ソフトテニスに「フォーム」はいらない!?

ソフテニ雑記

ソフトテニスに「フォーム」はいらない!? 

 

ども ささです! 

 

フォームいらないとか 

ありえなくね? 

 

という方はご覧ください。 

 

前々からちょくちょく 

僕が言っていた 

「フォームはいらない」 

という言葉。

↓このへんで言ってる 

ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方
ソフトテニスで強くなるために絶対捨てるべき3つの考え方ども ささです。僕はいつでも本気でソフトテニスで強くなるために必要なことだけ発信すると心に決めているのですが今回の記事は特に本気で書きました。...

 

今回は僕が伝えたい 

「フォームはいらない」 

の意味を説明していきたいと 

思います。 

 

フォームがいらないとか 

頭おかしいんじゃね? 

 

と思われるかもしれませんが 

 

ちゃんと理由があって 

こんなこと言ってます! 

 

「フォーム」はどんなものにも 

 

「フォーム」と言われると 

どんなイメージありますか? 

 

ソフトテニスで言えば 

 

膝を曲げるとか、テイクバックの仕方とか 

体重移動とか、スイング軌道とか… 

 

ですかね。 

他にもたくさんあると思います。 

 

利き手じゃない方の手をどーするとか 

手首の角度とか 

 

無限に出てくるんじゃないでしょうか? 

 

他のスポーツにも 

「フォーム」はありますよね。 

 

野球の投球フォームなんかが 

イメージしやすいでしょうか。 

 

肘の高さとか、内旋運動だとか 

手首のスナップだとか。 

 

サッカーの蹴り方 

マラソンの走り方 

弓道の弓の引き方… 

 

なんにせよ 

どんなスポーツにも 

「フォーム」はつきものです。 

 

スポーツに限らず 

 

例えば料理をするとき 

包丁の使い方とかも 

「フォーム」ですよね。 

 

引きながら切るとか、 

食材を抑える手は猫の手とか。 

 

マジでどんなものにも 

「フォーム」はある。

 

そんな中、僕は 

「フォームはいらない」 

とか言ってるわけです。 

 

目立ちたいから 

みんなと逆のこと 

言ってるわけじゃないですよ笑 

 

フォームは大切 

 

「フォームはいらない」 

という言い方だと 

 

まるで 

「フォームは大切じゃない」 

って意味に聞こえてしまいますが 

 

僕が言いたいことは 

そういうことじゃない! 

 

フォームは大切ですよ! 

そりや! 

 

膝まったく曲げずに 

体重移動まったくせずに 

打つよりも 

 

膝を柔軟に曲げて、 

体重移動して身体全体で 

打つ方が良いボール打てます。 

 

だから、 

強くなるために「フォーム」が 

まったく必要ないわけじゃない。 

 

だけど、 

 

ソフトテニスにおいては 

「フォーム」ばかりに 

捉われてしまう人が 

めちゃくちゃ多い! 

 

ソフトテニスは 

いかにフォームを綺麗にするか 

を競うスポーツじゃないですよね。 

 

ソフトテニスは 

1球だけ多くボールを 

相手コートに返すスポーツです。 

 

もちろん、ただ返すだけじゃ 

勝てませんから、 

その返し方を工夫していく 

 

この返し方の工夫が 

いわゆる戦略とか駆け引きです。 

 

その戦略とか駆け引きを実践するために 

重要になるのが 

 

思い通りに

ボールを打つこと 

 

です。 

 

フォームは 

思い通りにボールを打つための 

手段のひとつでしかない! 

 

たぶん本当はみんな知っている 

 

まだしっくりこない人も 

いらっしゃると思います。 

 

てか、実は僕もかつては 

 

「フォームいらないとか 

そんなわけねぇだろ!」 

 

っていう考えでした。 

 

だってフォームがなきゃ 

どーやって打ちゃいいのか 

わからなくね? 

 

って思いませんか?笑 

 

でも本当は 

フォームを意識しなくても 

ボールは打てるんです。 

 

人間の身体は上手いこと 

できているから! 

 

なかなか信じられないわ 

って方は 

 

先ほど僕が出した包丁の例を 

思い出してみてください。 

 

包丁の使い方にもフォームがある。 

 

包丁の握り方、包丁の引き方 

食材を抑える手の形、立ち方 

 

これ聞いて、こう思いませんか? 

 

「フォームあるといえばあるけど 

実際に包丁使うときは 

こんな深く意識しない」 

 

たぶん 

初めて包丁使うときは 

持ち方とか教わりますよね。 

 

子供に包丁持たせたら 

危なっかしいじゃないですか。 

 

でも、 

使ってるうちに慣れてきて 

持ち方とか考えなくても 

食材は切れるようになる。 

 

いちいち 

 

「この食材は硬いから 

力を込めないと…」 

 

「千切りするときは 

力を入れすぎると 

疲れるから…」 

 

みたいに考えなくても 

身体が勝手に調節します。 

 

人間の身体の構造とか 

物理学とか考えたら 

 

きっと 

 

「もっともよく切れる 

最適な包丁の持ち方」 

 

みたいなのあるとは 

思います。 

 

ですが 

 

ぶっちゃけ 

食材が切れれば

なんでもいい。 

 

どうでしょうか? 

 

僕が言いたいことは 

まさにこの包丁と 

同じことなんです。 

 

ソフトテニスだって 

 

ラケットに慣れれば 

身体が勝手に調節して 

くれるんです。 

 

思い通りにボールが打てれば 

なんだっていいですよね。 

 

でも、なぜか 

ソフトテニスになると 

「フォーム大事!」ってなる。 

 

強い人のフォームは 

「ああいうフォームにしよう」と思って 

あのフォームになってるわけじゃなくて 

 

「こういうボールを打とう」と思ったら 

勝手にあのフォームになってるんです。 

 

フォームは原因じゃなくて結果! 

 

包丁使うときも、 

わざわざフォーム気にしてませんよね? 

 

(もちろん、ある程度はフォームを 

教えるでしょう。

形から入ることで

感覚をつかめるからです。

 

包丁と同じです。) 

 

そもそも「フォーム」って? 

 

色々言ってきましたが 

 

実はそもそもの話として 

 

「フォーム」という言葉の 

意味の捉え方が違うんじゃないかと 

 

(^。^)またなんか言い出したぞ 

 

ソフトテニスの「フォーム」というと 

 

膝の角度とか、手首の角度とか 

軸の安定感とか、スイング軌道とか 

 

「形」というイメージがあると 

思うんですが… 

 

「フォーム」って

そんな狭い話じゃない! 

(と僕は思ってる) 

 

一番簡単な例は 

足の置き場所。 

 

打ちにくい場所にいたら 

打ちにくいですよね? 

 

あったりまえなんですけど 

意外と足の置き場所が 

意識から外れている人が 

めちゃんこ多い。 

 

だから打てない。 

 

本来「フォーム」は 

足の置き場所も含んでいるはずなのに 

 

テイクバックとか、軸とか 

 

目に見えやすい「形」ばかりに 

注目してしまっている。 

 

もっと言えば 

 

打ち方だけじゃなく、 

ボールを打つイメージとか 

その人の性格とか、ものの考え方とか 

全部ひっくるめて「フォーム」なんだと 

僕は考えています。 

 

(なんか哲学みたいになるんで 

はしょります。) 

 

「フォームが悪い」 

 

とか言いますが、 

 

そのフォームには 

絶対に何かしらの意味があるんです。 

 

どんなに見た目がおかしくて、 

他人からは効率悪そうに見えても 

 

本人にとって何かしら意味があるから 

そのフォームになっているんです。 

 

結果だけ見て 

良いとか悪いとか判断するのは 

 

フォームを見ていない 

=その人と向き合ってない 

 

だと僕は考えています。 

 

まとめ 

 

・フォームは大事だが 

あくまで手段のひとつ 

 

・包丁とソフトテニスは同じ! 

身体が勝手に調節する。 

 

・「フォーム」は

単なる「形」じゃない 

 

最後の方、哲学みたいになって 

すごい眠たかったかもしれません 

 

orzさーせん 

 

僕はソフトテニスに哲学を 

見出したりなんだりしてる 

頭おかしい人ですが 

 

実際に自分が打つときは 

何も考えてません笑 

 

だって考えてたら打てないんだもん 

 

戦略とか理論とか色々言ってますが 

結局打てれば勝てると思ってます。 

 

(^。^)おい 

 

無理やりパッシングとか打ちます笑 

だってそっちのが強いもん。 

 

戦略や理論はおまけです。 

 

参考にはしてますが 

結局目の前の勝負に 

集中できてるかどうかかと。 

 

実際にやるソフトテニスと 

座学のソフトテニスと 

 

一石二鳥で楽しんでるって 

感じです。 

 

考えるべきとこと 

考えないとことを

分けることも 

強くなるコツのような 

気がします。 

 

ささ 

 

 

 

 

Follow me!