【ソフトテニス】前衛さん!相手後衛の「ここ」を見よう!

ノウハウ

前衛さん! 相手後衛のここを見よう! 

 

ども ささです! 

 

ポーチに出るべきか 

それとも守るべきか 

相手後衛のどこ見ればええの? 

 

前衛さんのそんな悩みにお答えします 

(^。^) 

 

後衛さんも今回の話を聞いておくことで 

どうすれば相手前衛と戦えるのか 

わかるんじゃないでしょか。 

 

さっそくいきましょう! 

 

後衛の打ち方には2種類ある 

 

フォームに正解はありません。 

選手の数だけフォームがあります。 

 

(余談ですが 

 

フォームでストロークを安定させる 

って考え方は捨てた方がいいですよ。 

 

捨てるべき考え方って記事でも 

お伝えしましたが 

フォームはおまけです。 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方ども ささです。僕はいつでも本気でソフトテニスで強くなるために必要なことだけ発信すると心に決めているのですが今回の記事は特に本気で書きました。...

) 

 

柔らかい滑らかなフォームもあれば 

力強い「剛」って感じのフォームもある 

本当に色々なフォームがあります。 

 

(^。^)みんな違ってみんないい 

 

だけど実は 

試合中の後衛の打ち方って 

大きく分けると2つしかないんです。 

 

試合中の後衛の打ち方は 

 

前衛を見ずに打つか 

前衛を見て打つか 

 

この2種類です。 

 

前衛を見ないで打つのは 

決め打ちと言います。 

 

見ないっていうのは 

本当に見ないわけじゃないですよ! 

 

視界の中には前衛が入ってますし 

前衛の方へ牽制もあります。 

 

(後衛は前衛に牽制を入れるのが基本。 

詳しくは別の記事でorz) 

 

だけど最終的に打つときには 

前衛のことを気にせずに打つ。 

 

打つコースを決めて打つから 

「決め」打ちです。 

 

一方、 

 

前衛を見て打つのはそのまんま 

見て打ちと言ったりします。 

 

決め打ちと同じく 

牽制とかは変わらないですが 

最終的に前衛のことを 

気にしながら打つってことです。 

 

相手後衛が 

自分のことを気にしていないか 

自分のことを気にしているかによって、 

前衛さんは動き方が変わってきます。 

 

…おっと。 

ここでこんな声が聞こえてきそうです。 

 

相手後衛が 

自分を気にしてるかどうか 

どうやって判断すんの? 

 

わかりました。 

ばっちりお伝えいたしましょう! 

(^q^) 

 

相手後衛のここを見ろ 

 

相手後衛が 

自分を気にしてるかどうか 

判断するポイント。 

 

それは… 

 

相手後衛の 

打つタイミング 

です。 

ライジングで打ってきたら 

後衛は相手前衛のことを 

気にしていません。 

 

打点を落として 

タイミングを遅らせている場合 

後衛は相手前衛のことを 

気にしています。 

 

ライジングってなんぞや? 

って人は↓ 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

ライジングのタイミングは 

途中で打つコースの変更は 

まず無理です。 

 

たまに器用に打つコース 

変えられる人もいますが 

百発百中は無理。 

 

途中で打つコース変えようとすれば 

ミスが増えます。 

 

だから「決め」打ちなんです。 

 

高い打点 

つまり早いタイミングで打つのは 

相手後衛さんが強気な証拠。 

 

「取れるもんなら取ってみろや!」 

って感じなわけです。 

 

一方 

相手後衛が打点を落とした場合。 

前衛さんのことを気にしているって 

ことになります。 

 

「相手前衛出てくんのか?」 

 

迷っている時間があると 

その分打つタイミングが 

遅れていくわけです。 

 

打つタイミング、打点の高さに 

相手後衛の心理が現れる! 

 

前衛の動き方 

 

では今度は相手後衛が 

決め打ちの場合と、見て打ちの場合と 

それぞれで前衛はどう動くべきか 

説明しまっす! 

 

相手後衛が自分のことを 

気にしていない 

つまり、決め打ちの場合。 

 

この場合は 

ちょっと早いタイミングでポーチ出たり 

サイドを空けたポジションについたり 

何かしらの行動を起こす必要があります。 

 

相手後衛に自分の存在を 

チラつかせましょう。 

 

…あ 

 

一応言っておきますが 

相手後衛と味方後衛の力量差にも 

よりますよ! 

 

ラリーが続いたときに 

味方後衛が余裕で勝てるなら 

別に何もせんでもええわけです。 

 

あくまでも 

ラリー力が互角だったり 

相手後衛の方がラリー強かったり 

 

このままだと不利だな 

 

という状況のときは 

前衛が仕事をせなあかんのです。 

 

今回は 

前衛さんが仕事をしなきゃいけないって 

状況の話ですよ〜。 

 

さて話を戻します。 

 

相手後衛が決め打ちのとき 

前衛さんは自分の存在を 

相手に気にさせるようにします。 

 

そうしないと 

相手後衛打ち放題ですから。 

 

相手が気持ちよく打てないように 

邪魔をします。 

 

では相手後衛が見て打ちのときは 

どうするか? 

 

答えは簡単。 

 

動かずにじっと見て

その後判断すればいい。 

 

だって相手は 

 

前衛がいつ動くのか、 

どっちに動くのかを 

見てから打とうとしてるんですから 

 

ここでピタッと動かずに待っていると 

相手後衛は 

 

「え⁉︎ 

どっちに動くのかわかんない⁉︎」 

となるわけです。 

 

相手後衛が見て打ちならば 

焦らずじっくり観察してやって 

その後でポーチに出るなり 

上を追うなり 

そのまま何もしなかったりと 

色々できます。 

 

前衛と後衛の駆け引き 

 

前衛は存在感を出して 

相手後衛の邪魔をする。 

 

そして、相手後衛が 

自分のことを気にし始めたら 

今度はじっくり観察してやる。 

 

こうやって説明されると 

めっちゃ単純ですよね? 

 

本当にこんなんで効くのか? 

 

効くんだなこれが。 

 

ソフトテニスのストロークって 

0.1秒ズレたらもう思い通りに 

打つのむずいんです。 

 

だって 

0.1秒あったらボールって 

50cmはズレるんですよ? 

 

「前衛出てくるかなぁ? 

どーなんだろ…」 

とか思ってたら 

絶対に少しはズレます。 

 

ズレたらいつも通りには打てない。 

ミスが多くなるし、 

ミスまで行かなくても 

攻められることはまずありません。 

 

仮にポーチが決まらなかったとしても 

その結果相手が 

自分のことを気にしてくれれば 

その後のラリーが有利になります。 

 

ここまで話せばもうわかるかと 

思いますが 

 

後衛さんはビビったら負けなんです。 

 

1本ポーチを決められて 

すぐに見て打ちに変えたら 

相手前衛の思うツボですよ! 

 

まとめ 

 

・試合中は相手後衛の 

打つタイミングに注目! 

決め打ちか?見て打ちか? 

 

・前衛さんは相手に 

自分の存在を気にさせる! 

相手が気にし始めたら 

今度は動かない! 

 

・後衛さんはビビったら負け! 

 

前回のライジングに引き続き 

結構レベルの高い話になります。

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

 

もちろん 

そもそもストロークミスが多すぎたり 

ボレーが決まらなかったりすれば 

試合には勝てません。 

 

技術は必要です。 

 

しかし、今回みたいな話を 

知っていれば 

 

そこまで綺麗にボレーが決まらなくても 

相手が自分を気にすればok 

 

みたいな感じで

気が楽になりませんか? 

 

気が楽になれば 

プレーがしやすくなります。 

 

逆もまた然りで 

ボレーが上手ければ 

相手後衛がビビりやすくなります。 

 

「うわぁ…相手前衛強くね…?」 

 

相手が戦意喪失してくれれば 

より勝ちやすくなります。 

 

技術は戦略を助けるし 

戦略は技術を助けます。 

 

だからソフトテニスは面白い! 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]