【ソフトテニス】強くなりたい人必見!強い人が持つ「考え方」【強くなるコツ】

マインド

【ソフトテニス】強くなりたい人必見!強い人が持つ「考え方」【強くなるコツ】

 

こんにちは、ささです(^o^)

 

今回は

強い人が持っている「考え方」

を紹介します。

 

・とにかく強くなりたい!

・強い人の秘密を知りたい

・教え子に話すネタを探している

という方におすすめの記事です。

 

ちなみに全くもって難しくありません。

めちゃくちゃシンプル。

 

シンプルすぎてあっけなく感じるかも
しれませんが

僕は指導者としてソフトテニスの強さに
つながる話をします。

ぜひ最後までご覧ください!

 

動画でポイントを確認

まずは1ほどの動画でさらっと
確認しましょう

ここからは動画の内容を元に
さらに詳しく解説していきます!

強い人の特徴

 

強い人
(というより強くなりやすい人)

には共通点があります。

 

才能があるかどうかは関係ありません。

 

強い人は「失敗を恐れない」んです。

 

なんて言うと

 

「わざわざ記事にするほどの話か?」

「そりゃ勇気があったほうがいいんだろうけどそうは言っても怖いものは怖い

と思う方もいるかと。

 

失敗を恐れずどんどん挑戦した方がいい

ってことは頭でわかっても

なかなか実行することができない。

 

多くの人が「実行」の部分で

つまづくわけです。

 

というわけでこの記事では

どうすれば「失敗を恐れない」を
「実行」できるのか

解説していきます!

 

「深く」理解する

 

単刀直入に言います。

 

実行できない

という悩みの最大の原因は

理解が浅いことです。

 

理解を深めていけば着実に実行に移すことが可能になります。

 

「なぜ」強い人は失敗を恐れずに済むのか?

しっかりと紐解いていきましょう!

 

①「成長」のイメージが違う

「成長」というと大抵の人は
のようなイメージを持っています。

少しずつじわじわと強くなっていく感じ
ですね。

 

ところが

実際のところ人間の成長は
すーっと斜め上には行きません。

大抵のようになります。

まるで階段みたいですよね。

 

もちろん上に伸びていく時期も
ありますが、

なかなか伸びない時期(平らな部分)
出てくる。

 

この平らな部分を「プラトー」

言ったりします。

(英語で「平な台地」という意味)

 

さらに細かく言うと

人間の成長はみたいな感じです。

成長が止まるだけでなく
下がる(ように思える)時期もある。

 

イメージにギャップがあるため
途中で嫌になって辞めちゃう人が
多いわけです。

 

ちなみに

こういったイメージのギャップ

試合のときの調子の良い・悪い

にも関わってきます。

 

試合で調子が悪くなる

という人は以下の記事が参考になるので
ぜひ学んでみてください。

調子が悪いというとき
どうすればいいのか

【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか?【強くなるコツ】
【ソフトテニス】調子が悪いときはどうすればいいのか? こんばんは、ささです(^o^) ソフトテニスしていると ・調子が良ければ負けなかった… ・なんであの人はいつも調子がいいんだろう? なんてことがありますよね。 そ...

 

②「失敗」の捉え方が違う

 

「頑張っても成長が止まるどころか、
下がる時期もある」

=何やっても大抵失敗する

 

こう言うと大抵の人は

「どうせ失敗するなら努力するのやーめた」

となります。

 

実はこの

「失敗」の捉え方

強さの秘密が隠されているんです。

 

普通の人は

「成長が止まる、下がる」=失敗

と考えます。

 

一方で

強い人(強くなりやすい人)

「失敗を恐れて何もしないこと」=失敗

と考えます。

 

もう少し言い方を変えると

「失敗するのは当たり前」

「失敗を減らすためにむしろ失敗をどんどんしていった方がいい」
(どうすれば失敗しなくなるのかデータを集めるために失敗は必ず必要)

という「考え方」です。

 

「失敗」の捉え方根本から

まるっきり違いますよね。

 

③「常識」を疑え

 

日本には

「失敗は恥ずかしいこと」

という風潮があります。

 

「周りと同じことをしろ!」

っていう常識があるから

 

いつの間にか

周りの目を気に「しすぎる」癖

身についてしまいやすい。

 

そのため

「失敗」の捉え方がズレてしまうわけです。

 

強くなれない原因は

打ち方や戦略・戦術以前に

こういった「常識」にあるんです。

 

この辺については
以下の記事も参考になります。

 

強くなれない原因↓

【ソフトテニス】強くなれないと悩む人へ。強くなれない原因は○○【強くなるコツ】
【ソフトテニス】強くなれないと悩む人へ。強くなれない原因は○○【強くなるコツ】 こんにちは、ささです(^o^) 練習してるのに  ソフトテニスが上手くならない  多くの人がこの悩みを抱えています。 ...

 

気づいたらやってみよう

 

自分の中で

「失敗」の捉え方

を考える人なんてほとんどいません。

(知り合いを思い出してみてください。

この記事に書いてあることを
真剣に考える人って

そんなにたくさんはいないはず)

 

自分の「失敗」の捉え方がズレていること

に気づかず、

途中で辞めてしまう人がほとんどです。

 

ズレに気づかないから直そうとすら
思えない。

 

しかし、

あなたは今この記事を読んで

「失敗」の捉え方

について学びました。

 

もちろん、最初は怖いです。

 

なんせ周りの人は

「失敗は恥ずかしいこと」

と思っているわけですから

 

あなたが何かに挑戦して失敗したら

きっと馬鹿にしてくることでしょう。

 

ちなみに僕も馬鹿にされました。

やっぱ恥ずかしかったですよ。

 

僕の場合、

かつてはショート乱打すらまともに
できなかったので

まぁそりゃ馬鹿にされました。

(僕のプロフィールはこちら↓)

はじめましての方へ
このサイトについて 「ソフトテニスで本当に強くなる方法」 へようこそ! このサイトの管理人 ささ です。 このページでは ささ が 一体どんなやつなのかをご紹介いたします。 今から色々言ってい...

 

それでも、

「なんかよくわからないけど
とにかく頑張ろう」

より

『普通の人の「失敗」の捉え方とは
違うことをしているんだから

そりゃ周りは馬鹿にしてくるよね』

 

『馬鹿にされることを恐れて辞めてしまうことこそが失敗だ』

 

という「考え方」を知っておくだけで

かなり進みやすくなります。

 

強い人となかなか強くなれない人の差

才能があるかどうかではなく

「考え方」を知っているかどうか。

 

そして、あとは

その「考え方」を元に突き進むだけ。

 

できるかどうかではなく

やるかどうかです。

 

「考え方」については

以下の記事でも解説しています。

ぜひ学んでみてください。

強くなるために最も必要なもの

ソフトテニスで強くなるために最も大事なもの【本気で強くなりたい人向け】
練習してるのに上手くならないのはなぜ? こんにちは! ささ です! 「なんで僕、私は練習してるのに強くならないの⁉︎ 」 これ本当に不思議じゃないですか...

 

「考え方」を学ぶとぐんと強くなる

 

・「成長」のイメージが違う

・「失敗」の捉え方が違う

・できるかどうかよりやるかどうか

 

僕は指導者として口が裂けても

「楽ちんで強くなれるよ」

とは言えません。

 

強くなろうと思ったら

やっぱそれなりの覚悟は必要です。

 

しかし、

「考え方」を学ぶだけで

その最初の1歩がめちゃくちゃ
出しやすくなる。

 

普通の人は

「考え方」が大事

なんてことすら知りませんから。

 

「考え方」を学ぶだけでも

周りと差をつけられます。

 

ぜひこれからも

「考え方」に注目してみてください。

 

※本気で強くなりたい人

記事の最後で紹介する無料企画
おすすめです。

勝つための「考え方」を
一から学べる企画
なっています。

 

【無料企画】ショート乱打すらできなかったクソザコがインハイ選手と渡り合えるまで 強くなれた秘密を公開中

 

僕は今でこそ
インハイ選手やハイジャパ選手と
楽しく試合をしたり、

指導者として情報発信活動をしたり、と

ソフトテニスを楽しめていますが、

 

かつてはショート乱打すらできない
クソザコでした。

 

10年もの間、
必死に練習しているのに全然強くなれない
という悩みに苦しんだ過去があります。

 

単純に言って、才能がなかったんですね。

 

しかし、そんな僕でも
「本当に」強くなる方法に気づいたら
あっさりと変わることができました。

 

その経験から、たとえ才能がなくても
努力の仕方を学び、実践すれば
強くなれると確信しています。

 

そして、僕の活動が
かつての僕と同じ悩みを持つ人や
本気で強くなりたい人が変わる
きっかけになればと思っています。

 

そこで今回、
指導活動の一環として、

 

才能がないクソザコが
劇的に強くなれた秘密

 

を無料で公開することにしました。

 

ブログやTikTok、YouTubeなどでは
語り切れない部分も詰め込み、
さらにわかりやすくまとめてあります。

もし興味があれば参加してみてください。

 

無料企画に参加してみる

 

メールアドレスだけで参加できます。

 

最後まで聞いていただき、
ありがとうございました!

コメント