えないところで

バチバチやってるのに気づけると

ソフトテニスがさらに楽しくなるよ! 

 

あ、そうそう。 

練習ならミスらないのに 

試合だとミスってしまうって人!

 

そんな人は 

自分がボールを打つタイミングに 

原因があるかもですね! 

 

前衛を避けようと思って 

打点が下がる 

→打ちにくくなる。 

 

ですよ! 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]