ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは!?

ストローク

ストロークが鬼上手くなる「1本足乱打」とは? 

 

ども ささです! 

 

とにかくストローク上手くなりたい! 

 

そんなあなたに 

ぴったりの練習がありますよ 

(^。^) 

 

その名も 

1本足乱打 

 

なんてまがまがしい名前…! 

 

一体どんな練習なんだ!? 

 

今回はそんな「1本足乱打」について 

説明していきます。 

 

ちなみに 

ストロークが上手くなる練習として 

手テニスもおススメです。 

 

合わせてご覧ください↓ 

ソフトテニスのストローク 乱打が続かないなら手テニスだ!
乱打が続かないなら手テニス!  ども ささです!  乱打が続かない! と悩む方へ。  朗報です。  乱打が続くようになる 超オススメの練習を お教えいたします。  その名も 手テニス ...

 

1本足乱打とは? 

 

手テニスと同じく 

名前で大体わかりますよね笑 

 

1本足乱打とはその名の通り 

1本足で乱打する練習です。 

 

参考に動画を↓ 

打点に入るまでは 

両足で動いてok。 

 

だけど軸足の場所を決めたら 

打ち終わるまで1本足。 

 

軸足は 

右利きフォアなら右足。 

右利きバックなら左足。 

 

まずはフォアだけでやってみるのを 

オススメします。 

 

1本足で打つ。

これだけです。 

 

これだけの練習ですが 

ストロークの基本が詰まった 

神練習です。 

 

上に載せといた動画の中で 

ささってやつが説明してますが 

 

1本足乱打は 

軸足設定の練習です。 

 

コツが2つほどあるので 

説明します! 

 

1本足乱打のコツ① 止まって打つ 

 

ボールがワンバンするときには 

軸足の位置が決まっている 

 

これがストロークの鉄則です。 

 

相手のボールが速くて 

間に合わないこともありますが 

 

間に合うのであれば 

ワンバンするときには止まること! 

 

というか 

間に合わせようとしてください。 

 

止まって打て !

ってよく言われると思います。 

 

この止まって打つってのは 

ワンバンするときには 

軸足の位置を決めろよ 

という意味です。 

 

止まって打てと言われて 

身体を固くして 

無理やり身体を止めて打つ人が 

たくさんいるのですが 

そうじゃない! 

 

違う! 

 

身体を固くしたら 

もっと打ちにくくなる! 

 

止まるってのは 

タイミングの話。 

 

ワンバンするときに 

軸足の位置が決まってる。 

身体はリラックス。 

 

本当に大事なことなので 

何回も言っちゃいます。 

 

ワンバンするときには 

軸足の位置を決める。 

 

なんで止まって打たなきゃ 

いけないのか? 

 

止まれないと 

余裕がなくなるからです。 

 

ソフトテニスは 

余裕の奪い合い。 

(余裕の奪い合い?って人は↓を) 

後衛必見!強くなりたいならライジング!
後衛必見! 強くなりたいならライジング!  ども ささです!  試合で勝ちたい後衛さん。必見です。 ちなみに前衛さんも聞いといた方がいいです。 理由は後でわかります(^。^)  最初に言っておきますと ...

 

ワンバンするとき止まっていれば 

早めのタイミングでも打てるし 

いつものタイミングでも打てるし 

遅めのタイミングでも打てる。 

 

止まるから相手前衛の動きを 

封じることができるのです。 

 

止まらないと打つタイミングに 

自由がなくなるし 

なによりストロークが安定しない。 

 

駆け引きうんぬんの前に 

ミスが多かったら 

ソフトテニスは絶対勝てません! 

 

止まって打つというのは 

 

安定感を出す。 

そして 

余裕をつくる。 

(懐をつくるってこと。) 

後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!
後衛の武器!ストロークに「懐」をつくる!  ども ささです!  ちょっぴりレベルの高い話シリーズ。 今回は後衛さんの「懐」(ふところ)の話。  「懐」ってなんなんだ?  「懐」ね。あーね。知ってるよ! ...

超基本だけど 

実はたくさんの人ができていない! 

 

逆に言えば 

止まって打つができるようになれば 

それだけでも

めちゃくちゃ周りと差がつく! 

 

ワンバンするときには 

軸足の位置を決める。 

 

強くなりたいなら 

絶対に必要ですよ! 

 

1本足乱打のコツ② ボールを呼び込む 

 

ワンバンするときに 

軸足の位置を決められたら 

次の段階。 

 

ストロークが安定しない原因で 

ありがちなのが 

ボールに突っ込んで打ってる

というもの。

 

自分からボールにぶつかりに 

いってしまっている。 

 

詰まりすぎて上手く打てない。 

 

 

ボールから遠すぎて 

空振りするよりはマシですが。 

 

詰まりすぎたら当然 

余裕がないのでミスしやすいし 

相手前衛に打つコースがバレやすい。

(打てるタイミングが1つしかない) 

 

やっぱり目指すべきは 

ちょうどいい場所。 

 

1本足乱打は 

そのちょうどいい場所を探すのに 

めっちゃいい練習なんです。 

 

イメージは 

ボールを迎えに行かずに 

来たボールを打つ。 

 

ボールを呼び込んで打つ。 

 

1本足乱打は1本足なので 

前に踏み込むことができません。 

 

だからワンバンするときに 

軸足の位置がちょうどいい場所にあれば 

自然とボールを呼び込んで打つ形になります。 

というかちょうどいい場所に

足を置けないと打てない。

 

一応言っておきますと 

ボールによってスピードも回転も 

違うわけですから 

バウンドする場所と軸足の位置の距離は 

ボールごとに変わります。 

 

例えば 

シュートボールだったら 

バウンドした後横に伸びてくるわけだから 

バウンドする場所と軸足の位置は 

離した方が良さそうだなぁとか。 

 

冷静に考えてください。 

ボールは1球1球違います。

いつでも同じ場所なわけないです。 

 

ボールごとに調節するなんて 

そんな難しいことできない! 

って? 

 

大丈夫です。 

 

1本足乱打はボールとの距離感を

測れない人のための練習です。 

 

できないから練習するんですよね? 

 

やる前から諦めて 

どーするんですか!! 

 

僕でもできるようになるんですから 

絶対あなたにもできるようになります。 

 

もしできるようになるか不安なら 

1本足乱打をしている自分の姿を 

動画に撮って確認してみて! 

 

「あれ? 

思ってるより近すぎるんだ!」 

 

「変えたつもりだったけど 

全然変わってない!」 

 

動画を撮ると

一目瞭然です。 

動画を確認したら 

また挑戦する。 

 

動画を確認。 

また挑戦。 

 

その繰り返しです。 

 

地道ですが 

結局これが一番の近道です。 

 

まとめ 

 

・1本足乱打は軸足設定の練習 

 

ワンバンするときには 

軸足の位置が決まっている! 

これ鉄則。 

 

・ボールに突っ込まない! 

ボールを自分がいる場所まで 

呼び込んで打つ! 

 

前にも言いましたが 

楽して強くなる方法なんか 

ありません。 

 

寝て起きたら強くなっていた! 

とか何が楽しいんですか? 

 

動画を撮って確認して 

また挑戦して… 

 

ものすごい地味ですが 

ものすごい効果高いです。 

動画を撮りながら1本足乱打を 

してみてください。 

 

「止まって打つ」が身につくと 

一気に安定感が変わりますよ! 

 

ささ 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] 1本足乱打  […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]