前衛のポジションをさらに詳しく

ノウハウ

前衛のポジションをさらに詳しく 

 

ども ささです! 

 

前々回、前回と 

前衛のポジションの話をしてきました。 

 

まだご覧になってない方はどぞ↓ 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!    ども ささです。    ポジションがよーわからん  っていう前衛さん必見です!    ボレーやスマッシュの技術も  もちろん大切だけど  ポジションも超超超大...
前衛のポジションをもーちっと詳しく
前衛のポジション もーちっと詳しく    ども ささです!    前衛さんはもちろん 後衛さんもポジション取りについて  知っておくことでソフトテニスが  さらに楽しくなりますよ〜。    ...

 

今回は前衛のポジションについて 

さらに深いところを見ていきましょう。 

 

前衛さんは必見!さらにレベルアップ! 

 

後衛さんも

前衛のポジションを知ることで 

自分のプレーの幅を広げられますよ(^。^) 

 

ソフトテニスの世界って 

本当に広くて深い。 

 

もっとソフトテニスに 

夢中になってもらえたらな 

なんて思う今日この頃 

 

しつこいけど基本大事 

 

もうええわ! 

と思われるかもですが 

基本は本当に大事なので 

もう一度確認します。 

 

ダブルスの基本は 

コートを半分ずつ守る 

 

でも 

サイドいっぱいいっぱいと 

ミドルとでは 

 

ミドルの方が価値が高いので 

ポジションはミドル寄りになる 

 

相手後衛の打点とミドルを結んだ線を 

味方後衛がいる方の足で踏む。 

(そうすれば身体が逆側に寄る) 

 

相手後衛が止まるときには 

ポジション取り完了 

 

基本はあくまで基本ですよ! 

 

まずは徹底して覚えてほしいですが 

状況によって変えなきゃあかんですよ! 

 

味方後衛と相手後衛のラリー力 

 

相手がロブを多用するのか 

それともシュートばかりなのか 

 

その日の調子… 

 

なぜ 

相手後衛の打点とミドルを結んだ線上か? 

 

理由を知らないとただ言われた通りに 

必死に線の上に立ってるだけ。 

 

試合に勝つ負ける以前の問題で 

他人に従ってやるソフトテニスって 

楽しいんですか? 

 

(^。^)やるなら楽しい方がいい! 

 

相手が打ってくれるからボレーできる 

 

さてそれでは前衛のポジションを 

さらに深くみていきましょう。 

 

前回までで 

ミドル寄りにポジションを取ることで 

味方後衛を助ける 

(相手後衛の邪魔をする) 

というところまでお伝えしました。 

 

でもソフトテニスって 

後衛前か、ミドルか、サイドか 

の三択だけじゃないですよね? 

 

第四の選択肢 

お察しの通りロブです。 

 

ソフトテニスは 

2D(平面)じゃなくて3D(立体)です。 

 

(^。^)当たり前だわな 

 

例えば 

相手がロブで走らせてくるときに 

ミドルばかり守っていたら 

どうなるでしょうか? 

 

味方の後衛が超大変ですね笑 

 

もちろん後衛さんは 

走ってボールをつなげることが仕事なので 

頭越えのロブを打たれたらある程度は 

後衛さんに任せることになります。 

 

でも、例えば相手が中ロブが得意で 

味方後衛がとても苦しそうなとき 

 

前衛さんが何もしなかったら 

そのまま不利な状況ばかりが 

続いてしまいます。 

 

相手後衛が 

「あ、この前衛 

全然上追わないじゃん。ラッキー。 

じゃあ中ロブ打ち放題だわ。」 

って思ってるときに 

 

「よし!ポーチボレー出たろ!」 

と張り切っても意味ないわけです。 

 

だってシュート打ってこないんだもん。

 

本当に当たり前のことばかり言いますが 

ポーチボレーを決めるためには相手後衛が 

低い弾道のボールを打ってくれないと 

そもそもボレーできないわけです。 

 

当たり前ですけど 

意外と意識できていない人が多い! 

ポジションも3D 

 

じゃあどうすれば 

相手後衛にロブを打たせないように 

できるのか? 

 

答えは簡単。 

 

上を追えばいいんです。 

 

(^。^)当たり前のことばっか言ってんな 

 

より正しく言うと 

 

相手後衛に 

「あ。こいつ上追ってんな。 

簡単には中ロブ打てないな…。」 

思わせればいいんです。 

 

もちろん上を追って 

スマッシュでポイントできるに 

こしたことはないんですが 

 

例えば多少スマッシュが下手でも 

相手が勝手に「中ロブ打てないわ」と 

判断してくれれば 

それだけで味方後衛を助けられます。 

 

(あまりにもスマッシュが下手だと 

 

「こいつ上追ってるけど 

スマッシュ下手だから気にせず 

中ロブ打ちまくろ」 

と思われちゃうので 

 

そりゃ当然ある程度 

技術は必要ですよー!) 

 

では、どうすれば相手に 

「こいつ上追ってるな…」 

と思わせることができるのか? 

 

ここでポジションが 

活きてくるってわけですよ。 

 

1歩ポジションを

下げればいい。 

 

1歩下がることで 

相手に「こっちは上を追ってるよ」 

と伝えることができるんです。 

 

1歩ってどれくらいですか? 

とか色々気になるかと思いますが 

それは実際試してみた方が早いです。 

 

試しにポジションを変えてみて 

ラリーが終わった後に相手に聞きましょう。 

 

「今の俺のポジション、どうだった?」 

 

ネットから何メートル後ろか? 

とかはぶっちゃけどーでもいいんです。 

 

大事なのは

相手がどういう印象を受けたのか? 

 

聞くの恥ずかしいとか 

言ってる場合とちゃいますよ! 

 

自分一人であれこれ考えても 

ソフトテニスは強くならない。 

 

だってソフトテニスって 

一人でやるスポーツじゃないから 

 

(^q^)めっちゃいいこと言ったわ 

 

駆け引きの本質 

 

「え? 

相手に上追ってるってバレちゃったら 

意味ないんじゃ?」 

 

と思われた方。 

 

思い出してください。 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合いです。 

(なにそれ?って人は↓) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!    ども ささです!    試合で勝ちたい後衛さん。 必見です。  ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。  理由は後でわかります(^。^)  ...

 

 

 この余裕ってのは 

時間の余裕だけじゃなくて 

選択肢の余裕も含まれてるんです 

 

「シュートも打てるし 

中ロブも打てるし 

サイドパスも狙える!」 

 

って思ってるA君と 

 

「上追われてるから 

中ロブは打てないな… 

サイドパスはさっき止められたしな…」 

 

って思ってるB君。 

 

相手前衛にポーチボレー 

決められちゃいそうなのは 

どっちの後衛でしょうか? 

 

A君は 

打つコースの選択肢が多いですね。 

心に余裕があります。 

 

ポーチボレーに出られても 

落ち着いてロブでかわせそうですね。 

 

一方B君はどうでしょうか? 

 

打つコースの選択肢が少ないですね。 

後衛前に打つしかなさそうです。 

 

心に余裕がないので 

もしポーチボレーに出られたら 

焦ってミスりそうですね。 

 

余裕の奪い合いも 

1つの意味だけじゃない。 

 

ソフトテニスって 

奥深いな〜(^。^) 

 

まとめ 

 

・前衛のポジションの基本 

相手後衛の打点とミドルを結んだ線を 

味方後衛がいない方の足で踏む 

 

・ポジションは3D 

1歩下がることで 

「ロブを追ってる」という 

印象を相手に与える 

 

・ポジションで相手の 

選択肢を奪う 

 

ボレーやスマッシュが 

破壊力抜群じゃなくても  

ポジション取りが上手いと 

それだけで相手が警戒してくれます。 

 

あ、でも一応言っておきますが 

もちろんボレーやスマッシュの技術も 

最低限は必要ですよ! 

 

ボレーやスマッシュがあまりにも 

決まらなかったら 

「あ、気にせず打っても大丈夫だ」 

って思われちゃいますから。 

余裕を奪えません。 

 

ボレーやスマッシュがビシッと決まると 

「うわ。打ち損じたら決められるわ。」 

と思ってくれます。 

 

この「打ち損じたらやばい」と思っている 

状態でポジションを変えるから 

より相手に効くんですね。 

 

ポジションは技術を助けるし 

技術はポジションを助ける。 

 

だからソフトテニスは面白い! 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!ども ささです!ちょっぴりレベルの高い話シリーズ。今回は後衛さんの「懐」(ふところ)の話。「懐」ってなんなんだ?「懐」ね。あーね。知ってるよ!…けどどーやってつく…sasasft.net2019.01.25 前衛のポジションをさらに詳しく前衛のポジションをさらに詳しくども さ… […]

  2. […] 後衛必見!強くなりたいならライジング!後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと …sasasft.net2019.02.13 前衛のポジションをさらに詳しく前衛のポジションをさらに詳しくども さ… […]

  3. […] 後衛必見!強くなりたいならライジング!後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと …sasasft.net2019.02.19 前衛のポジションをさらに詳しく前衛のポジションをさらに詳しくども さ… […]