【ソフトテニス】強くなるためにマインドを変えろ

マインド

マインドチェンジングだ! 

 

ども! ささです。 

 

こちらの記事は

強くなるための第1歩

という記事の続きとなっています。 

話長くてごめんね(^q^) 

ソフトテニスで強くなるための第1歩
強くなるための第一歩  こんにちは! ささです(^。^)  ソフトテニスで強くなるということを考えたとき  多くの人は  安定したストロークを打つ方法とか 早いサービスの打ち方とか ローボレーのコツ...

 

メンタルトレーニングじゃなくて 

マインドチェンジングを目指せ 

というような感じだったかと思います。 

 

して、そのマインドチェンジングとは? 

 

ていうかそもそもマインドってなんなん? 

メンタルとは違うんすか? 

 

今回はその辺をば(^o^) 

 

メンタルとマインドの違い 

 

ざっくり説明いたしますと 

 

メンタル

だけ 

マインド

心とそれ以外も含めている 

ってな感じです。 

 

テニスでいうところの

メンタルトレーニングは 

 

超集中状態(ゾーン状態ってやつね)に

入るには? 

自信を持つにはどうすりゃいいの? 

みたいな 

 

試合中限定で、 

しかもそのときの心の状態だけ

対象としている 

(ものが多い) 

 

一方 

マインドは 

 

ものの見方、考え方 

 

もっと言えば 

 

人生をより豊かにするためには

どうすべきか? 

 

っていうところまで含めています。 

 

試合とか、テニスとか

そういう枠などないんです。 

 

 

おおっと、なんか怪しくなってきたぞー笑 

(^q^)やべぇ宗教みたい 

 

何回でも言いますが  

ソフトテニス強くなりたい人だけ

聞いてくださいね!

orz 

 

マインド、マインドうるさいなこいつ

 

なんでこんなに

マインドマインド言うかってーと 

 

ソフトテニス強くなれない

って悩んでいる人の

99パーセントが、 

技術じゃなくて 

マインドに問題があるからですよ!!! 

 

例えば 

 

「相手のシュートボールが返せない」 

 

と悩んでいる人がいたとします。 

これも

問題なのは技術じゃなくてマインド。 

相手の速いボールを返せないのは、 

 

速いボールを返す技術がないから 

 

ではなく 

 

速いボールを返す技術を

磨く練習ができていないから。 

 

つまりどゆことか?

 

速いボールを返せない人は 

 

①そもそも速いボールを返す練習をしようとしていない。 

工夫してない。 

 

または 

 ②練習はしてるけど

効果が薄い(ない)練習を

してしまっている。 

 

このどっちかです。 

 

センスなんて関係ない。

 

正しい努力をすれば

絶対センスは伸びるんですから。 

正しい努力ができてないだけ。 

 

「正しい努力」ってどうやれば? 

 

ここまで

話を聞いてくださったみなさんは

おそらく 

 

「よし、わかった。

正しい努力ができればいいんだよね! 

…じゃあ

どうすれば正しい努力できるの?」 

 

こんな感じに

思っとるんじゃないでしょうか。 

 

しかたないな〜 

お答えいたしましょう! 

(^。^)特別ですよ 

 

強くなるためには

正しい努力をする必要がある 

 

→じゃあどうすればできる? 

 

その答えは… 

 

ドゥルルルルルルル

(ドラムロール)

ジャン! 

 A.それもマインド(^q^) 

 

逆算してみよっ! 

 

正しい努力をするために必要なのもの。 

それもマインドなんです。 

 

とにかくマインド。

シンプルでわかりやすいでしょ? 

 

でもマインド、マインド言ってるだけじゃ 

よくわからないと思われますので 

代表的なものを一つご紹介いたします。 

 

逆算と呼ばれるものです。 

(^o^)聞いたことある人もいるんじゃない?

 

さっきの 

「相手の速いボールを返せない」 

という悩みを解決することを考えましょ。 

 

まず

なんで速いボールは返すのが

難しいのか? 

 

これを考えます。 

 

速いボールというのは 

あったりまえですが、 

相手が打ってからこちらのコートで 

バウンドするまでの時間が短いです。 

 

ということは 

これまたあったりまえですが 

自分が打ちやすい場所に移動する時間も

短いということです。 

 

つまり 

速いボールを返すには 

早く打ちやすい場所に

移動できるようになればいい 

ということですね。 

 

じゃあ、次です。 

 

打ちやすい場所に早く移動するには? 

 

これは

フットワーク(足の速さ)! 

 と言いたいところなんですが 

もっと逆算してみましょう。 

 

打ちやすい場所に移動するには 

 

まず

「あそこらへんに行けば打ちやすそうだ」 

と判断する必要がありますよね。 

 

(この判断は頭で考える訳ではなく、 

身体が勝手にみたいな話なんですが 

それは今後の記事で説明します。 

話が長くなりすぎるから省略) 

 

じゃあ

「あそこらへんが良さそう」と

判断するには? 

 

あっったりまえですけど 

そのボールがどの辺に落ちて、 

どんな感じで飛んでくるのかっていうのを 

目で見る必要があります。 

 

 

だから

鍛えるべきは目なんだ

となる訳です。 

(空間認識能力って言ったりする

(^q^)メガネクイッ

 

誤解がないように一応言っときますが 

もちろんフットワークも必要ですよ! 

 

ただ、 

 

いくらフットワークを鍛えても 

ボールがどこに落ちるかわからなかったら 

打ちやすい場所には行けないですよね。 

 

まずは目なんです。 

 

その上でフットワークがあるから 

打ちやすい場所に行けるんです。 

 

とまあ

こんな感じで 

○○をするには□□が必要 

→□□をするには△△ 

→△△するには☆☆ 

 

みたいにどんどん遡っていって 

 

自分がすべきことを突き止める。 

 

これが逆算です。 

 

ちなみに

今回の例はまだまだ続きがあります。 

 

目を鍛えるっていうのは 

 

動体視力を鍛えるって意味なんですけど 

 

じゃあ動体視力にはどんな種類があって、 

どれを鍛えるべきなのか? 

 

どうすれば鍛えられるのか? 

 

ていうか、 

 

目で見たものを判断して、身体が動くって 

どういう原理なのか? 

 

みたいにわからないことは

まだたくさんありますよね。 

 

気になる人はちょっと調べてみてね(^。^) 

 ※追記

動体視力の鍛え方について

記事書いたので参考程度に↓

ソフトテニスで超重要な動体視視力おすすめの鍛え方!
動体視力鍛えよう! ども ささ です。  今回はマインド変えろ!って記事で説明した 動体視力について。 動体視力を鍛える方法ってのを  出血大サービスで  教えちゃおうかなと。  (^。^)太っ腹かよ  ...

お分りいただけただろうか…… 

 

さて 

今回の話はこれで終わりです 

(^。^)長かったね 

 

マインドって大事なんだなぁ 

 

と薄っすらでも思っていただけていれば 

いいんですけど、 

 

ここまでの話を聞いてまだ 

 

「あんまマインドしっくりこない。」 

「やっぱ技術の方が大事な気がする…。」 

 

と思っている。 

 

そんなあなたへ。 

 

…気づいてましたか? 

 

実は僕、

あなたのマインドを試してたんです。 

 

ここに来るまでで分かっていただいてると思うんですが 

 

僕の話って 

とんでもなく胡散臭いですよね(^q^)

 

文章もふざけた感じだし。 

 

だから、たぶん何人かの人は 

 

「こんなんで

ソフトテニスほんとに強くなるのか?」 

 

「メントレがダメとか、

こいつの言ってることあかんわ」 

 

っていって

読むのやめちゃってると思います。 

 

 

だけど、今この文章を読んでいるあなたは 

 

僕の話を聞き続けることを選択しました。 

 

「信用できるかわからないけど… 

とりあえず聞いてみるか」 

 

絶対ソフトテニス強くなりたい! 

だからどんな情報でも一応聞いとこ! 

信用できなそうだったら

無視すればいいや!」 

 

とにかく

あなたは

「強くなるために学ぼう!」 

というマインドを持っているんです。 

 

強くなるために一番必要なマインドです。 

 

(強くなるために何が必要か

逆算してみてください) 

 

ほら、マインドって大事じゃない? 

 

(^q^)こいつ、しつこっ 

 

 

僕は今後も 

ソフトテニスで

強くなるために必要なこと 

を発信していきます。 

 

 

僕のことはその辺のゴミくらいに

思ってもらって構わない。

 

強くなるために僕から教わるのではなく

僕のことを利用してね!

 

(^。^)つかえるもんはつかっとけ 

 

ささ

 

Follow me!

コメント

  1. […] 今回はこちらの記事で説明した  […]

  2. […] 今回はマインド変えろ! […]