【ソフトテニス】速いボールを打ちたい人へ!誰でもできる簡単な練習法を紹介!

ストローク

【ソフトテニス】速いボールを打ちたい人へ!誰でもできる簡単な練習法を紹介!

 

 

 

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

速いボールを打つ練習法

をお伝えいたします。

 

ストロークを例にして説明していきますが
ボレーやスマッシュ、サーブにも応用できる
方法です。

 

ぜひ参考にしてください!

 

練習法だけ紹介するのではなく、

「なぜ」その練習法が効くのか?

もしっかり確認していきます。

 

才能がなくても強くなれる

ということを証明するのが

このブログのテーマです

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です   このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々...

 

動画で確認

 

まずは1分ほどの動画で
ポイントを押さえましょう

ここからは動画の内容を
丁寧に解説していきます!

速いボールを打つコツ

 

 

速いボールを打つコツに関しては
以下の記事で解説しています

【ソフトテニス】速いボールを打つコツ!【強くなりたい人向け】
【ソフトテニス】速いボールを打つコツ!【強くなりたい人向け】 こんにちは、ささです(^o^) 今回は 速いボールを打つコツ をお伝えいたします。 ・力を入れてスイングしているのに ボー...

 

の記事を読んだこと前提で
話を進めます。

 

軽く復習しておきますね。

 

速いボールを打つためには

ボールが当たる瞬間に
ラケットのスピードが速い(加速している)

必要があります。

 

重要なのは

力みすぎず、かといって力を抜きすぎず
という力加減。

そして、

力を入れるタイミングです。

 

これはボレーサーブについて
同じことが言えます。

以下の記事も参考にしてください。

 

サーブのコツ

【ソフトテニス】サーブのコツ!(基礎の基礎編)【初心者向け】
ソフトテニス サーブのコツ 基礎の基礎 【初心者向け】   こんにちは、ささです(^o^)    考え方編とトス編に引き続き  サーブの打ち方講座です。  初心者の方や...

 

速いボールを打つための練習法

 

速いボールを打ちたい人におすすめなのは

水で湿らせたタオルを振る

という練習法です。

 

準備

 

長めのタオル(手拭い)を用意します。

 

長さの目安は

普段使っているラケットと同じか

少し長いくらいです。

 

タオルを濡らし、水が垂れない程度まで

絞ります。

 

これで準備は完了です!

タオルを振る

 

湿ったタオルをラケットのように振ります。

このとき、2つほど注意点があります!

 

注意点①

まず、

タオルの先端が遅れて出てくる

ことを意識しましょう!

 

動画のスローモーション部分を

参考にしてください(0:110:12)↓

 

 

タオルの先端が遅れて出てくる

というのはストロークで言えば、

ラケットの先端が遅れて出てくる

ことと同じですね。

 

もう少し実践しやすいように言い換えると

手首の角度を保つことを意識する

ってことになります。

 

手首の角度を保つことについては
以下の記事で解説しているので
参考にしてください

【ソフトテニス】ストロークが安定しないのは○○のせいかも!?【強くなるコツ】
ストロークで大事な「あるもの」    こんにちは、ささです(^o^)     ストロークに威力がない!  ストロークがまっすぐ飛ばない!  って人は必見です。    ストロークで大切な3つのポイン...

 

「なぜ」先端を遅れさせるのか
(「なぜ」手首の角度を保つのか)

はこの記事の後半で解説します。

注意点②

次に

ボールが当たる瞬間に音が鳴ること

を意識しましょう!

 

もちろん、タオルを振るときは

ボールを打たないので、

 

もしタオルがラケットだとしたら

どのタイミングでボールを打つのか

 

イメージしてください。

 

その「ボールを打つタイミング」で

「バシュッ」と音が鳴るようにする

ということです。

 

バシュッなのか、ビシュッなのか

音の表現は人によるかと思いますが、

何にせよ少し高い感じの音が鳴っていると

いい感じですね。

 

「なぜ」音が鳴るといいのか

も後ほど説明していきます!

 

本気で強くなりたい人

ここから先をより集中して読むことを

おすすめします。

 

タオルを振る練習法は効果抜群!

 

それでは

「なぜ」タオルを振る練習法が
速いボールを打つことにつながるのか

確認します。

 

タオルを振る練習で意識するポイントは
2ありました。

 

①先端が遅れて出るようにする

②ボールが当たる瞬間に音が鳴るようにする

 

①のコツも②のコツも
力加減力を入れるタイミング
を覚えることにつながるんです!

 

力を入れすぎたり、
力を入れるタイミングが早すぎる

タオルの先端が先に出てしまいます

 

先端が遅れて出ることを意識すれば

丁度いい力加減、丁度いいタイミング

覚えられるわけです。

 

ちなみに、

手首の角度を保つというのは

 

「スイングスピードが最大限加速したとき

にボールを打てるようにする効果があります。

 

手首の角度を保つと

ボールとラケット面が当たるタイミングが

スイングの終わりの方になります。

 

 

 

つまり、

手首の角度を保つと自然と

スイングが十分加速してから

ボールを打つ形になるわけです。

 

(打点が前になる

=スイングが加速してから当たる

ということですね!)

 

 

また、

ボールと当たる瞬間に音が鳴る

というのはそのまんまですね。

 

「ボールと当たる瞬間」ですから。

 

力を入れるタイミング

つながっています。

 

スイングスピードがずっと一定だと

「バシュッ」という音は鳴りません。

 

当たる瞬間にタイミングよく加速することで

音が鳴ります。

 

まとめ

 

・速いボールを打つためのおすすめ練習法は

「湿ったタオルを振る」

 

・タオルを振るとき意識することは2

①先端が遅れて出ること

②ボールと当たる瞬間に音が鳴ること 

 

・「湿ったタオルを振る」練習は

力加減と力を入れるタイミングを

覚えることにつながる!

(だからおすすめ!)

 

今回の記事のように「考える」ことによって

才能がなくても確実に強くなることが

可能になります。

 

コツだけ教えてもらう

という状態では

教えてもらえない限り成長できない

ということです。

 

成長スピードが遅いし、何より

指導者がいつもあなたに合う指導を

してくれるとは限りません。

 

指導者は○○と言っていたけど

これはどういう意味なんだろうか?

 

「自分で」考えることで

成長スピードが劇的に速くなるし、

もらった指導を自分に合う形に
変えることもできます。

 

「考える」癖をつけていきましょう!

 

たしかに「考える」ことは大事だ

と思った人は以下の記事もおすすめです。

 

本気で強くなりたい人限定の記事

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]