前衛のポジションをもーちっと詳しく

ノウハウ

前衛のポジション もーちっと詳しく 

 

ども ささです! 

 

前衛さんはもちろん

後衛さんもポジション取りについて 

知っておくことでソフトテニスが 

さらに楽しくなりますよ〜。 

 

前回前衛のポジションの基本 

を説明しました。 

今回は前衛のポジションについて 

もう少し踏み込んだ話をしていきます。 

 

ポジションは奥が深いので 

1回や2回じゃ語りきれない! 

 

ポジションだけでも 

こんなに奥が深いんだから 

 

ソフトテニスって本当に 

人生通して楽しめる 

めっさ熱いスポーツよね 

(^。^) 

 

前置きはこのくらいにしといて 

ポジションの世界をのぞいてきましょ! 

 

前回の復習から 

 

一応ポジションの基本を 

さらっとおさらいしときます。 

 

ダブルスは

コートを半分ずつ守る 

 

だけどミドルとサイドいっぱいいっぱいの 

価値を比べると基本的にはミドルの方が 

価値が高いので 

 

基本のポジションは 

相手後衛の打点と

ミドルを結んだ線上 

ってなるんでした。 

損小利大の考え方です! 

 

あとは 

相手後衛が止まるときには 

ポジション取りが完了 

っていうポイントもありましたね。 

準備の早さです! 

 

今回はこの基本を踏まえての話。 

まずは基本! 

 

基本について詳しく知りたい人は↓ 

前衛のポジションの基本!
前衛のポジションの基本!ども ささです。ポジションがよーわからんっていう前衛さん必見です!ボレーやスマッシュの技術ももちろん大切だけどポジションも超超超大事。実はボレーがそこまで上手くなくてもス...

「線の上に立つ」? 

 

基本をおさらいしたとこで 

今回のメインに入ってきます。 

 

相手後衛の打点とミドルを結んだ 

線の上に立つ 

 

さらっと言いましたが 

ここで「ん?」と思った方 

いませんか? 

 

相手後衛の打点とミドルを結んだ線 

ってのはイメージできますよね? 

 

ここで鋭い人は迷います。 

 

「線の上に立つ」って 

線を踏めばいいの? 

線をまたげばいいの? 

 

踏むんだとしたら 

どっち足で踏めばいいの? 

 

…どーすか? 

 

「言われてみれば」 

って感じでしょーか? 

 

ちなみに僕は最初 

線の上に立つと言われたとき 

勝手に線はまたぐものだと 

思い込んでました笑 

 

いやまぁ間違いじゃないんですが。 

 

「知らない」ってのはやっかいですよ。 

気づかないと一生直りませんから。 

 

例えば 

「止まって打つ」を 

「身体を止めることで 

ストロークが安定する」 

という意味でしか 

知らないっていうパターン。 

 

「止まって打つ」の本当の意味 

知らないので下手すると 

身体を固めて、無理やり止めて 

打とうとしちゃいます。 

 

本当の意味を知らないから 

逆にストロークが安定しない。 

 

(「止まって打つ」の本当の意味は↓

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?
ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは?  ども ささです!  とにかくストローク上手くなりたい!  そんなあなたに ぴったりの練習がありますよ (^。^)  その名も 1本足乱打  な...

 

さて話を戻して 

前衛のポジションの 

「線の上に立つ」について 

「知って」いきましょう! 

 

「線の上に立つ」の基本 

 

先ほどもちょろっと 

言った通り 

「線の上に立つ」といっても 

 

線を踏めばいいのか 

線をまたげばいいのか 

どっち足で踏むのか 

 

知らないとあかんことが 

あるわけです。 

 

結論から言うと 

線をどっち足で踏むか 

もしくは線をまたぐのか

ってのは場合によっていろいろです。 

どれが正解ってことはない 

 

でも何でもありだと迷ってしまうので 

とりあえず基本をお教えします。 

 

例えば下の図のような 

クロス展開のとき 

 

味方後衛さんが右側を守ってます。 

前衛さんは左側を守るってことです。 

 

だから 

後衛の打点と

ミドルを結んだ線を 

右足で踏みます。 

 

線を右足で踏めば 

身体が線の左側によりますよね? 

 

線を右足で踏めば 

左側を守れるわけです。 

 

右ストレート展開も同じく 

線を右足で踏めば左側を 

守ることができる。 

 

 

逆クロス展開と 

左ストレート展開ならば 

後衛さんが左側を守ってるので 

線を踏む足は左足になるわけです。 

 

一応図を↓ 

  

 

「線の上に立つ」の応用 

 

ダブルスはコートを半分ずつ守る

が基本ですからね。

 

でも場合によっては 

ポジションを変える必要が 

出てきます。 

 

味方の後衛が 

常に深いボールを打ってくれるので 

相手が簡単にサイドパッシングを狙えない。 

 

かといって相手後衛も強いので 

しっかり深いボールで繋げてくる。 

 

このままラリー合戦だと 

勝率50パーセント。 

 

こうなってくると 

勝つためにより攻めたポジションを 

とらないといけなかったりするわけです。 

 

クロス展開を例にすると 

右足で踏んでいた線を 

今度はまたいだり 

もしくは左足で踏んだりします。 

 

半分ずつ守る 

というバランスを崩して 

攻めるポジションにするわけです。 

 

変わったのは 

半歩、もしくは1歩分だけ。 

 

でも

この1歩の違いが 

めちゃくちゃでかい。 

 

これは実際にやってみれば 

よーくわかります。 

 

「え!? 

そんなとこに立つの!?」

ってくらい変わります。 

 

お試しあれ(^。^) 

 

とにかく 

ポジションを変えることで 

相手の邪魔をしたいんです。 

 

もちろん 

ポジションを変えるってことは 

守りのバランスを崩すってことなんで 

相手後衛にサイドパスを打たれて 

ポイントを決められる可能性も上がります。 

 

それでも相手後衛は迷います。 

 

「あいつあんなとこ立ってるけど 

もしかして俺がサイドに打つのを 

待っている…?」 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合いです。 

 

(余裕の奪い合い?って人は↓) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

迷えば余裕がなくなります。 

 

実際にサイドを待つか 

それともポーチに出るのか 

何もしないのか 

そこは駆け引きです。 

 

これが正解とかないですよ。 

正解とかあったらみんな 

同じことやってますよ! 

 

ポジションを変えるということは 

リスクを負うということです。 

 

リスクを負うからリターンがあるんです 

 

相手と自分の実力を分析して 

リスクを負う価値があるのかを 

判断します。 

 

損小利大の考え方です。 

 

まとめ 

 

・前衛のポジションの基本は 

相手後衛の打点とミドルを結んだ 

線の上に立つ 

 

・味方後衛が守っている側と 

反対側を守るのが基本。 

どっち足で線を踏むか? 

 

・と自分の実力を分析して 

ポジションで駆け引き。 

線をまたぐ。逆足で踏む。 

半歩、1歩分の差がでかい! 

 

・リスクを負う価値があるか? 

損小利大。 

 

ソフトテニスは常に状況が 

変わるスポーツです。 

 

コートも変わるし 

天候も変わるし相手も変わる。 

 

自分たちも調子が良かったり 

調子が悪かったり。 

 

味方の後衛が調子悪いなら 

攻めたポジションにして 

助けてあげるとか。 

 

いちいち何が正解とか 

言ってる場合とちゃいますよ。 

 

うわー。 

頭パンクしちゃいそー。 

 

でもね 

実は前衛のポジションは 

まだまだ話が続くんですよ笑 

 

焦らず基本をおさえましょう。 

 

基本ができないと 

相手と駆け引きすらできません。 

 

ソフトテニスを楽しむためにも 

まずは基本! 

 

これは忘れずに! 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント