【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)

サーブ

ソフトテニスのサーブ 

 

ども ささです! 

 

今回から数回にかけて 

ソフトテニスのサーブ 

 

その上達法を 

伝えていこうかと。 

 

あ、 

オーバーサーブ 

(上から打つやつ)ね 

 

アンダーカットとかは 

また今度(^。^)  

 

初心者向けとは 

言っとりますが 

 

中級者以上の方も 

復習みたいな感じで 

聞いてくだされば。 

 

どぞ。 

 

まずはマインド(またかよ) 

 

ソフトテニスの 

サーブ上達法 

 

そのファーストステップは 

マインド(考え方)です。 

 

(^q^)お前その話しかしないやんけ

 

すいませんorz 

 

でも 

僕は強くなるために 

必要なことしか話しません。 

 

まず技術よりも 

マインド。 

 

これだけは 

肝に命じてください。 

 

もちろん次回から 

トスの上げ方や 

打ち方云々の話も 

していきますので。 

 

ソフトテニスのサーブにおけるマインド① 

ではさっそく。 

 

サーブ

 

というか 

レシーブだろうが 

ストロークだろうが 

なんでもそうなんですが 

 

思い通りに打てるなら 

何でもいい。 

 

これだけは 

絶対に忘れないでください。 

 

次回以降 

具体的な身体の使い方 

とか話し始めますが 

 

あくまでコツです。 

 

人間の身体の構造的に 

打ちやすいだけ。 

 

物理学的に 

打ちやすいだけ。 

 

です。 

 

ちょっとくらい 

形が悪くても 

問題ないから! 

 

目的は 

思い通りに打つこと。 

 

フォームを固めること 

じゃないじゃろ? 

 

※強くなるために捨てるべき

3つの常識よ!

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方ども ささです。僕はいつでも本気でソフトテニスで強くなるために必要なことだけ発信すると心に決めているのですが今回の記事は特に本気で書きました。...

 

ソフトテニスのサーブにおけるマインド② 

 

次は 

サーブを練習するメリット 

について説明します。 

 

メリットがないことを 

やる必要はないです。 

 

時間は有限です。 

 

ましてや 

中学校とか 

高校とか 

大学とか 

 

人生100年のうち 

 

3年間、もしくは 

4年間しかない 

限られた期間で 

結果を出したいなら 

 

時間を無駄にするわけには 

いかないわけです。 

 

(^。^)かっこいいこと言ったわ 

 

 

サーブのいいところは 

2つ。 

 

ソフトテニスで唯一 

自分で打ちやすいように 

自分でボールを調整できる 

プレーだということ。 

 

そして 

 

全てのプレーの始まり

ということ。 

 

練習さえすれば 

いつでも打ちやすい状態 

で打つことができるので  

 

武器にしやすい。 

 

しかも 

プレーの始まりなので 

 

サーブが強くなれば 

最初から有利な状態で 

そのポイントを 

プレーできる。 

 

攻撃は最大の防御 

とはまさにこのことよ 

 

これは 

練習するしかねぇ! 

(^q^) 

 

この辺も合わせて読んどくと

いいかもです↓

ソフトテニスのファーストサービスで優先順位を考える!
 サービス大事よ  ども ささです!   今回は ファーストサービスについて  打ち方云々は置いといて 考え方の話です。 (マインドね)  サービスを制するものは テニスを制する  って言われるくらい ...

 

ソフトテニスのサーブにおけるマインド③ 

 

ほんでもって 

最後のマインド。 

 

サーブを打つときの 

心構えの話。 

 

先程 

サーブは武器になると 

言いましたが 

 

全部が全部 

サービスエース 

 

というのは 

 

よほどの実力差がないと 

ありえない。 

 

あくまでも 

 

実力が同じか 

少し上の相手に 

勝つにはどうするか? 

 

が基本です。 

 

 

格下なら 

まず負けないのだから 

相手に合わせない。 

 

(なめてかかって 

逆襲とか 

されないように) 

 

格上なら 

まず勝てないのだから 

全球攻める。 

(程度によるけども) 

 

脱線しそうだから 

この話はまた今度! 

 

とりあえず 

 

実力が同じか 

少し上の相手に対して 

 

サーブを打つとき 

どー考えるか。 

 

2種類ある 

僕は考えてます。 

 

サーブの種類1 

 

1つは 

攻められないサーブ。

 

かつ

 

攻めるための

布石。 

 

基本のサーブです。 

 

ファーストならば 

7割、8割は入れる。 

 

スピード落としてでも 

コントロール重視。 

 

ただ

遅すぎると 

流石に攻められるので 

そういう意味で 

 

確率だけじゃなく 

スピードも7割、8割。 

 

狙うコースは 

 

後衛サイドなら 

ミドル 

 

前衛サイドなら 

バック側 

 

これは相手のバック狙い。 

バックは攻めにくいから。 

 

とかなんとか 

言っとりますが 

まぁ状況によるよね。 

 

相手が左利きだったら 

フォアになっちゃうしね。 

 

フォアより 

バック得意なやつもいるし。 

 

自分の前衛さんが 

守り得意かどうかも 

あるし。 

 

まぁでも 

 

相手のバックが 

鬼やべえとか 

 

左利きでフォアが 

神ってるとか 

 

じゃない限り、 

 

ある程度のスピードと 

正確なコースさえあれば 

 

基本バック狙いで良いかと。 

 

大事なのは 

継続して1つのコースに 

打ち続けること。 

 

これが

次の布石になる。 

 

サーブの種類2 

 

もう一つは 

 

こちらから攻める 

サーブ

 

です。 

 

 

あわよくば 

サービスエース 

を狙います。 

 

欲しいポイント 

勝負所で使います。 

 

狙うコースは 

 

後衛サイドは 

クロスに鋭角に。 

 

前衛サイドは 

ミドル。 

 

とか言われてる。 

 

さっきと同じで 

特別な場合もあるけど 

 

今回は基本に沿って。 

 

7、8割のサーブを 

継続してずっと 

同じコースに打ち続ける 

のはこのため。 

 

7、8割のスピードに 

目が慣れている 

 

かつ 

 

ずっとバック側に 

打たれている 

 

という状態から 

 

急に逆サイドに 

速いサーブ! 

 

ドカーン!

 

そんなのあからさまで 

バレるんじゃと 

思うかもしれませんが 

 

わかってても効くんだな 

これが(^。^) 

 

「こいつずっと 

バック側狙ってくんな… 

 

いつフォア側に 

打ってくるんだ…?」 

 

迷わせたら 

こっちのもん

なんですよ。

 

それだけで 

 

ノープレッシャーの 

状態より相手が 

打ちにくい状況が 

生まれます。 

 

その状態にできたら 

 

あえて攻めるサーブを 

使わないという 

選択肢も出てくるわけです。 

 

心理的に 

優位に立てる。 

 

まとめ 

 

サーブ上達には 

まずマインド。 

 

1 フォームは手段。 

目的じゃない。 

 

2 サーブを極めるメリット

プレーの始まり

かつ

自分でコントロールできる

 

3 サーブの戦略

7~8割安定して入る布石のサーブ

ポイントを決めるサーブ

 

オーケーですかい? 

 

なんか今回の話 

聞いただけでも 

強くなれた 

気になりません?  

 

僕はなります。 

 

(^q^)自分で言っちゃう 

 

次回は 

トスの上げ方よ! 

 

予定だからずれるかも。 

 

気長に待ってください 

(^。^) 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […]  前々回と前回に引き続き  […]

  2. […] 【ソフトテニス】サーブのコツ!(マインド編)ソフトテニスのサーブども… 【ソフトテニス】サーブのコツ!(トス編)ソフトテニスのサーブのコツ。トス編。ども ささです!この記事は前回の続きです。サーブの上達法を一からお伝えしてこうという感じです。今回はトスの上げ方のコツ一応前回の復習ですが思い通り…sasasft.net2019.01.01 【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)ソフトテニスサーブのコツ基礎の基礎ども! ささです。前々回と前回に引き続きサーブの打ち方講座です。初心者の方やサーブがうまくいかない!と悩んでいる方へ参考になれば嬉しいです(^。^)…sasasft.net2019.01.01 […]

  3. […] […]

  4. […] この記事はマインド編の続きです。  […]

  5. […]  マインド編とトス編に引き続き  […]