ソフトテニスで強くなるための第1歩

マインド

強くなるための第一歩 

 

こんにちは! ささです(^。^) 

 

ソフトテニスで強くなる

ということを考えたとき 

 

多くの人は 

 

安定したストロークを打つ方法とか 

早いサービスの打ち方とか 

ローボレーのコツとか 

 

技術に目が行くんじゃないでしょうか? 

 

たしかに技術は大事です。 

 

が、しかし。 

 

実は技術よりも大事なものがあるんです! 

え? 一体何かって?

ふふふ…

 

マインドですよ。マインド

(^q^)ドヤァ 

 

ソフトテニスはメンタルスポーツである 

 

って言われています。 

 

ソフトテニスは他のスポーツに比べて

メンタルの影響が大きいです。 

(この辺詳しく知りたい人は

こちらの動画をどぞ) 

 

つまり! 

 

僕が言ってるマインドってのは

メンタルトレーニングのこと! 

 

じゃないです。 

 

え⁉︎Σ(・□・;) 

 

巷で噂のメンタルトレーニング。 

 

硬式テニスの錦織圭選手も

取り入れているってんで

 

こらやらなあかん

とみんな思ってるみたいですね。 

てか、僕も思ってました。 

 

でも今現在、 僕は

アンチメンタルトレーニング

という立場をとっちゃうんだなこれが。 

 

「メントレは大事でしょ! 

なに言ってんのこいつ⁉︎」 

 

って思いました? 

 

こっから先は

気になる人だけ聞いてくーださい(^。^) 

 

メンタルトレーニングは効果出にくい 

 

メンタルトレーニングの何がダメって 

 

ゴールがわかりにくいとこです。 

 

 

ソフトテニスが強い人 

 

というか

勉強でも芸術でもどんな世界でも 

 

何かしら成功し続けている人っていうのは 

 

全員「戦略的思考」「逆算」

っていうマインドを持っています。 

 

例えば

ソフトテニスで戦略的思考を使うと 

 

7ゲームマッチで勝つためには 

相手より先に4ゲーム取る必要がある 

 

→ゲームを取るには

相手より先に4点取る必要があり 

しかも必ず2点差つけなければならない 

 

→点を取るには

相手より1球だけ多く

コートにボール を返す必要がある 

 

→ミスせず、ボールを返すには…… 

 

みたいな感じです。 

 

(今挙げた例は

結構適当に書いたのものですので

実際にはもう少し深く考えています。) 

 

なにが言いたいのかっつーと、 

 

自分がすべきことは何なのかが

明確になっている。 

 

これです。 

 

自分がすべきことが何なのかが

わかっているから、 

 

あとはそれをひたすら練習するだけ。 

 

最短ルートで

しかも確実に強くなります。 

 

(「正しい」努力ってやつね) 

 

 

 

では話を戻して。 

 

メンタルトレーニングの目的って

何でしょうか? 

 

本番で実力を出すため? 

 

緊張しないため? 

 

メンタルを鍛えれば

本当に試合で実力を発揮できるように

なるのか? 

 

その根拠は? 

 

もし

これらが説明できないのであれば 

メンタルトレーニングの効果は

期待できません。 

 

それは「ただの」努力です。 

 

メンタルトレーニングは

ゴールがわかりにくいので

「ただの」努力に

なってしまいやすいのです。 

 

(「正しい」努力と「ただの」努力の違いは

強くなれる人となれない人の違い

読んで。 

僕の名言が光ってるから(゚∀゚)

強くなれる人と強くなれない人の違い
強くなる人は何が違う?どうも! ささ です!前回の記事なぜ「ヘタクソ」は上達しない?の続きから話しますね。ソフトテニスで強くなる人とそうでない人の違いとは!? こんな感じでしたね。ちなみ...

 

しかも、

フィードバックが得にくいっていう

問題もあります。 

(強くなる秘訣

読んだよね⁉︎ (^。^)読んでね

ソフトテニスが強くなる秘訣はゲームにある
「正しい」努力ってなんなのさ   ども! ささです!  前回の僕の名言 覚えてますか?  「ただ努力しても意味がない。正しい努力をするんだ。」  (^q^)映画化待ったなし  前回の記事↓強くなれる人となれ...

 

フィードバックが得られない

成長してるのかわからない 

 

ってことですから

まぁ効果は出ない。 

 

ちなみに

僕はかつて

メンタルトレーニングをしていましたが

一切効果ありませんでした。 

まさにドツボにはまってました(^q^) 

 

メンタルトレーニングじゃなくてマインドチェンジングだろ 

 

でもさ

錦織圭選手メンタルトレーニングやって

強くなったじゃん? 

 

そう思ったあなたは鋭い (^。^)さすが 

 

錦織圭選手は

メンタルトレーニングを取り入れ、 

見違えるほど強くなりました。 

 

やっぱ効果あるんじゃん!! 

 

いや、ちょいと待たれよ。 

 

 

錦織圭選手が行なっている

メンタルトレーニング。 

 

実はこれ

メンタルトレーニングじゃなくて 

 マインドチェンジングなんです。 

 

 

マ…マインドチェンジング⁉︎  

 

……何それ? (・∀・) 

 

 

ちょっと長くなりすぎるので

続きは次回! 

(^。^)話なげーよ。 

 

ささ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] こちらの記事は前回の続きとなっています。  […]

  2. […] 強くなるための第1歩 […]

  3. 牛田 より:

    さささんに相談があります。中3です。ソフトテニス部に今自分は入っていて、ソフトテニスが大好きです。自分たちの部はソフトテニスが強い人(レギュラー)が、色々(練習メニューなど)決めたり練習に優先して入れたりなど、強い人の特権みたいなものがあります。ですが、その特権を持っている人たちのほとんどは、一部の仲のいいグループで、しかも「自分たち優先」というグループで自分たちに都合が悪い人いると、悪口を周りに広めたりします。他にも、その人達優先なのでその人達が自分勝手に練習を決めて(乱打を1時間くらいやったり)この練習本当に必要か?というような練習が多くあります。なので自分は強くなってそういうのを変えて、もっと必要な練習をみんなで決められるようにしたいと思ってレギュラーになりました。そして変えていこうと思って意見を出したら、やはり悪口を言ってきたりしてきました。そして、それだけなら自分も悪口はあまり気にしないのでいいのですが、自分のペアにも同じようなことを言ってきました。自分のペアはそういうのが嫌なタイプで自分に「もうそういう事は言わないで欲しい。」と頼まれて聞かない訳にはいかないので、意見などを言うことができません。こういう場合は、ペアを解散して他の人と組んだ方が良いのでしょうか。ですが今の自分のペアとは今まで頑張ってきて、最近あった地区の選手権大会で頑張って、県大会への出場も決めたので解散はしたくありません。そして顧問の先生にも相談したのですがしっかり対応してくれずほぼ何も変わりませんでした。どうすればいいか教えてください。お願いします。

    • ささ ささ より:

      牛田様 
       返信遅れて申し訳ありません。 
       なるほど…。強いやつが発言権をもつ。みんな仲良くが理想ですけど、やっぱ勝負の世界なので、強ければ許されるみたいな風潮はありますよね。そこはしゃーなしですね。僕は、牛田様が所属する部活を実際に見ていないので、その「自分たち優先」の人たちの練習が本当にまったく意味がないものなのか、牛田様がペアを解散すべきなのかは判断できません。(というか、部外者が判断すべきではない) 
       僕からひとつ進言させていただくとしたら…自分の意見の通し方についてですかね。基本的に人間は、否定されるのが大きらいです。否定されたら、心を閉ざします。「この人俺のこと否定してきてすげぇ嫌だけど、たしかにこいつの言っていることも一理あるな。よし。この人の言うことも聞き入れてみよう!」なんてポジティブになる人はほぼほぼいません。
       まず、その「自分たち優先」の人たちが、どういう考えで練習を組んでいるのか、しっかり聞き入れることからですかね。何を考えているのか、はたまた何も考えていないのか。
      とにかく、相手の考えをいったん聞きます。いきなり意見を通そうとしても、まぁ通りません。人間ってそんなもんです。話を聞いてもらえたら、そこではじめて、相手の話を聞いてもいいかな、くらいになります。
       あとは…牛田様がどうしたいのか、牛田様自身で理解することですかね。ペアの人と個人戦だけ勝てればいいのか。チーム全員団体戦で勝ちたいのか。自分が勝てればいいのか。
      ペアに嫌われたくないのか。みんなに嫌われたくないのか。どれがいいとかではないです。牛田様が本当はどうしたいのかをはっきりさせる。
       結局、どれが正しいとかはないんです。「自分たち優先」の人たちにはその人たちなりの考えがあるし、牛田様にも牛田様なりの考えがあるのでしょう。大変恐縮ですが、他人に答えを求めても、解決には至らないような気がします。自分がどうしたいのかをはっきりさせる。これしかないです。 ささ

       

      • 牛田 より:

        答えてくれてありがとうございます。その人達の練習についての考えをきいてみます。

  4. 元気モリモリモリナガ より:

    このサイトの記事にもあった鉛筆を両はしに設置して鉛筆を目だけ動かして動体視力を鍛えるトレーニングと、船水雄太さんもやってたタップボールをだいたい一ヶ月続けているのですが、最近、前衛が抜かれたボールを取れるようになり、周りの人が「いや、えぐ!」とか「〇〇粘るねー」、など言われるようになりました、これはトレーニングの効果なのですか?自分が期待していた効果は「ベイビーステップ」というアニメで主人公が相手のラケットの向きなどを自慢の動体視力で見てくる方向を予測するということでしたが、こういうこともできるようになりますか?

    • ささ ささ より:

      元気モリモリモリナガ様

      コメントありがとうございます。

      断言はできませんが、
      おそらく効果あったんじゃないでしょうか?

      前衛を抜くボールに追いつくためには
      足の速さももちろん必要なんですけど
      「抜かれた」と思う→瞬時に走り出す
      っていう反応の早さが絶対必要です

      動体視力は反応の早さに密接に関わってるので
      元気モリモリモリナガさんが自分の力で手に入れた
      強さだと思います。僕はなんもしてない(^。^)

      相手のラケットの動きとかフォームから予測する
      っていうのは動体視力はもちろんですが

      「あのくらいのスイングスピードで
      あの面で、ああいう軌道でスイングしたら
      きっとこんな感じの回転のボールが
      これくらい深く向かってくるんじゃ」
      みたいな想像力、イメージ力、みたいなものも
      必要なんだと思われます。

      自分が打ってない時間に、打ってる人を観察して
      ボールがラケットが当たる瞬間にどんな感じの
      ボールが飛ぶか予想する

      とか単純にそういう練習をしたらいいのでは?
      というのが今のところの僕の見解です。

      どんな回転で、ネットのどれくらい上を通って、
      どれくらいのスピードで、どんなバウンドになる…

      意外と普段はなんとなく見てるだけで
      細かくイメージはしてなかったりするかもです。

      ちなみに僕は
      かつては予測がとんでもなく下手で
      どこにボールが落ちるかわかりませーん(涙)
      状態でしたが

      大人しく予測の練習してたら
      いつのまにかなんとなくできるようになってました

      今は相手が打つ前に
      「あ、ありゃネットするわ。ラッキー」
      ってわかるようになったり。

      たまに外れるから
      一応取りに行きますけど笑

      ささ