【ソフトテニス】セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編

サーブ

セカンドサーブのコツ 下から(カットサーブ)編 

 

ども ささです! 

 

セカンドのカットサーブがうまく打てない! 

って人はぜひご覧ください! 

 

ソフトテニス上手い人たちって 

いとも簡単にカットサーブ打ちますよね。 

 

「なんであんな安定して入るの?」 

「自分が打つと色んな方向飛んじゃうし
めっちゃバウンド高くなるし…」 

 

僕はセンスなかったので
セカンドのカットサーブが
超下手くそでした。 

 

中学生のとき
セカンドのカットサーブを練習してたら

チームメイトに 

「なんでできないの?」 

って言われちゃいました。 

 

「なんでと言われましても…」

ってなりません?笑 

 

今回は 

そんな下手くそな僕でも 

セカンドのカットサーブが
安定して入るようになったコツ

をお伝えいたします! 

 

僕にできるってことは
全人類にできるということです。 

 

セカンドのカットサーブ① ボールをつこう 

 

まずはボールをつきましょう。 

 

え〜初歩的すぎる〜 

とか言わんといて! 

 

ボールつく練習って
めっちゃ大事だから! 

 

カットサーブが上手く打てないのは
なんにせよラケットに慣れてないから。 

 

初めて箸を使ったときは
上手く使えないけど 

使ってるうちに小さい豆とかも
つかめるようになる。 

 

ソフトテニスも同じです。 

 

カットが上手く打てない人は
ラケットに慣れてないだけ。 

 

さて、

ボールをつくときには
気をつけることが2つほどあります。 

 

面の真ん中に当て続けること! 

そして 

手首の角度を保つこと!
(手首を固める、じゃない) 

面の真ん中に当てるのは
ソフトテニスの超基本です。 

 

最近はラケットの性能が高いので
多少真ん中からずれて当たっても
ボールが飛んでくれますが 

 

ラケット性能を最大限引き出すには
真ん中に当てる必要があります!

 

カットサーブを安定させるためにも 

ボールにドライブ回転かけるためにも 

サーブの威力を上げるためにも 

 

何にしても
ラケットの真ん中に当てる! 

 

そして、

手首の角度に関しては  

こちらのストロークを安定させる
っていう話をご覧ください。 

ソフトテニスのストロークが安定しないのは○○のせいかも!?
ストロークで大事な「あるもの」    ども ささです。     ストロークに威力がない!  ストロークがまっすぐ飛ばない!  って人は必見です。    ストロークで大切な3つのポイント  っ...

ポイントは

手首の角度を保てる
必要最低限の力 

ですよ! 

 

セカンドのカットサーブ② 打ち方 

 

僕がおススメするのは 

ショルダーカット
っていう種類のカットサーブ。 

 

ショルダーとは言っとりますが 

肩の高さまでいかなくとも
みぞおちの高さくらいで打つ
ってイメージです。 

動画↓

 

 

個人差があるので、

とりあえず

膝より高い位置で打つのを

心がけたらいい感じかと。 

 

ちなみに 

アンダーカットっていうのは
低い位置から打つカットのこと。 

 

低い位置からめちゃ回転かけると 

ダブル前衛とかが使う
全く跳ねないカットサーブ
になるわけです。 

 

実は、

ネットより低い位置から打つカットって
結構むずいんです。

 

低い位置から打つと、ネットを越すために
上に向かって打つ必要が出てきますが 

 

上に行きすぎると
バウンド高くなっちゃうし 

(相手から攻められる) 

 

かといって 

低く打ちすぎるとネットする。 

 

もちろん

練習すればアンダーカットも
打てないことはないですけど 

 

「とりあえずセカンドサーブ
安定させたいんです! 」

簡単にあんま跳ねないようにしたい!」 

って人は 

ショルダーカット覚えた方が早いです。

ショルダーカットは
アンダーカットより簡単ですので。

 

コツは 

ボールの斜め下を押す! 

 

 

手首の角度を保ったまま
ボールを押してあげる。 

 

ボールを切るんじゃないよ。
ボールを押す! 

 

回転をかける 

じゃなくて 

回転は自然にかかる!

 

カットサーブ安定しない人あるあるは

回転のかけすぎ! 

 

ファーストサーブとして
カットサーブを打つならわかりますが 

 

セカンドサーブとして
カットサーブを打つなら 

そんな回転させなくて大丈夫です。

入らなかったら
セカンドの意味ないですからね! 

 

セカンドのカットサーブ③ 狙う場所 

 

ネットの上ラケット1本分の高さに
輪っかがあると思ってください。 

 

その輪っか目掛けて
ボールを押す! 

 

 

ボールを切るんじゃないよ! 

輪っか目掛けて
ボールを押す! 

 

狙うコースについてはこちらの 

セカンドサーブの話にある通り 

ソフトテニスのセカンドサーブ「上から打つか。下から打つか。」
セカンドサーブ 上から打つか下から打つか    ども ささです!    ソフトテニスをしていると たくさん悩むことが出てきますよね。    打ち方合ってるのかな?  とか    レシーブど...

後衛側はミドルでいいんですが… 

 

後衛さんがセカンドで 

カットサーブ使うときは 

前衛側もミドルの方がおすすめ。 

 

なぜなら、カットサーブは

バウンド低くはしやすいけど 

深くは打ちにくいから。 

(相手の打つ位置を下げられない)

 

前衛側のサイド(逆クロス)に
中途半端な深さで入ると 

相手から
前衛アタック打たれ放題になります。

 

 

 

味方前衛さんがアタック止め得意なら
セカンドでサイド狙ってもOKですが。 

 

後衛さんが
相手前衛側にサーブ打つときには 

味方前衛さんと相談して
あらかじめどのコースに打つのか
決めときましょう。 

 

どのコースにサーブを打つのかが
わかっていれば 

味方前衛もポジションが取りやすいので
相手から簡単には攻められなくなります。 

 

まとめ 

 

セカンドのカットサーブは 

 

・ボールをつく練習大事! 

 

・手首の角度を保ったまま
ネット上の輪っか目掛けて
ボールを押す! 

 

・後衛さんは
セカンドサーブをどこに打つか
あらかじめ味方前衛さんに
伝えときましょう! 

 

てな感じです。 

 

狙うコースとか
色々言っとりましたが 

 

まずは 

手首の角度を保ったまま 

ネット上の輪っか目掛けて 

ボールを押す! 

 

ってことだけ意識して
練習してみましょう。 

 

一歩ずつ成長しましょう! 

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても、
正しく学び、正しく成長すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらに、わかりやすくまとめてあります。

 

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. […] 下からのセカンドサーブ  […]

  2. […] […]