【ソフトテニス】乱打が続くようになる練習法。「手テニス」【ストロークのコツ】

ストローク

乱打が続くようになる練習法。「手テニス」

 

ども ささです! 

 

乱打が続かない! 

と悩む方へ。 

 

今回は

乱打が続くようになる超オススメの練習

をお教えいたします。

 

その名も手テニス」 

 

マジで効果高いです。

 

ちなみに

そもそも乱打って
結構レベル高い練習だったりします。

できなくてもおかしくないですよ!

 

乱打の前にまずは基礎を身にけたい人は

ストロークのコツ 3つのポイント

をご覧ください↓

【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえといてほしい3つのポイント
【ソフトテニス】ストロークのこれだけは押さえとけ   こんにちは、ささです(^O^)    今回はストロークのコツを 解説していきます。    一言にコツといっても言おうと思えば いくつでもコツみたいのは...

 

あと

基礎を身につけるためのおすすめ練習法

超低速素振りもどうぞ↓

【ソフトテニス】乱打が続くようになる練習法。「手テニス」【ストロークのコツ】
乱打が続くようになる練習法。「手テニス」   ども ささです!    乱打が続かない!  と悩む方へ。    今回は 乱打が続くようになる超オススメの練習 をお教えいたします。   ...

 

手テニスとは? 

 

毎度のごとく動画です↓ 

 

手でボールを打つショート乱打。 

それだけ。 

 

それだけだけど 

ソフトテニスの基本が詰まった練習です。

 

遊んでるだけに見えるかもしれませんが 

 

手テニスができない人は
マジでストロークが安定しません。

 

逆に 

手テニスができるようになると
ラリーがめっちゃ続くようになります!

 

なぜ手テニスができると
ラリーが安定するのか?

理由を解説します!

 

手テニスで意識すること① 止まる 

 

当たり前ですが 、

手でボールを打つには 

ボールが打てるところまで移動する
必要があります。 

 

でも、
ただ近づくだけじゃあかんわけで。 

 

打ちやすくなるようにしなきゃいけない。 

 

打ちやすくするために大事なのが 

止まる 

ってことなんです! 

 

動画を見てくだされば
おわかいただけると思うのですが 

 

僕はボールがワンバウンドするときには
足を止める
ようにしています。 

 

動きながら打つと不安定になりやすい
からです。 

 

頭が動くと目線がブレる
=打ちにくい

ってことです。 

 

ちなみに 

止まって打つのは 
試合中前衛と駆け引きするため 

という理由もあります。

(動きながら打つと駆け引きできない) 

 

駆け引きの話が気になる人は
↓の記事をどうぞ。

後衛必見!試合で勝ちたいならライジング!【強くなるコツ】
後衛必見! 試合で勝ちたいならライジング! 【強くなるコツ】   こんにちは、ささです(^o^) 試合で勝ちたい後衛は必見です。  ちなみに前衛も聞いといた方がいいです。  理由は後でわかります。 ...

 

 

手テニスで意識すること② ボールを呼び込む 

 

乱打が続かない人あるある 

ボールに近すぎる! 

 

 

ボールのバウンドする位置と
足を止めた位置が近すぎる 

余裕がない=打ちにくい! 

 

イメージは 

足を止めたら
止まった場所にボールを呼び込む 

って感じです。

 

 

 

ボールを呼び込む余裕があると打ちやすい!
(タイミングを合わせやすい) 

 

ちなみに

このボールを呼び込むってのは
「打点の幅」にも関係してきます。

「打点の幅」が気になる人は
↓の記事をどうぞ。

【ソフトテニス】ストロークに「懐」をつくるコツ【試合で勝つための技術】
ストロークに「懐」をつくるコツ【試合で勝つための技術】   こんにちは、ささです(^o^)   今回はストロークの「懐」(ふところ) について解説します。 後衛はぜひご覧ください!   ...

 

ボールを呼び込むイメージ
を大事にしてください。 

 

ちなみに、

「手出しだと打てるのに
乱打(ラリー)になると打てない」

という悩みの原因は99%
ボールへの入り方です。

以下の記事で詳しく解説しています↓

ストロークをミスる原因は結局「これ」だった
ストロークをミスる原因は結局「これ」だった    こんにちは、ささです(^O^)    ストロークが安定しない!  乱打が続かない!    そんなあなたに。    以前  ストロークの...

 

手テニスで意識すること③ タイミング 

 

手テニスでボールをまっすぐ飛ばすには
手のひらにまっすぐ当てればいい 

 

これはイメージしやすいですよね? 

 

実はボールをまっすぐ打つには

もう一個大事なコツがあります。 

 

力を入れるタイミングです。 

 

ボールが当たる瞬間にポン。 

ボールが当たる瞬間にポン。 

 

ソフトテニスは 

 

タイミングよく
ラケットにまっすぐ当てて
まっすぐ振れば
まっすぐボールが飛びます。 

 

これが真理です。 

 

もちろん

膝がどうだとか、軸がどうだとか 

色々気をつけた方がいいことは
ありますが 

 

悩みすぎてうまく打てないなら
いっそのことシンプルに考えましょう。

 

力を入れるタイミングだけ合わせる。 

 

色々悩みすぎている方は
ぜひお試しあれ。 

 

まとめ 

 

1.止まって打つ 

ワンバンするときには止まる!

 

2.ボールを呼び込む余裕

足を止める位置とボールのバウンド位置に
余裕をつくる!

 

3.力を入れるタイミング 

あたる瞬間にポン

 

手テニスは、これら3つのポイントを
効率よく楽しく鍛えられます。 

 

楽しみながら真剣に
強さをつかんでいきましょう!

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 手テニスもおススメです。  […]

  2. […] […]

  3. T より:

    家の駐車場で壁打ち版の手テニスをしています。
    ですが、駐車場は狭くて幅3m50cmしかありません。その中での練習は効果ありますか?また、手テニスは壁打ちでもいいのでしょうか?
    教えてください(._.)

    • ささささ より:

      T様

      教えてあげたいのは山々なのですが、

      何でもかんでも僕から教えてしまうと
      T様の成長を逆に妨げてしまうので

      今回はヒントだけお伝えします!

      「手テニスの目的は一体なんでしょうか?」

      どの能力を鍛えているのか
      少し考えてみてください!

      一応
      狭くても手テニスの効果はある
      とだけ言っておきます。

      しかし、

      もし、本当に強くなりたいなら

      練習をするときは
      「効果があるかどうか」だけではなく

      「どのような効果があるのか」
      を認識していなければなりません。

      ここで僕が
      「安心してください。効果ありますよ!」
      と答えてしまったら、

      T様はきっと満足してしまいますよね。

      満足したら
      なぜ自分が手テニスをしているのか
      手テニスにはどんな効果があるのか
      を考えず、

      ただ言われた練習をするだけ
      になってしまいます。

      強い人は
      「自分で」判断して、
      「自分で」練習を選択します。

      他人に言われた練習をするだけで
      何も自分で考えない人は本当に強くはなれない

      僕自身が、
      10年間他人に言われた練習をするだけで、
      一切自分で考えてこなかった結果、
      まったく強くなれなかった

      という経験をしているので、

      T様には
      僕と同じ経験をしてほしくないんです。

      ぜひ一度、
      T様自身で考えてみてください!

      (自分で考えるというのは
      自分の頭だけで、という意味ではなく、

      例えば僕のブログを調べ直してみたり、
      スポーツの本を参考にしたり、

      色々探求する
      って意味ですよ!)

      ささ

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]