【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか?

マインド

【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか?

こんばんは、ささです(^o^)

 

ソフトテニスしていると

・調子が良ければ負けなかった

・なんであの人はいつも調子がいいんだろう?

なんてことがありますよね。

 

そんな人に向けて今回の記事を書きました。

 

弱い自分を変えたい!

って人はぜひご覧ください。

 

動画でポイントを確認!

まずは動画をご覧ください

 

動画をみたことを前提に話を進めます!

 

そもそも強い人も調子の波はある

 

なんであの人はいつも調子が良いんだろう

って思う人が多いようですが、

(てか、かつては僕もそう思ってましたが)

 

そもそも人間であれば誰であっても
調子の波はあります。

 

ただ、強い人は

調子の波が小さい
(調子良いときと悪いときの差が少ない)

=調子が悪くても勝てる

ってことです。

 

これは才能の問題ではありません。

 

たしかに、生まれつきの性格で
緊張しやすさ、調子を崩しやすさが
違ったりもしますが、

そんなものは誤差の範囲です。

 

強い人は

調子の波を大きくしすぎない工夫

調子が悪くても勝てる工夫

普段から行なっている。

 

弱い人は準備していない。

 

ただ、それだけの話です。

 

では、ここからは
強い人がどんな準備をしているのか
みていきましょう!

 

心構えの話具体的な話に分けて

お伝えします。

 

強い人の工夫①心構え

 

先ほども説明した通り、
人間には誰しも調子の波があります。

 

ただし、

どこを基準とするか

が強い人と弱い人とで違うんですね。

 

例えば

「調子が良ければ負けなかった

と言ってしまう(思ってしまう)場合。

 

これは、

波の真ん中よりも上の部分を
自分の実力と認識している

ってことですよね。

 

実力を発揮できれば勝てた

って考えてしまう気持ちは
めちゃくちゃわかります。

 

本当の自分はこんなダサくはない

今のは調子が悪かっただけ

 

こう考えれば、
その瞬間は傷つかずに済みます。

ただ、救われるのはその瞬間だけです。

 

強い人は

調子が悪いときが自分の実力

実力を発揮できるかどうかも含めて実力

と認識しています。

 

 

だから、

どうすれば調子が悪くても勝てるのか

どうすれば調子を落とさずに済むのか

という考えに「自然と」なります。

 

今のは調子が悪かったから仕方ない

 

これって

「過去」について言い訳をしているだけで、

次につながりません。

 

一方、

どうすれば調子が悪くても勝てるのか

というのは「未来」のために
考えていますよね。

 

強い人は心構えが「前向き」

弱い人は心構えが「後ろ向き」

ということです。

 

我ながら良いこと言うな〜(^o^)

 

強い人の工夫②具体的にどう考えるか

 

調子が悪いときこそ自分の実力

実力を発揮できるかどうかも含めて実力

という心構えを持った上で、

具体的にどう考えるか?

 

色々方法はあるんですが

「身体の状態」を分析しておく

ってのがおすすめです。

 

調子が悪いとき自分の「身体の状態」は
どうなっているか?

(調子が良いときも同様)

 

人によっては

足を素早く動かすことで調子が良くなるかも
しれませんし、

背筋が曲がっているとミスしやすいかも
しれません。

 

答えはないので、
自分に合うものをひたすら探す。

 

地味だけど、強さの秘密はこれに尽きます。

 

ちなみに、なんで「身体の状態」が
おすすめなのかというと、

目に見えるもの方がコントロールしやすい

からです。

 

例えば、

「楽しい気持ち」だと調子が良い

ってな感じで「心理状態」を分析した
としても

 

いざ試合のときに「楽しい気持ち」を
自由自在に引き出すのは難しいです。

(不可能ではないけど)

 

一方、

足を素早く動かす

みたいな「身体の状態」は「心理状態」に
比べると実践しやすい。

 

というわけで、

ひとまずは「身体の状態」を

分析していきましょう!

 

ほんとはこの後もう少し話が続きます。

 

「身体の状態」といっても

「膝を曲げれば」調子が良い

みたいな感じだと強くはなれない

っていう話や

 

分析ってどうやればいいのか?

っていう話など

 

この辺の話は記事の最後に紹介する
無料企画でお伝えしています。

 

なんとなくじゃなくて、

本気で強くなりたい

って人は企画で待っています!

 

まとめ

 

強い人にも調子の良し悪しはあるが、
心構えが違う

調子が悪いときこそ実力
実力を発揮できるかどうかも含めて実力

「身体の状態」を分析しておく

 

強さの秘密は準備の差。

 

才能のせいにする(過去の言い訳をする)

暇があったら

次、どうすべきかです。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント